クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

窓ガラスコートを点眼容器に入れて使う。メガネ・スマホなど小物用に最適。

アドバイス

この記事は約 3 分で読めます

点眼容器という素敵なアイテム

巷には、こんな携帯しやすい大きさの容器があります。

点眼容器です
ラベル貼っちゃってますが…

この点眼容器、窓ガラスコートを詰めて携帯用にすると非常に便利。

1滴ずつ適量が出しやすいので、小さい面積のメガネやスマホなどに使うには最適なんです。

1滴が出しやすいのです

そんなわけで、いつでも使えるように点眼容器に入れて身近に置いておくことをオススメします!

それでは、この点眼容器に窓ガラスコートを入れてみましょう。

内容量は10mlほど入るので、レギュラーサイズなら80ml入りなので、8回、フルサイズなら280ml入りなので、28回ほど詰め替えできます。

点眼容器には難なく詰替できるはず

この先っちょの白い中栓さえ外せれば簡単。

点眼容器だけあって1滴ずつ出せる中栓
中栓を外して
窓ガラスコートを沈殿物が無くなるまでよく振ってから
漏れないように注いで
中栓を差し込めば
詰替完了

楽々です。

注ぐ時は、下にティッシュペーパーやスポンジを置いて、こぼれても大丈夫なようにしてください。

スポンジの上に垂れれば、無駄になりません!

中栓がかたくて外れない時の対処法

少々力を入れればはずれることもありますが、漏れないようにしっかりはまってるので、簡単に外れないことがあります。

容器の口と中栓の隙間にカッターナイフなどを差し込んでグリグリやっても外れますが、プラスチックなので削ったり穴を空けてしまうことがあります。

なので、できれば、カッターナイフは使わない方がいいですね。

薄いマイナスドライバーなら何とか大丈夫かも。

できれば安心な方法で外したいので、身近にあるゴムを使って取り外すといいです。

今回は、自分たちが仕事でよく持ち歩いている指サックで外してみます。

無ければ輪ゴムで代用できるかもです。

普通の指サック
中栓を指先ではなく関節のあたりで摘んで
うにーーーーーって力をゆっくりかけたりグリグリこじれば
すっぽり外れます

それなりに力が必要で、無理にやると指先が痛くなるので、指先より関節でつまむほうが比較的力が入りやすいです。

ま、そこまで頻繁にはやらないはずなので、ちょっとがんばってみてください。

ゴムを噛ましてペンチで軽く摘めばもっと外れやすいですが、力を入れすぎると口が潰れるのでご注意ください。

メガネ、サングラス、ガラケー、スマホ、タブレット、お化粧に使う手鏡(コンパクトミラーにもいいです)などなど用途はたくさんありますので、詰め替えて身近に置いてお使いください。

自分の車やバイクにも常備されてます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました