クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

シールを剥がすと残る強力なベタベタ糊を落とす。窓ガラスだったら…割と楽勝♪【トヨタ クラウン】

車のお手入れ

この記事は約 7 分で読めます

今回は、窓ガラスに貼っていたシールを剥がした時に残ったベタベタ(糊)を取り除く方法を解説していきます。

窓ガラスに残ったシールのベタベタの除去方法を知る!

カッターの刃やスクレーパーを使うのは「待った!」

シールには、剥がした時に糊が残ってしまうものがありますが、この糊、簡単に落ちることがあるのをご存知でした?

ハンドクリームで取り除く方法などいろいろなサイトで紹介されてますが、クリーティングコートの使い方を解説したいので、今回はピッチレスコートを使ったベタベタ除去方法です!

仕上げ前の状態をチェック

この車は個人タクシー。

年末になると、年末年始の安全運転的な標語が書かれたシールを2ヶ月の期間限定で貼ります。

そのシールをオーナーさんご自身が剥がした跡です。

糊がキレイに落ちなかったようですね。

目一杯ベタベタ糊が付いてます
近くで見ると格闘した跡が残ってます

余計なことしてなければいいんですけど…

用意するクリーティングコートは「ピッチレスコート」

このような糊に対しては、ピッチレスコートを使って仕上げます。

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(大:1個 小:1個)
  • タオル(1枚)フェイスタオルサイズの綿タオル
  • 竹串(1本)
  • 軍手(片方のみ・親指だけ出せるようになっています)
    ※80ml入りには軍手は付属しません
  • ピッチレスコート
    多くの糊に対応できるピッチレスコートを使います。(一部対応できない糊があります。)
  • スポンジ
    大小どちらのスポンジでも構いませんが、大きいスポンジの方が使いやすいです。
  • 拭き取り用タオル
    拭き取り、仕上げ後の状態チェックに使います。

※今回はスクレーパーは使わないで対処してみます。

ベタベタ糊を溶かす力をいかんなく発揮させること

ピッチレスコートが持つ、汚れや塗料を除去する力を100%発揮できるように使います。

はっきり言ってしまうと、この程度の糊なら楽勝です。

ピッチレスコートを使う前に試してみる

試す前の状態がこれ
ピッチレスコートを使わずに、まずは指の爪で擦ってみると
変化ナシです

特に寒い時期(この写真を撮ったのは2月の頭です)は固くなっているので、余計に落ちません。

使い方はいつも通り塗って溶かして取り除く

いつも通り1回付けます
1回だけでどこまでいけるでしょうかね
違いがわかりやすいように真ん中あたりの糊を落としてみましょう
縦横円を描いて擦ります
横だけ使っているように見えますが、一応、縦横円を使ってます

このスポンジでなら力を少々掛けても大丈夫。

窓ガラスの場合はキズの心配はほぼ無いですが、馬鹿力はダメなのでホドホドに。

縦や横、円まで描いて擦るのは、その落としたい汚れをいろいろな方向から攻めれば、どこかしら弱い箇所が見つかります。

その弱い箇所が見つかると、そこから落ちやすくなるからです。

それっぽく解説しましたが、アタリマエのこと書きました。

どんな汚れの落とし方でも同じですよね。

弱い箇所から攻めるのです!

擦ってるそばから消えていき
瞬く間に落ちてしまいました

あとは同じ要領でいけば、きれいになるのは時間の問題です。

ピッチレスコートを付け足さずに、そのままいきます
まずはここを
ただただ擦れば
難しいことはまったく無いですね

あっけないです(^^)

スポンジ以外を使ってもOK!

