擦り跡を除去する方法を解説。コンパウンドで削る前に試してみる!【トヨタ マークX ZiO】

擦り跡の除去方法を知る!

今回は、ボディの擦り跡の消し方を解説していきます。

よくある擦った跡です。

傷なのか、塗料やゴムが付いただけなのか、傷が入りつつ何かがついているのか、実際にやってみないと分かりません。

ですが、

見た目がハッキリ変わることは間違いありません!

ボディの色が白色なので、よく分かる写真ですよ(^^)

仕上げ前の状態をチェックです!

ひと目で分かります

一応、指差してみました。

拡大です。黒い何かと青い何かが付いてます。

何だろコレは。

相手が何か分かりませんが、やってみましょう。

用意するものはこれです。

ピッチレスコートに付属するスポンジとタオルです。

ピッチレスコート
ボディにはコレですね。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。塗る以外にも使うんですよ。

ピッチレスコートには研磨剤・コンパウンドは一切入ってません。

スポンジでゴシゴシ傷を削っているように見えますが、削ってません。

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

使い方はスポンジで軽く擦ってから、タオルで軽く撫でるだけ。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

いつも通り、ピッチレスコートがスポンジに付きます。

1回だけ付けました。
1回だけでいいです。

滑りが悪くなったり、汚れが落ちにくいと感じたら、追加で1回だけ付けます。

では、右側からやって違いを見てみましょう。

少しだけ力を入れて、縦横円を描いて塗ったら、

5~10回擦っただけで、

スポンジ戻しをすると、
※スポンジは裏返して使ってます。

スポンジ戻しは「塗ってボディ表面に余ったピッチレスコートをスポンジで吸い取る方法」です。詳しくは コチラの記事 を参考にしてください。

消えました。

拡大したので確認してくださいね。
拡大するとよくワカラナイですね…

だから、全部やっちゃいます。

ここを、

ピッチレスコートを付け足さずに擦ると、

こうです。

全部落ちたでしょ?

拡大しても傷になっていなかったことが分かる・・・かな?

表面に塗料か何かが付いていただけだったようです。

ちなみに、各写真に黒いモヤモヤっとしたものが見えてますが、

黒いモヤモヤ

これ、カメラのレンズの内側に入ったゴミです(・∀・;)

レンズの内側なので、ひとまずこのままで。

※この後、同じカメラをもう1台用意したので、今は大丈夫です。

今回は、タオルは使ってません。スポンジ戻しだけです(^^)v

もし塗りムラがあってスポンジだけでは無理な時は、タオルを使って最終仕上げをしてくださいね。

今回の汚れ落とし方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの能力を使えば、こんな汚れなら難しいこと無いです。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

今までもずっと同じでしたが、今回も基本です。

これまでピッチレスコートを使って色々な汚れや傷を仕上げてきましたが、その中で、一番簡単に落ちたかもしれません。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

自転車のハンドルグリップが擦った跡、スーパーマーケットのカートが擦った跡、駐車場のコーナーやポールに擦った跡、色々擦る可能性がありますが、そのような擦った跡は、コンパウンドで削る前に、ピッチレスコートを使ってみてはいかがでしょうか?

色々と試せますので、一家に1本いかがです??(^^)

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから