クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

洗車をする時は必ず服装に気を使うこと。愛車は硬いもの尖ったものが弱点です。

アドバイス

この記事は約 3 分で読めます

昨日の洗車中に見かけたキズ。

時々こんなのを見かけます。

矢印の部分見えますか?

拡大するとよく分かるんですが、

キズ多数です。

1週間前に洗車したときには無かったキズなので、この1週間で付いたのは間違いないです。

お客さんの車のキズは洗車傷も含めてほとんど把握しているので、すぐに分かります。

こんなキズが増えてるとスゴくがっかりするんですよね。

何をしたのよ…

原因はなんだろう?

上着のボタンやファスナー、ベルトとかが擦れた。

胸ポケットのボタンや硬い中身(だいたいスマホとかですな)、刺繍が擦れた。

そんなところでしょう。

洗車道場に来てもらって教える時も、事前にアドバイスしないと危険な時がありましたけど。

こんなキズが付くのは、前後左右のフェンダーと、この写真の場所(名前知りません・・・)がダントツです。

届かないと無理してしまうんです。

だから、

洗車する時は、服装に気を使いましょう。

ファスナー、ボタン、リベット、刺繍、ベルト(のバックル)、カンなどなど、金属や硬いモノが付いていないものを着るようにしてください。

ボディに接する前面だけじゃなく、腰や尻ポケットなど後面にも気をつけないといけません。

車内への乗り降りでキズを入れないようにと、隣の車にもキズを付けないようにするためですね。

仕事でこれは一発退場です!!

洗車中はできるだけ衣服がボディに触れないように気をつけてます。

でも、なにかの拍子に触れてしまうことはあります。仕方ないです。

そんな時でも、被害を出さないためにも、キズの原因になるモノをなくしたツナギを着ているのです。

自分たちの洗車方法は汚れが飛んだりすることが少ないです。

膝をつくことがあるので汚れますが、それ以外はあまり汚れないです。

7年以上着ている長袖つなぎ。
汚れてるのはお腹・胸のあたりだけですね。

なので、ツナギを着るのは、

「汚れてもいいように」よりも「キズの原因を減らす」意味の方が大きい

かもしれませんね。

ツナギの中には、ファスナーを引っ張るツマミ、金属のボタン、Dカン(Dの字した輪っか)がむき出しのものもありますが、全てNGです。

だから、講習にそんなツナギを着てきた方は、ウチのツナギに着替えてもらってます。

ツナギの選び方、ちゃんと読んでね(^^)/

ツナギの選び方は少し前に書いてますので、もし、趣味でもツナギを使おうと思っている方は、こちらをどうぞ。

【洗車Biz】ツナギの選び方
洗車ビジネスを始めるにあたり、講習時から必要になるのがツナギですが、ツナギの選び方、ご存知ですか?ご存じない方のために、洗車ビジネスに必要なツナギの選び方をご説明しましょう!自分の好きな色、会社のカラーに合った色を選ぶ!自分の好きな色、会社

趣味でもツナギを着る人、スゴく多いです。

でも、いくら金物が使われてないツナギを着ても、ポケットに硬いものを入れていたら同じです!

胸ポケットへスマホや鍵を入れないようにしましょう。

入れるとしたらタオルだけですね。

ワックスの容器も入れるのは×でお願いします。

愛車にやさしい洗車をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました