クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

メラミンスポンジを使ったら艶がなくなりました…【相談室】

アドバイス

この記事は約 3 分で読めます

質問

黒いスジ状に汚れた塗装面をメラミンスポンジで綺麗にしたら、塗装の艶が無くなりました。

回答

研磨スポンジであるメラミンスポンジで擦ると、塗装の艶は無くなります。

艶の無くなった状態でピッチレスコートを使った場合、艶が復活したとしても、ある程度しか復活しません。

メラミンスポンジを使ってみた方からの相談です。

試しにミラー周辺に付いていた黒いスジに使ってみたら、綺麗さっぱり消えたそうですが、よく見てみたらボディの艶がなくなっていることに気づいたとのことです。

こんな黒いスジに使ったのかな?
これならやりたくなるのも分かるような気がする

メラミンスポンジを使って汚れが簡単に落ちてボディのツヤが無くなった理由、それは、

メラミンスポンジが研磨スポンジだから

研磨剤で擦るのと同じことをしているので、当然、汚れ以外の塗装なども削っており、ボディには細かい傷が入ってツヤが無くなるというワケです。

以前に、このような内容を書きましたので参考にしていただければと。

艶がなくなった場合の対処方法

ツヤの無くなったボディがどうにかならないかということですが、

ピッチレスコートを使えばある程度、ツヤは復活する

逆に言えば、

復活したとしても、ある程度しかツヤは復活しない

です。

上でご紹介したブログの写真をここでもご紹介しますが、メラミンスポンジを使って艶なし状態になった部分に、ピッチレスコートを使うとこうなります。

メラミンスポンジを使ってツヤが無くなった状態
ピッチレスコートを施工後の状態

ツヤが少し復活していますが、本来のツヤとはいえません。

何度か定期的に施工すれば、もう少しは変わるかもしれませんが、元の状態に戻すことは難しいと思いますよ。

無数に入った擦り傷ですからね。

メラミンスポンジを悪者にしないで!

ここまでの説明では、メラミンスポンジが悪者のように聞こえてしまいますが、実際はそうではないですよね。

どんなものでも得意・不得意があります

ですから、メラミンスポンジが得意とする用途で使えば効果的ですが、不得意な部分に使えば当然いい結果になることはありません。

使える所と使えない所、しっかり書いてあります

説明書きにあるように、メラミンスポンジは塗装されたボディやプラスチックなどには適していませんので、安易に洗車では使わないでくださいね。

間違った使い方をしたら、激落ちくんも怒っちゃいますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました