クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

バイクの冬支度。クリーティングコートで綺麗にして来年に備える!

アドバイス

この記事は約 2 分で読めます

バイクの冬支度をする時期になりました。

ずっと乗ってきたバイクは、綺麗にして来年の次のシーズンまでお休みです。

タンクなど塗装部分、リム、スポーク、エンジンなどメッキ部分もピッチレスコートでしっかりお手入れです。

シートやサイドバックはP8コートとP113、ミラーはもちろん窓ガラスコート。

その他、様々なパーツも、4種類のクリーティングコートで仕上げられます。

これで来シーズンもバッチリです!

サビは知らないうちにできてしまうものです。

今シーズンにできたサビは今シーズンのうちに。です。

しっかり落としておきたいですね。

サビにはもちろんピッチレスコートです。

サビも軽症のうちに対処しておけば、きれいさっぱりです。

中症程度なら、何とかなるかもしれませんので、チャレンジしてはいかがでしょうか?

つい数日前に仕上げたスーパーカブですが、

ホンダ スーパーカブの冬支度
丁寧に乗られてますねぇ

近くで見ると、

サビが出た状態(ホンダ スーパーカブ)
茶色いものがいっぱい

サビがたくさん出ています。

これくらいの錆なら、ピッチレスコートとスポンジや歯ブラシを使うだけでこんな状態に変わります。

ピッチレスコートでサビを落とした状態(ホンダ スーパーカブ)
撮影した角度が違いますが、モノは同じですよ!

一部、深い窪みに出来たサビは除去しきれていませんが、時間を掛ければもっと綺麗に仕上がるでしょう。

リムなども同じです。

ホイールの仕上げ前(ホンダ スーパーカブ)
これが、
ホイールの一部仕上げ後(ホンダ スーパーカブ)
こうです

この状態で、お客様が行きつけのバイク屋さんに持ち込んだところ、サビの状態を知っていることもあって、案の定、驚くばかりだそうで。

サビは放っておけば重症化します。

見つけたサビは、すぐにピッチレスコートで対処です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました