これまでブログに投稿していたクリーティングコートの使い方をこちらの「仕上げの参考書」にまとめました。

500ml入りP8コート、P113のトリガースプレーの使い勝手は?

アドバイス

P8コート(トリガースプレーが付いた大きい容器)の購入を検討いただいている方から、トリガースプレーの使い勝手について質問をいただきました。

トリガータイプのスプレーって?

200ml容器に付いているような押すタイプではなく、トリガーを握るタイプですね。

スプレーガンとかトリガースプレーとか、トリガーを握るタイプです

一般的なトリガータイプのスプレーは使いにくいということをおっしゃっていたので、同じように使いにくいモノなのか気にされていたようです。

手のサイズによっては使いにくいことも

実際に使ってみないと分からないと思いますが、トリガー部分が小さいので、手の大きさ、指の長さ、指の太さによっては使いにくいことがあります。

トリガーが短いので、2本指では引きにくいかも
自分の場合、指1本でちょうどいい感じ

トリガーの引きやすさの他に「きれいに噴霧するか」も重要ですが、実際に見ていただくといかがでしょうか。

少し大きな粒も出てますが、比較的綺麗に霧状に出ていますので、使い勝手というか施工するときの問題は無さそうです。

ストレートにもなるし止栓もできます。

感じ方は使われる人によってそれぞれですが、使い勝手に大きな問題はなさそうな感じです。

ただ、これで終わっては面白くない。

というよりも、質問の続きがあるんです。

動画やこのブログの写真で登場するスプレートリガーが付属のものと違う

ご紹介している動画やこのブログの写真で登場するスプレートリガーが、付属のものと違うというご指摘をいただいておりました。

形が全然違います

よく見ていただいてますね。

このトリガースプレーは、キャニヨン株式会社のトリガースプレー(CHS-3AN)です。

清掃用具や園芸用品として古くから使われているので、よく目にすることがあると思います。

なぜこのスプレーを使っているかというと、当然ですが使いやすいからです。

トリガーの長さも、付属のものより長いので指がかけやすく扱いやすい(噴霧量のコントロールがしやすい)です。

指1本分か、それ以上長いです

それに、噴霧したときの霧が、付属のものよりもっと細かく、大きな粒も出にくいのです。

ノズルの先っちょがねじ式になっていて、噴霧の仕方(霧の細かさ)を調整できるようになっているので、好みの細かさにできます。

ネジを軽く締めれば粒の大きい粗めの霧に
大きく締め込めば粒の細かい霧に
ネジを全閉すればトリガーのストッパーに
ネジを緩めればストレートにも

このようにストレートに出るので、そこそこ飛びます。

P8コートやP113に付属のボトルにそのまま使えるので、付属のトリガースプレーが使いにくい方はお試しになってみてはいかがでしょうか。

キャニヨンスプレーに変更するときは

チューブが長くてうまくボトルに収まらない時は、チューブを切って長さを調節してください。

ただし、切りすぎると底まで届かなくなり、最後まで液剤を吸うことができなくなるので、切る時は慎重にお願いしますよ。

切りすぎちゃっても責任持てませんから。

この状態なので
根元から(吸引口を抜いて切ってもいいです)
チューブを抜いて
適度な長さに切って
しつこいようですが、切り過ぎには注意ですよ
差し込むだけ

これで快適なスプレーライフを送れることでしょう(^^)

また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました