クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

色あせた黒いサイドミラーの色を復活させる。雑なお手入れだとなりやすい…【日産 キューブ】

車のお手入れ

この記事は約 5 分で読めます

黒いサイドミラーの色を復活させる方法を知る!

色あせてシミも付いている黒いサイドミラーの色を復活させてみます。

実際は、素材自体を復活、ではなく、汚れを落として表面に保護膜を作って復活させます。

向かって左側は動画の撮影で仕上げたので、この参考書では、右半分を仕上げてみましょう。

普段は、P8コートでも仕上げるのですが、出張先(福岡)での仕上げのためP8コートを忘れまして、ピッチレスコートでの仕上げと相成りました(・∀・;)

仕上げ前の状態をチェックです!

雨や洗車後の水滴が付いたまま乾くと、こんなシミになりやすく、白っぽく荒れてますね。

左半分は動画を撮りながら仕上げました

だいぶ荒れてますでしょ

若干、結果が分かってしまってますが、やってみますね(^^)

用意するものはこれです。

ピッチレスコートの超基本の仕上げですから、ピッチレスコートと付属品のみです。

ピッチレスコート
汚れ落としとキズ消し、艶出しにはコレ。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。塗る以外にも使うんですよ。

傷やシミが残っていても目立たなくさせることはできる!

コンパウンドが入っていません。

強力な薬剤も入っていません。

だから、汚れを落とすことはできても、傷やシミを削り取るように除去することはできません。

でも、汚れを落として、傷を埋めて、ピッチレスコートの成分で表面を覆うことで、艶を出して目立たなくさせることができます。

早速仕上げる前に、やることがあります。

初めて使う場合、スポンジはまっさらな状態です。

まだ表面にピッチレスコートが馴染んでいないのと、スポンジの角が取れていないのと、スポンジにかける力加減に慣れていないので、一度、ヘッドライトなどを使って、スポンジを作りましょう。

また、スポンジを作りながら、スポンジの押し加減(力加減)を練習しておきましょう。

力を入れすぎて傷を余計に入れてしまことも、逆に、力を入れなさすぎて本来の効果を出せないこともあるので、練習は必須です。

スポンジの作り方、力加減の仕方、スポンジ戻しの仕方を下の記事で説明していますので、お読みくださいね。

ピッチレスコートのスポンジの使い方。新しいスポンジは使い始めが肝心。
ピッチレスコートは、よくあるワックスとは使い方が少々違います。特に、スポンジの扱い方が違うというか変わっているというか、そんな感じです。単純に塗って拭き取るだけではないです スポンジへの付け方からして変わってます。ですから、ピッチレスコート

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートが持つ汚れを落とす効果とキズを埋める効果と艶を出す効果をしっかり使います。

使い方はスポンジで塗って、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

口をしっかり塞ぎましょう

飛び散っちゃうのでね(^^;)

ピッチレスコートの適量がスポンジに付きます。

1回で十分です。

ここで、こんな使い込んだスポンジもってないよ!!って時でもご安心ください。

上で書いたようにスポンジを作れば、綺麗に仕上げることができますよ♪

先程書いた通り、左半分は仕上げてしまったので、残りの右半分を仕上げてみましょう。

力はいらないので、軽く撫でるように全体をしっかり塗りましょう。

キレイになり具合をしっかり確認してくださいね!

ムラ無く塗るだけです

軽く縦横円を描きながら全体的に塗って

拡大すると塗った跡がハッキリ見えますね

ミラーは、マルっとしてるので、スポンジをしっかり当てるようにしましょう。

沿うようにしっかり

指先だけで押さえると塗りムラになります

押さえつけ過ぎにも注意です

こんなに潰してはダメ

塗り終わったら、あとはスポンジ戻しをしましょう。

塗った跡が見えるので、それをスポンジで綺麗に拭き取っていきます。

拭き取るといっても、余分なピッチレスコートだけを取りますよ。

今回ピッチレスコートを付けていない面を使います

あとは、先ほどと同じように、スポンジをしっかり当てて

しっかりスポンジ戻しをすれば、

どうでしょ?

拡大して

キレイ(*´∀`*)

特殊な技を使ったワケではないですよ。

ただピッチレスコートを塗ってスポンジで拭き取っただけ。

で、最後に仕上げ拭きとしてタオルで軽く撫でて質感をチェックをし・・・

雨!!

がぼーん・・・

タオル拭きの時は、雨はダメなんですよ。

キレイに仕上がらないので、タオル拭きに水滴は厳禁!

なので、今回はタオル拭き無しでいきました。

慣れてきて、スポンジだけで塗りムラ無いように仕上げられるのであれば、がタオル拭き無しでも問題無しです。

普段の仕事で、タオル拭き無しで仕上げることもありますよ。

仕上げ前の状態と比べるとどうでしょう?

色艶が違いますね

これ、1回仕上げればずーっと長持ち・・・

なんてことはありません!

汚れを落として表面にピッチレスコートの層を作って色艶がキレイになっているのです。

素材自体を削ったり薬剤で化学変化を起こさせて色を戻しているわけではありません。

だから、普段から定期的にお手入れして、色艶を保ってください。

今回の汚れ落とし・艶出し方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの基本を使いましょう。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

基本中の基本。

特殊な技や、高度な技は使っていませんので、初めての人でも、基本さえ押さえれば同じようにキレイに仕上げられます。たぶん(^^;)

手触りも、いつまでも触っていたくなるような気持ちよさになります。

タオルでずっと撫ででいたくなるような質感になります。

だから、同じ車種、同じような素材を使ったパーツに使ってもらいたいです。

動画での解説はこちら

前回のと同じく、動画を撮ったので、公開します(^^)v

何度も何度も同じようにスポンジで撫でていますが、解説をするために余計に撫でています(^^)

ですから、もっと短時間で仕上がると思いますよ。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

同じような素材のピラーにも是非是非です(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました