エンジンのオーナメントの汚れ落としを解説。ピッチレスコートならチョーキングしててもキレイに落ちる?【日産 フェアレディZ】

色あせた塗装の汚れ落とし方法を知る!

今回も、前回汚れを落としたエンジンのオーナメントです。

塗装された赤い部分の汚れ落とし方法を、解説していきます。

たぶん、塗装だと思いますが、詳しくは、よく分かりません。

でも、結果的に塗装と同じ方法で汚れを落としたので、塗装のようなモノだったのでしょう。たぶん。

汚れで薄黒い赤になってるので気になる方は気になります・・・当たり前ですね(^_^;)

仕上げ前の状態をチェックです!

ただ一言。

くすんでますね。

分かるかな?

黒ずんでますよね?

これだけ汚れてるので、変化がハッキリが分かるでしょう。

気持ちよく落ちるよ( ̄ー ̄)

用意するものはこれです。

ピッチレスコートに付属するスポンジとタオルです。

ピッチレスコート
ボディにはコレですね。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。塗る以外にも使うんですよ。

ピッチレスコートには研磨剤・コンパウンドは一切入ってません。

ですから、汚れを強引に削り落としているわけではないです。

塗装を削りとる効果はありません。

スポンジでゴシゴシ削っているようにみえるかもしれませんが、汚れを溶かして浮かして落としているだけです。

お間違えの無いように!

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートが持つ汚れを落とす効果をしっかり使うだけです。

使い方はスポンジで擦って、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

するとこのようにピッチレスコートがスポンジに付きます。

2回も3回も付ける必要はありません。

1回で充分です。

まずは一部分を擦りますが、スポンジがペチャンコに潰れるほどの力は掛けてません。
あまり潰れてないでしょ?

軽く3~5回擦っただけです。多くても5~7回だったはずですよ(^^)

すると、

擦ってるそばからもう色が変わって、スポンジ戻しをすれば、

指で指した部分が明るい赤色になりました!(^^)

同じようにどんどんいきますよ。

って、お手入れ方法の解説って、ずーーーーっとこのパターンですね。

同じことの繰り返しだから、毎回特別これっていう解説は無いんです。

だから、飽きずに またかよ! って思わずに見て頂けるとありがたいっす(^^)

ではあらためて。

次はココね。

スポンジが引っかかる感じがしたら1回付けて、スポンジで擦ってスポンジ戻しをすれば、

はい!こうです!

最後はココ。

同じく、スポンジが引っかかる感じがしたら1回付けて、スポンジで擦ってスポンジ戻しをすれば、

はい!全部キレイになりましたよ!

ピッチレスコートが少なすぎる状態で擦ると、擦り傷が入ることもあるので、少しスベらない、引っかかる感じがしたら、ピッチレスコートを1回付けてから擦りましょう。

しっかりスベって、引っかかる感じがしないなら、付けないでいいです。

ピッチレスコートは付けすぎても大丈夫ですが、スポンジ戻しやタオル拭きで手間がかかるので、少量付けて使ってください。

ちなみに、スポンジ戻しとは、擦ってキレイになった後、擦った表面に残っているピッチレスコートをスポンジで拭き取る方法です。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

ピッチレスコートのスポンジの使い方を解説。新しいスポンジは使い始めが肝心です。
ピッチレスコートのスポンジの使い方、少々特殊ですよ。 今までのワックスとは少し使い方が違います。 特に、スポンジの扱い方が違います。 単純に塗って拭き取るだけではないです。 はい。 ...

で、最後にタオルで仕上げ拭きをすれば、

完成~~~♪

仕上げ拭きといっても、スポンジ戻しがしっかりできていれば、残ったムラを軽く拭き取って質感の確認(スベリ方の確認)をするだけです。

一般的なワックスの使い方のように、塗ったワックスを拭き取るような感じではないことを覚えておきましょう。

あくまでも、質感の確認を含めた最終仕上げです。

慣れてくると、スポンジ戻しだけで、タオル拭きせずにキレイにムラなく仕上げることもできますよ!

スポンジに何かが付いた?!

この赤い部分、ピッチレスコートで仕上げると、

スポンジに赤いものが付きました!Σ(゚Д゚)

これは、赤色の塗料が劣化して浮いた状態になっていたものを、その劣化した部分だけを除去したので、赤くスポンジに付いたのですね。

この症状、いわゆるチョーキングと似たことが起こっていたのでしょう。

街区表示板?何それ?ってモノもキレイに。
何でしょね「街区表示板」って。 調べて初めて知りましたが、 街中で家の壁や電信棒にくっついている緑色や青色のアレです。 これ。 この表示板は、緑色と白色の塗装された板ですが、毎日のよう...

ですから、元の劣化していない塗装まで削り落としているわけではないので、ご心配なく。

だたし!

いくら研磨剤が入っていないとはいえ、スポンジをこれでもかってほど力を入れてゴッシゴッシ擦れば、スポンジが研磨剤の代わりになって劣化していない正常な塗装まで削ることがありますよ。

ピッチレスコートで仕上げた結果は

近くで見れば、

色艶はどうですか?

磨き傷の状態は見えますか?

角度を変えるとどうでしょうか?

光の加減が少し暗いので、磨き傷は見えませんが、多少は入っています。

28年前のパーツですから、多少は傷も入っているはずです。これは仕方ありません。

でも、この仕上がった状態ならどうでしょうかね?満足してもらえたらいいんですけどね(^^)

今回の汚れ落とし方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの基本を使えば、難しいことは一切ないです。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

ピッチレスコートの場合は、いつも同じことばかり書いてますが、他に書きようが無くて(^_^;)

ほんと簡単なもんでお許しくださいm(_ _)m

塗装表面が劣化した状態でもその部分をしっかり取り除けさえすれば、元のキレイな色が出てきます。

何度も書きますが、研磨剤は入っていないので、ずっと擦り続けたら色が無くなった!なんてことはありません。

また細かい仕上げの解説になりましたが、前回のP113での仕上げと合わせてお試しくださいませ!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから