擦り跡に付いた塗料の除去方法を解説。諦める前にやってみようよ!【レクサス LS460】

ポールなどに擦って残った跡(塗料)の除去方法を知る!

今回は、サイドミラーに付いた擦り跡を取り除く方法を、解説していきます。

パテや塗料で補修する前に試すべし!

擦り方にもよりますが、表面に塗料が付いているだけ(と思われる)の時は、簡単除去できるかもしれません。

諦める前にお試しくださいませ。

仕上げ前の状態をチェックです!

黒い塗装なので、擦った跡が余計に目立ちます。

この微妙な色は、塗装がえぐれて下地が見えてるんじゃないかな・・・
そんな心配になる色合いです。

白っぽい何かが付いてます。

近くで見るとこう。
塗装がえぐれて下地が見えてるのか、塗料が表面に付いているだけなのか、判別つきません。

用意するものはこれです。

ピッチレスコートに付属するタオルやスポンジ以外に、・・・今回はこれだけ。竹串とか歯ブラシも使わないです(^^)

ピッチレスコート
セットの付属品(スポンジ・タオル・軍手)のみです。

用意するものをもっとたくさん書きたいですが、これだけです。

とにかくピッチレスコートの能力を存分に使うこと。

ピッチレスコートが持つ汚れや塗料を除去する力を100%発揮出来るように使います。

そして、とにかく擦ってみますよ。

吉と出るか凶と出るか・・・(^^)

使い方はいつも通り。

いつも通り、1回付けます。1回でいいです。ピッチレスコートをたくさん付けても効果は同じダヨ。

擦ります。縦横円を描いて擦ります。
スポンジの潰れ具合はこんな程度です。もう少し押してもいいです。指先でギュウギュウ押さなければ。

なんで縦や横、円まで描いて擦るかというと、その落としたい汚れをいろいろな方向から攻めると、どこかしら弱い箇所が見つかります。

その弱い箇所が見つかると、そこから落ちやすくなるからです。

それっぽく解説しましたが、アタリマエのこと書きました。

どんな汚れの落とし方でも同じですよね。

弱い箇所から攻める。

これです。

4~5回、擦りました。ただ擦りました。

これは!少し落ちた?

ちょっと小さくなったように見えません??

ここからは、擦り跡の大きさの違いを比べてくださいね。

さらに擦ります。

擦ります・・・

擦ります・・・・

擦ります・・・・・

擦ります・・・・・・

消えたよーーー!

そして、スポンジ戻しをした後にタオルで拭いて確認すると、

ホントに消えてるよ-!

えぐれたキズじゃなかったーーー!

さらに、

ツルッピカッってなってるよーーー!!

ここにあったんですけどね、分かるかな?

角度を変えて見ても分からないですね。

普通だったら、

綺麗になったよ!

ってここでオシマイなんですけどね、でも、フラッシュを使って写してみると、

こうやって擦ったキズも入ってるんですね。横にサッサッと入ってます。

相手の塗料が付くぐらいだから、結構強い力がかかってることが多いんですよね。

ですから、塗料が落ちたとしても、その下にキズが残ることはあるんです。残念ですけどね。

※このキズ、決して、スポンジで擦ったキズでは無いですよ(^^)

でも、普通に見れば、

ちょっとしたキズを気にしない人なら、これでも充分かもしれないですよ。

どうでしょね?

今回の擦り跡の除去方法を簡単にまとめると、

多少はキズになっていることもありますが、くっついた塗料が落ちるだけでも、見た目は全然違います。

ですから、まずはピッチレスコートで試してみましょう。

  1. ピッチレスコートを付けたスポンジで、擦る。
  2. とにかく擦る。
  3. 縦横円を描いて擦る。
  4. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

この擦り跡を落とすのに、ピッチレスコートを2回つけただけ。

時間にしても、たったの6分です。

あーだこーだ写真をいろんな角度から撮った時間も入れてですよ。

ですから、今回のように擦ったところに塗料が付いている場合は、案外楽に除去できます。

今回はサイドミラーでしたが、バンパーでも、ボディでも、同じようにできますからね。

補修材や塗料を買いに走る前に、まずはダメでもともと、ピッチレスコートで試しましょ!

今回は吉と出ました\(^o^)/

なんだか今回の記事は同じような写真ばかりで、手抜きしてるみたい。

でも、手抜きに見えるくらい簡単なんです。これがね。

ピッチレスコートを付けて擦るだけ。

擦って擦って擦って擦~る~~~♪

って夢想花のメロディーにのせてどうぞ♪♪

今日は疲れてるかもしれないです(・∀・;)

では!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから