拡大写真は超アナログな方法で撮ってます。

昨日投稿した記事の中で拡大写真を使いました。

再登場w

この写真は別に特殊な機器を使ったわけではなく、普通のものよりちょっと倍率が高い拡大鏡を使っただけです。

昨日届いたばかりの最大16倍の拡大鏡
明るいLEDですが、それよりもこの形がクリオネにしか見えない…

LEDも付いているので暗がりでも見やすくて3つの倍率で見ることができますが、それ以外はいたって普通です。

なので撮り方もアナログです。

位置合わせがとても大変w

レンズ越しにピントが合う位置を見つけてシャッターを押すだけ。

位置を合わせながらシャッターを押すのは難しいので、10秒のタイマーを設定して撮りました。

こうやってはじめの写真を撮ったのですね。

比較のためにカメラの機能を使って単純に拡大した写真を撮ってみますと、なんと拡大鏡越しよりキレイに撮れてしまいましたw

アルクマくんです

といっても、カメラの機能では最初に挙げた写真くらいまで拡大することができなかったのと、とてもピントが合いにくかったので、拡大鏡越しでないと撮れなかったようです。

画像を切り抜いて拡大しましたがピントが…

ある意味、安心w

これで拡大して見ることができるようになりました。

そして、拡大写真を撮ることもできるようになったので、今後拡大写真が必要になるときに重宝しそうです。

またひとつレベルが上がりましたw

コメント

タイトルとURLをコピーしました