スポンジ以外にピッチレスコートを付けて擦っても落ちるのか実験です。

手っ取り早く「指」を使います。

爪ではなく、指の腹です。

指先にピッチレスコートを付けて
5往復
10往復でほぼ落ちました
はじめにスポンジに付けた1回と、指で擦った時に付いたピッチレスコートだけでいきます
指で擦った部分の下半分を
残りの上半分を
簡単すぎました
最後に残った部分を
擦って
擦って
スポンジ戻しをしたらピッチレスコートの出番は終了です
最後にタオルで拭けば
跡形もなくなりました

ここで、始めに少し心配していたことをチェックしましょう。

ここに何かがあります
鳥の足跡みたいに、何本か線状のキズが入ってます

これ、ホコリじゃありません。

ピッチレスコートで糊を除去する前に、オーナーさんがカッターナイフの刃で試行錯誤してた跡が残っていたということです。

カッターの刃の跡がしっかり刻まれてました。

ガラスはかなり硬そうに見えて、カッターの刃などでもキズが入ってしまうので、無理なことはしないようにしましょう!

ベタベタ糊はキレイに落とせるだけに、これは残念でしたね。

窓ガラスにピッチレスコートを使った時の注意点

今回は窓ガラスに付いたベタベタをピッチレスコートを使って取り除きましたが、窓ガラスにピッチレスコートを使うと、ピッチレスコートの成分が油膜になってギラつくことがあります

ピッチレスコート用のタオルで窓ガラスを撫でるだけでも、油膜になる可能性があります。

ですから、窓ガラスにピッチレスコートを使った後は、窓ガラスコートで仕上げてギラつきを無くしておきましょう。

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(2個) ※80ml入りの場合は1個
  • タオル(2枚)お手拭きタオルサイズの綿タオル
  • 竹串(1本)
  • 滑り止め付き軍手(1双)※80ml入りには付属しません

<BASEの商品ページを見る>

今回のベタベタ糊の除去方法を簡単にまとめる

ピッチレスコートの力をうまく使います。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付ける
  2. 縦横円、色々な方向に擦る(多少力を入れてもOK)
  3. スポンジ戻しをする
  4. 最後にタオルで軽く

このベタベタ糊を落とすために付けたピッチレスコートは1.5回だけ。

通常通りに付けたのと指につけたのと合計で1.5回。

そして、写真のタイムスタンプを見ると、かかった時間はたったの12分です。

仕上げの時間+写真を撮っている時間でこれだけなので、今回の窓ガラスに付いたベタベタ糊は、かなり楽に落とせましたね。(糊の種類にもよります)

ガラス以外に付いたベタベタ糊も対処できるが注意が必要

ボディに付いたベタベタの場合も同じようにいけますが、ボディはキズが入りやすいので、力加減に注意しましょう。

力を軽く掛けるだけだと擦る回数は増えますが、キレイに除去できるはずです。

また、住まいの鏡や家具(素材が表面加工されたもの)に貼ったシールの剥がし跡にもいけます。

ピッチレスコートって、結構使えるんですよ。

貼ってから長期間経過したステッカーの糊は頑固

貼ってから何年も何十年も経過したステッカーの糊や、糊の種類によっては、非常に強力に貼り付いていることがあるので、ピッチレスコートで対処できないこともあります。

そんな糊でも、窓ガラスの場合はピッチレスコートとスクレーパーを使って落とせることもありますのでそれはまたの機会にご紹介します。

あらためて…今回使ったクリーティングコートは「ピッチレスコート」

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(大:1個 小:1個)
  • タオル(1枚)フェイスタオルサイズの綿タオル
  • 竹串(1本)
  • 軍手(片方のみ・親指だけ出せるようになっています)
    ※80ml入りには軍手は付属しません

最後に窓ガラスコートで仕上げておけば油膜もなくなりバッチリです。

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(2個) ※80ml入りの場合は1個
  • タオル(2枚)お手拭きタオルサイズの綿タオル
  • 竹串(1本)
  • 滑り止め付き軍手(1双)※80ml入りには付属しません

<BASEの商品ページを見る>

コメント

タイトルとURLをコピーしました