クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

窓ガラスコートのキャップの締め忘れに注意。液剤が飛び散ることも。

アドバイス

この記事は約 2 分で読めます

窓ガラスコートを勢いよく振ったら中身の液剤が飛び散って、せっかく洗車をしたのにもう一度水洗いをしたと、お客さまからご報告がありました。

緑色のキャップが閉まっていると思って勢いよく振ったそうですが、しっかり閉まっていなかったんですね。

今はこの緑色のキャップで、引っ張れば開くので重宝してます

このキャップは、上に引っ張れば栓が開き(液剤が出る)、下に押し込めば栓が閉じる(液剤が出なくなる)ので、簡単に開閉ができます。

なので油断しがちです。

こんな風に容器を持って振ると、キャップが少しでも開いていると撒き散らしてしまうので、指で押さえる癖を付けてください。

容器だけ持って振ると、閉まっていない時に大惨事になりやすい…
小さい容器でもしっかり押さえて
どんな持ち方でもキャップを押さえておけば問題なし
大きい容器の方が持ちやすい
人によってでしょうけどね…

手の小さめな人はちょっと大変ですが、慣れれば何とかなります。たぶんw

緑色のキャップを押さえておけば、もしキャップがしっかり閉まっていなくて、先端を押さえているので飛び散ることも少ないです。

窓ガラスコートに限らず、どのクリーティングコートも使用前に必ず振ります。

キャップがしっかり閉まってないことで撒き散らす可能性がありますので、ご注意ください。

車内でやってしまうと厄介なので、くれぐれもご注意を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました