クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

窓ガラスに付いたP8コートを落とす。P8コートで窓枠ゴムや幌を仕上げる時に付きやすいが慌てない。

車のお手入れ

この記事は約 5 分で読めます

P8コートが窓ガラスに付いても慌てずに。

窓枠のゴムや幌をP8コートで仕上げた際に、窓ガラスにもP8コートが付いてしまうことがよくあります。

今回は、そのP8コートが付いた窓ガラスのお手入れ方法をご紹介します。

仕上げ前の状態をチェックです!

わざとらしさ満載
ちょっとやり過ぎた…

分かりやすく多量に吹きかけてみましたw

普通に仕上げた時はこんな感じでP8コートが付きます。

自然な感じで付いてます

これを確実に仕上げるにはどうすればいいでしょうか。

用意するのは「P113(または、P113-II)」と「窓ガラスコート」

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(1個)
  • タオル(1枚)お手拭きタオルサイズの綿タオル
  • 竹串(1本)

<BASEの商品ページを見る>

  • P113 or P113-II
    P113でもP113-IIでもどちらでもOKですが、今回は普通のP113を使ってます。
  • 拭き取り用タオル
    P113を付けて擦ったり、P113が落とした汚れを拭き取る時に使います。
    広い面積を施工するときは、P113を直接付けて拭くタオルと、乾拭き用タオルを分けるなど、何枚も用意したほうが施工しやすいです。
P113とP113-IIの違い

P113とP113-IIはどちらも、内装などの簡単な汚れからエンジンルームのキツめの油汚れまで、様々な汚れ落としをするためのものです。

P113に比べてP113-IIの方が汚れ落としの効果が強力ですが、素材を傷めやすい、変色させやすいといった心配はありません。

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(2個) ※80ml入りの場合は1個
  • タオル(2枚)お手拭きタオルサイズの綿タオル
  • 竹串(1本)
  • 滑り止め付き軍手(1双)※80ml入りには付属しません

<BASEの商品ページを見る>

  • 窓ガラスコート
    ガラス・鏡には専用のこれです。
  • 拭き取り用タオル
    2枚のうち、一方は粗拭き用、もう一方は仕上げ拭き用として使います。
    P8コートが付いたガラスを最終的に窓ガラスコートで仕上げますが、この窓ガラス用のタオルでP8コートを直接拭かないでください。
  • スポンジ
    窓ガラスコートを塗るときに使います。
    こちらもタオルと同じくP8コートに付けないようにしてください。
  • 手袋
    ゴムの滑り止めが付いた軍手を使ってタオル拭きします。

施工手順

事前にP8コートを粗く拭いておく

P113で落とす前に、P8コート用のスポンジやタオルを使って粗く拭き取っておきましょう。

P113や窓ガラスコートのタオル、スポンジを使ってP8コートを拭いてしまうと、いつまでもP8コートが残って綺麗に仕上がりません。

必ずP8コート専用のタオル、スポンジを使って、P8コートを拭き取るようにしてください。

量が多すぎたので、まずはスポンジで
粗く拭き取る、というより、「吸い取る」です
まだたっぷりP8コートが付いているので
タオルで撫でるように(滑らすように)拭けば
だいぶ拭き取れましたが、
よく見るとまだ残ってます

まだ残っていますが、ここまで拭き取れていればいいでしょう。

P113の施工がしやすいように、ある程度まで拭き取っておくことをおすすめします。

残ったP8コートが少ない時は窓ガラスコートでOK

P8コートのタオルで拭き取った後に、ほとんどP8コートが残っていない状態であれば、そのまま窓ガラスコートを施工しても大丈夫です。

「最後はもちろん窓ガラスコート仕上げ」まで移動して結構ですw

P8コートがまだまだ残っている時は、以降のP113の力を使うのがよろしいかと。

P113の力をしっかりに使うこと。

P113の力を最大限に使って、残ったP8コートをしっかり落としておきます。

といっても、タオルに付けて拭くだけです。

P113用のタオルに1~2プッシュ付けて
サササッと拭くだけ
拭き終わるとP113で濡れた状態になるので
タオルを裏面で残っているP113を拭けば
ほぼ無くなりました

これだけでも十分なくらいまで綺麗になっちゃいました。

最後はもちろん窓ガラスコート仕上げ

P113を施工した後も、窓ガラスにピッチレスコートを使った後と同じく油膜のようにギラつく可能性がありますので、念のため窓ガラスコートで仕上げておきましょう。

仕上げ方は、窓ガラスコートの通常の使い方をするだけです。

窓ガラスコートを一筋付けて
塗り残し無く
隅々まで塗って
窓ガラスコートが乾いて白くなったら
タオルで拭き取れば
ばっちり
透明感抜群になりました
車内から見ても問題無さそうです

今回の方法を簡単にまとめると、

P113と窓ガラスコートの力を使ったお手入れです。

  1. P8コート用のタオル・スポンジで残ったP8コートを粗く拭き取る
  2. P113をP113用タオルに吹きかけて軽く拭く
  3. P113が乾かないうちにタオルで拭き取る
  1. 窓ガラスコートをスポンジに付ける
  2. 塗り残し無くしっかり塗る(塗り残しが心配なら縦横円を描いて塗ってもいいです。)
  3. 乾いたら、タオルで拭き取る。

それぞれのいつも通りの手順なので簡単ですね。

あらためて…今回使ったのは「P113」と「窓ガラスコート」

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(1個)
  • タオル(1枚)お手拭きタオルサイズの綿タオル
  • 竹串(1本)

<BASEの商品ページを見る>

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(2個) ※80ml入りの場合は1個
  • タオル(2枚)お手拭きタオルサイズの綿タオル
  • 竹串(1本)
  • 滑り止め付き軍手(1双)※80ml入りには付属しません

<BASEの商品ページを見る>

タイトルとURLをコピーしました