クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

擦り跡を目立たなくさせる方法。コンパウンドで削る前に試す!【日産 ノート】

車のお手入れ

この記事は約 6 分で読めます

少し前にも書きましたが、ボディの擦り跡を目立たなくさせる方法をまたもや解説していきます。

擦り跡を目立たなくさせる方法を知る!

今回はお盆前ということで緊急SOSをもらいました。

駐車場の柱に擦ったそうです。

深くえぐれた傷もあり、そこに塗料的なものも付いていて、いつものよくある状態です。

ボディの色がシルバーなので、目立ちにくそうですが、案外目立っておりましたので、これがどうなるかを試してみましょう。

仕上げ前の状態をチェック

…どこ?
近づくとこうです
一番酷い部分を別の角度から
ザッサーっといったらしいです

これまで通り、相手の塗料や錆が付いて、部分的にえぐれている状態だと思われます。

用意するクリーティングコートは「ピッチレスコート」

この症状にはいつも通りのピッチレスコートで対応します。

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(大:1個 小:1個)
  • タオル(1枚)フェイスタオルサイズの綿タオル
  • 竹串(1本)
  • 軍手(片方のみ・親指だけ出せるようになっています)
    ※80ml入りには軍手は付属しません
  • ピッチレスコート
    ホディにもヘッドライトやピラーのような樹脂にもいつもお馴染みのピッチレスコートを使います。
  • スポンジ
    小さいスポンジだと使いにくいので、大きいスポンジをオススメします。
  • 拭き取り用タオル
    拭き取り、仕上げ後の状態チェックに使います。

ピッチレスコートには研磨剤・コンパウンドは一切入ってません。

スポンジでゴシゴシ傷を削っているように見えますが、削ってはいないのです。

あくまでも、表面に付いた汚れや塗料などを落として、微細なキズを目立たないように埋めているだけです。

ピッチレスコートの力をしっかり使う

ピッチレスコートが持つ汚れや塗料を除去する力をうまく使います。

このような擦り跡は、軽い力でひたすら擦ってみます。

まずは簡単(軽傷)そうな部分から擦り続ける

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

いつも通り、ピッチレスコートがスポンジに付きます。

1回だけ付けました
基本は1回だけなので、1度に2回以上は付け過ぎですよ

滑りが悪くなったり、汚れが落ちにくいと感じたら、追加で1回だけ付けます。

まずは、この簡単そうな部分からいってみましょう。

軽そうな感じがしますが
軽く数回縦横円を描くように擦るだけで
楽勝です
残りも擦って
解説するほどじゃないくらい楽勝

続いて、少し濃い跡を試す

表面に付いているだけのように思うけど…
何度か横方向に擦ったら
少し薄くなったので、これを繰り返せばいけそうな予感
さらに薄くなり
さらにさらに薄くなり
一部を残して消えたので、さらに繰り返すと
表面に付いたものは無くなりました
少し離れて見るともうわからない(^^)

横方向で擦っても落ちにくいときは、縦方向に擦ると落ちやすかったりします。

もちろん縦横円なら全ての方向から攻めることができますよ。

続いて、一番ガッツリいってしまった部分を試す

これを見ると諦めたくなる状態ですが
ピッチレスコートを1回付けて
傷に垂直に縦に擦って、傷と同じ横に擦っていくと
あららっ?
思いの外、好感触ですよ
ここまでガッツリ擦ったときは、塗装が削れて傷になった部分がうっすら残ります
角度によっては目立ちません
この角度だと横にシュシュシュッって傷が入ってるのが見えます
はじめの状態よりは改善しましたね

続いて、見た目軽傷っぽい部分を試す

ちょっと目についちゃったこの横に入った跡を先にやってしまいます。

これも先ほどと同じように落ちるはずです。

ピッチレスコートを1回付けて横に擦っていくと
薄くなりましたので、これを繰り返して
さらに薄くなって
ほぼ消えましたが、左側に残ってます
爪で軽く触ると引っかかるほど、塗装が削れてますね
ね、削れてる

これ以上は塗装の出番になるので、ピッチレスコートはここまで。

残念ながら思っていたよりも深刻でした。

最後に、一番酷い部分を試す

これまで通り落ちるはずの跡を縦横円を描くように擦れば
徐々に消えていきますが
ここまで
これ以上は、えぐれて傷になっているので無理です
同じようにここも
縦横円を描くように擦って
少しずつ落していけば
残念な部分もありますが、まあOKでしょ

最後の仕上げは、スポンジ戻しとタオル拭き

スポンジの裏側を使って
撫でるようにスポンジ戻しをしてから
念のため、最後にタオルで仕上げ拭きをして
完成
角度を変えてみても改善しましたね
もちろん、近くで見ると残ってますが
近くで見なければここまで目立たなくなったので、
納得してもらいました

もしこれをディーラーさんで修理するとなると、10万円超とのことなので、悩んでましたが、これなら修理に出さなくてもいいねってことになりました。

一部、塗装がえぐれている部分はこのまま放置すると錆が出ることがあるので、その部分だけ簡単に補修(タッチアップペン等での補修になるハズ)してもらうようにお伝えして、ひとまず解決となりました。

今回の擦り跡の落とし方を簡単にまとめる

ピッチレスコートの能力を使えば、傷以外なら、かなり改善します。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付ける
  2. とにかく軽く力をかけて擦る
  3. スポンジで縦横円で撫でる
  4. スポンジ戻しをする
  5. 最後にタオルで仕上げ拭きをする

今までもずっと同じでしたが、今回も基本です。

スポンジを押さえる力を掛けて擦ってますが、まずは、軽く押さえて繰り返し擦っても変化がないようなら、に少し力を入れて気味に繰り返し擦って…を繰り返していくようにしましょう。

はじめから力を入れて擦ってしまっては、付着物が落ちたとしても、無駄なキズも増やすことになりかねませんからね。

前回のアクアの時とほぼ同じ文章になってしまいました。

あらためて…今回使ったクリーティングコートは「ピッチレスコート」

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(大:1個 小:1個)
  • タオル(1枚)フェイスタオルサイズの綿タオル
  • 竹串(1本)
  • 軍手(片方のみ・親指だけ出せるようになっています)
    ※80ml入りには軍手は付属しません

コメント

タイトルとURLをコピーしました