これまでブログに投稿していたクリーティングコートの使い方をこちらの「仕上げの参考書」にまとめました。

内装に付いたボールペンのインク跡を落とす。根気よくお手入れすれば目立たなくなる。【トヨタ クラウン】

車のお手入れ

インクが付いてから、できるだけ早く対処すれば何とかなるかも。

今日の汚れは営業車にはよくありがちなものですが、手強い汚れです。

今回は、個人タクシーをお手入れする時にボールペンのインクの跡を見つけたので、どこまできれいになるのか試してみました。

仕上げ前の状態をチェックです!

パッと見だだけでは分かりづらいですが
しっかりボールペンのインクの跡が付いてます

特に、営業車の運転席周りには多発します(^^)

これがP113を使うとどうなるでしょうね。

用意するものはこれです。

P113の基本の仕上げなので、P113と付属品+αです。

●P113 or P113-II
こういった素材の汚れ落としにはコレ。
P113でもP113-IIでもどちらでもOKですが、今回の頑固なインクにはP113-IIの方が適しているかも。

●タオル
P113が落とした汚れを拭き取る用です。

※P113-IIのように、汚れ落としの効果が強力だからといって、素材を傷めたり、変色させたりする心配はありません。

P113の力をしっかりに使うこと。

タオルで力いっぱい擦っても思うように落ちないこともありますし、素材を傷めることもありますので、P113の力を最大限に使うことです。

タオルに付けて丁寧に擦る

タオルに付けて拭くだけなので、さっさといきますよ。

ピンポイントで集中攻撃してみます
タオルのキレイな部分に1~2プッシュ
1~2プッシュで十分です
ゴッシゴッシではなく軽く縦横円を描きながら何度も繰り返し擦ると
直後はP113で濡れた状態
P1123が乾く前に、タオルのキレイな面を使って
P113で擦った時よりも軽く何度も撫でると
遠目に見ると落ちた気配が
ほぼ落ちた??
P113を付けて擦ったタオルを見ると、かなり除去できてることが分かります

案外あっさりと落ちました。

が、よく見てみると、

P113を付けて擦った部分に、まだうっすーら残ってる…

右側のまだ処理していない部分に比べたら大きく違いますが、でもまだ薄く残ってましたね。

これを、スポンジや柔らかいブラシも使えば、もっと落ちたかもしれませんが、インクが付いてから時間が経っているものは、シミになって落ちない可能性もあります。

やってみないと分かりませんね。

ただ、残念なお知らせがあります。

今回の仕上げは、作業時間の都合でタオルだけでの仕上げになりました。

半端ですみません。

が、また同じような状況に出会った時は、スポンジやブラシを使った方法を紹介できたらと思います。

今回はいつになく半端なご紹介になりましたが、ご了承くださいませ。

今回のインクの種類は水性?油性?

古いインクの跡については分かりませんが、最近付いたインクは、おそらく、写真に写るドアポケットに置いてあるボールペンのインクでしょう。

このボールペン(ゼブラ エマルジョンボールペン スラリ)を調べてみると、エマルジョンインクという水性と油性の両方の性質を持ったインクが使われているようです。

新技術「エマルジョンインク」

油エマルジョン(=乳化状態)とは、互いに混じり合わない2種類の液体が、一方の液体中に微粒子状で分散している状態のことです。当社は独自の新技術により、油の中に水の滴を分散させる『油中水滴型』(※)で、「油」と「水(=水性ジェル)」が混合した状態を安定・維持させることに成功。最もなめらかな書き味と、濃い筆記線を実現しました。

ゼブラ株式会社 

ということなので、頑固と言われる油性のインクでも落ちる可能性があるということですね。

ただ、やはり付いてから時間が経ったものほど落ちにくくなる(シミになる)ので、インクが付いたら出来るだけ早く落とすのが良さそうです。

今回の汚れ落とし、方法を簡単にまとめると、

P113の力を使ったお手入れです。

  1. P113をタオルに吹きかけて、
  2. いろいろな方向(縦横円を描くように)から軽く擦って、
  3. 乾かないうちにタオルで拭き取る

いつもどおりのこれだけの手順です。

どんな素材でも、無理は禁物なので、素材を傷めにくいP113の力をうまく使いましょう。

今回使ったクリーティングコートは「P113」

そんなP113です。どうぞよろしく(^^)/

今回と同じ症状にまたいつ出会えるかは分かりませんが、出会った時はまたご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました