2023年1月1日より、各クリーティングコートの付属品はスポンジと竹串のみになりました。タオルや軍手は各自ご用意ください。

ピッチレスコートで汚れを落とした後にワックスを掛ける必要はある?【相談室】

アドバイス

この記事は約 2 分で読めます

質問

ピッチレスコートで汚れ落としやキズ消し、水アカ落としをした後は、その上からワックス等で保護する必要はありますか?

回答

ピッチレスコートで汚れ落とし、キズを隠した後は、同時に保護・艶出し効果のある「保護膜」ができあがるので、その後のワックス掛けは不要です。

ピッチレスコートの効果には、次のようなものがあります。

  1. 水垢など様々な汚れを除去する
  2. 細かいキズを埋めてキズを目立たなくさせる
  3. 保護、艶出しをする

この中で、キズを埋める(隠す)、水アカなどの汚れを落とす、という効果は、写真や動画でもハッキリと分かるので、多くの皆さんに気になるところだそうですw

汚れ落とし効果のあるクリーナーの中には、汚れ落としに特化していてその後の保護まではできないものもあります。

キズを削ってキレイにするコンパウンド入りのものなら、その後の保護は必須。

ですから、汚れを落としたり、キズを埋めたり、キズを削ったり…な後は、何かしらの保護が必要になるんですね。

では、このピッチレスコートはと言いますと、汚れ落とし、キズを埋めた後に、別のワックスで保護する必要はありません。

3番目に書いた「保護・艶出し」効果があるからです。

汚れを落とした上に保護効果のある「保護膜」を作るので、後からワックスを掛ける必要はありません。

また、艶出し効果もあるので、下手にその上からワックスがけをしてしまうと、ピッチレスコートのツヤが無くなるなどあるので、やらないほうがいいでしょう。

汚れを落とす前
汚れを落とした後

ただ汚れを落としただけでなく、同時に保護艶出し効果のある「保護膜」を作ってます。

ツヤの違いは見ての通りですw

クリーティングコートのお求めはこちらからどうぞ

ご留意ください

各クリーティングコートで全ての素材、汚れをテストしたわけではありません。

場合によっては、汚れが落ちない、素材に跡が残る、なども考えられますので、初めてお使いになるときや、初めてお使いになる素材のときは、一度目立たない部位でお試しいただいて問題が無いことを確認してからお使いください。

アドバイス
笠井工房をフォローする
笠井工房 仕上げの参考書

コメント(現在はコメントできません)

タイトルとURLをコピーしました