ピッチレスコートとピッチレスコートWの使い分け【クリーティングコート相談室】

(相談)ピッチレスコートとピッチレスコートWの使い分けを教えてください。

ピッチレスコートをお使いいただく方から、ご相談をいただきました。

まずは、ピッチレスコートの効果を簡単に言うと

  • 水アカなど汚れを落とし、キズを埋めて目立たなくし、艶を出す
  • 施工すると保護膜(ピッチレスコートの層)ができ、汚れを付きにくく落としやすくする

キズを

埋めて目立たなくし

汚れを

落とす

汚れを落とした後もキズを埋めた後も、艶が変わってることから分かるように、

汚れを落としながら、キズを埋めながら、表面に保護膜ができ、その保護膜のお陰で艶が出る

だから、

ピッチレスコートで汚れを落とした後に、別にワックスなどを使う必要はない

のです。

次に、ピッチレスコートWの効果を簡単に言うと

  • 通常のピッチレスコートより滑るので施工がしやすく、より汚れが付き難く落としやすい
  • 通常のピッチレスコートより保護膜が強いので少し持ちがいい

ただし、

  • 通常のピッチレスコートに比べて、汚れ落としやキズを埋める効果が弱い

実際に汚れ落としにピッチレスコートWを使ってみると分かりますが、汚れによっては落ちないことはないですが、落ちにくさを感じるはずです。

ピッチレスコートW1~W3よりもW02はもっと落ちにくさを感じますよ。

キズは…ピッチレスコートWでも案外埋まりますけどね(^^)

気になる方は、汚れの落ち方、キズの埋まり方を試してみてください。

このような違いがありますので、うまく使い分けると、普段のお手入れが楽になるかもしれません。

普段からピッチレスコートでお手入れしているボディであれば、

水洗い後にピッチレスコートWでお手入れをして、落ちない汚れが付いている部分やキズが目立つ部分だけに通常のピッチレスコートを使う

といった使い方もできます。

それに、

水洗いした時に、タオルが滑りにくいと感じたら保護膜が薄くなった証拠ですから、そんな時は、通常のピッチレスコートで厚めに保護膜を作る

逆に、

水洗いした時に、タオルがよく滑り、拭き取りも簡単にできるようなら、ピッチレスコートWで保護膜の厚みを維持する

それぞれの特性がわかれば、ボディの状態で使い分けが簡単にできますよね。

ちなみに、ピッチレスコートWは汚れ落とし効果が抑えられているため、「ピッチレスコートWを使わないと対応できない汚れ」は無いと思って結構です。

だから、汚れを落としたい時は、通常のピッチレスコートを使いましょう。


また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから