クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

メッキの汚れを落とす。シミになっていなければビッカビカに!【日産 フーガ】

車のお手入れ

この記事は約 4 分で読めます

メッキの些細な汚れの落とし方を知る!

今回は、どーでもいいと思われそうですが、ドアノブの隅っこの汚れを落とす方法を解説していきます。

重箱の隅をつつくシリーズです。

気にしなければいいですが、一度気にしてしまうとずっと気になる部分です。

気になったらやる!

それくらいでいいです。

でも、よく見ると、汚れ、水アカ、ワックス・コーティングの拭き残し、時には土の汚れに生えた苔のようなものまであるかもしれませんので、一度はチェックしてお手入れもしておくといいですよ。

仕上げ前の状態をチェックです!

残念ながら、普段お手入れしてしまっているので、さほど汚れていません。

少しは汚れてますね。

拡大するとよく分かるでしょ。

でもこの部分までキレイになってるとイイですよね。

さてさてさて、どんな感じで落ちるか、ご覧ください。

用意するものはこれです。

ピッチレスコートに付属するスポンジとタオルです。

ピッチレスコート
ボディにはコレですね。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。塗る以外にも使うんですよ。

何度も言います。

ピッチレスコートには研磨剤・コンパウンドは一切入ってません。

ですから、汚れを強引に削り落としているわけではないです。

こんなメッキ、傷が入ったら、もうどうしようもないですよ!

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートが持つ汚れを落とす効果をしっかり使います。

キズを埋める効果もね。

メッキでも、表面にある微細なキズも目立たなくなりますよ。

使い方はスポンジで軽く擦って、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

するとこのようにピッチレスコートがスポンジに付きます。

1回で充分です。

仕上げる部分が小さいのでこれでも多すぎるくらいですが、1回つけましょう。

あとは軽く撫でるだけ。

見せやすいようにタオルを挟んでますよ。

上で書いたように、ピッチレスコートは、

汚れを溶かしながら落とす

ので、力は不要。強く力を入れてはいけません!

撫でます。

スポンジが潰れてますが、これは使い込んで柔らかくなったスポンジを使っているからで、力を入れてスポンジが潰れてるのではありません。

信じてくださいね(^^)

もし、撫でただけでは落ちない時は、少しだけ力を入れてみましょう。

それでもだめなら、もう少し。

メッキの厚さや種類によって傷が入りやすいことがあるので、見極めが難しいかもしれませんが、ある程度力を入れてだめなら、諦めることも必要です。

スポンジ戻しをしたらこの状態。
あまりスポンジ戻しできてないですけど気にしないように…

あとはタオルで仕上げ拭きをすると、

完成!

違いが分かりにくいですか?

角度を変えて拡大してみると、

汚れと傷は見えますかな?

結構キレイになっているでしょ?

先にも書きましたが、普段からお手入れしている車だし、屋根がある車庫なので汚れにくいこともあります。

でも、時々お手入れしていれば、ずーーーーーーーっとこんな状態が維持できるんですね!

今回の汚れ落とし方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの効果を十分発揮させれば、メッキでも難しいことはないです。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 撫でるように擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

しつこく書きますが、

これが基本ですし、基本を守りさえすれば、キレイになります。

もちろん、メッキが剥げてる、シミになってる、など状態によってはキレイになりにくい場合もありますが、表面に付いている汚れならそこそこ落とせます。

メッキは自信がないな、って時は、できるだけ力を抜いて試すか、しっかり使い込んだスポンジを使って試すか、そんな感じでやってみましょう。

恐らく、大丈夫(^^;)

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました