ボディの汚れ・水アカ除去方法を解説。ゆっくり丁寧にやれば楽々です!【日産 フェアレディZ】

汚れや水アカをキレイに落とす方法を知る!

今回は、日産 フェアレディZのリアバンパーにこびり付いた汚れ・水アカをピッチレスコートで落としてみます。

白色は、汚れや水アカが目立つ色ですが、全体が汚れていて本来の色を知らなければ、その色がもともとの色と思われがち。

しかし、

本来の白色じゃないことが多い

のです。

仕上げ前の状態をチェックです!

仕上げ前なんですが、実は、左側を仕上げている最中に写真を撮ることを思い出したため、左側はキレイになってしまっています。

その点を踏まえて、仕上げ前の状態をチェックしてみましょう。

ここから右側の汚れをチェック!

凸凹しているので影かと思われがちだけど、これは汚れ。

汚れ・水アカ落としが得意なピッチレスコート

こういった汚れや水アカ(水アカも汚れの一つですね)は、ピッチレスコートが得意とする汚れの一つです。

用意するものはこれです。

ピッチレスコートに付属するタオルやスポンジのみ。

余計なものは一切なしです。

ピッチレスコート
ボディにはコレ。P113でもいけますがピッチレスコートの方が断然!です。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。塗る以外にも使うんですよ。

ピッチレスコートには研磨剤・コンパウンドは一切入ってません。

スポンジでゴシゴシ削り落としているように見えますが、削ってません。少しずつ溶かしながら落としてますよ。

ピッチレスコートとスポンジで溶かしながら落とす。

スポンジをキズ消しや艶出しに使う時は、下記事のように事前にスポンジを作ってから使いますが、頑固な汚れ・水アカ落としの場合は、そのまま使います。

ピッチレスコートのスポンジの使い方を解説。新しいスポンジは使い始めが肝心です。
ピッチレスコートのスポンジの使い方、少々特殊ですよ。 今までのワックスとは少し使い方が違います。 特に、スポンジの扱い方が違います。 単純に塗って拭き取るだけではないです。 はい。 ...

頑固に付いている場合、ピッチレスコートで溶かしながら落とすことも出来ますが、時間がかかるため、新しいスポンジの力も少し借りて、時間短縮します。

あと、汚れがよく落ちたところと落ちなかったところの差ができやすいので、新しめのスポンジがいいですね。

スポンジにピッチレスコートを付けて

縦横円を描きながら擦る

と、汚れを四方八方から攻め込めるので、汚れが落ちやすいです。

キズ消し方法のところでも書いてるので、聞き飽きたかもしれませんが、飽きても縦横円です。これが基本。

細かい凸凹があるので、小さい縦横円を描きながらゆっくり丁寧に擦ります。

また、このような汚れ・水アカは、小さい範囲毎に、例えば、10~15センチ四方ほど毎に仕上げていきましょう。

そして、1箇所仕上がったら、そのキレイになった色を見本に、隣の15センチ四方を、そこがキレイになったら、その隣の15センチ四方を、・・・のようにやれば、全体がムラ無くキレイに仕上がります。

決して、大きな範囲を急いでやらないこと!

大きな範囲や急いでやったときは、最後に全体を見た時にキレイに落ちているところと落ちていないところの差が出てまだらな状態になりますよ。

では、いきます。

普通にピッチレスコートを1回だけ付けます。

ここの一部分を擦ってみましょう。

とにかく縦横円で擦ります。

押さえつけていないので潰れていません。

ただし、このスポンジの押さえ方、あまりよくありません・・・

後でまた出てきますが、

この押さえ方です。

指の置き方が違いますよね。

しっかりスポンジの面を使えるように押さえましょう。

そして、擦った後にスポンジ戻しをすると、

スポンジ戻しは「塗ってボディ表面に余ったピッチレスコートをスポンジで吸い取る方法」です。詳しくは コチラの記事 を参考にしてください。

時間も掛けず力も入れずに擦ったのに、

完了。

拡大すると、

丸く白くなったのが見えます。

明らかに変わりましたでしょ??

ゴッシゴッシ擦らなくたって、ピッチレスコートの力をうまく使えば、チョイチョイっと汚れが落ちて、元の色が見えてきます。

同じように、その下の部分をやってみますが、今キレイになった色を見本にしながら、仕上げていきましょう。

ここね。

縦横円を描いて擦ってからスポンジ戻しをすれば、

また白い円のできあがり。

2つの白い円は離れていますが、実際に仕上げる時は、仕上げた部分どうし間が開かないようにして、色が同じになるように仕上げてくださいね。

スポンジには薄っすら汚れが付きました。

もし、仕上げている最中にスベリが悪くなったり、落ちが悪くなった時は、もう1回付け足しましょう。

1回だけでいいですよ。

スポンジに付ける場所は、同じ場所でも違う場所でもどちらでもいいですが、ピッチレスコートを付けても落ちにくいと感じた時は、スポンジのまだ使っていない部分かあまり使っていない部分につけましょう。

落としやすくなりますよ。

では、残りを仕上げてしまいましょう。

力を入れず丁寧に仕上げれば、

指差しているところから左側がキレイになりました。

で、スポンジはというと、

ボディ、汚れてたんですね。

あとは、残っている一番左の部分、

一番左側は色が変わってますね。
段がついているので色が変わっているように見えますが、汚れも付いてます。

1回付けて、

縦横円縦横円・・・

スポンジ戻しして、

真ん中がキレイに、

このあとも全く同じように、

上も縦横円縦横円・・・

上側もキレイに、

下も縦横円縦横円・・・

下側もキレイになったら、はい完成!

ここまででスポンジはこんな感じになりました。

ここまでの汚れが落ちたのですね。

今回仕上げたところを全体的に見ると、

くすんだ白から本来の白になりました。

拡大するとどうでしょうか??

ま、ムラになってない?って感じる部分もありそうですが、それはご愛嬌ということで(・∀・;)

では、サイドに続いて後ろ側を・・・・・・と解説しても、工程もコツも仕上がりも全く同じなので解説はここまでにします。

で、よく見ると、

この部分には汚れが・・・

汚れてますね。

この部分を仕上げている写真がまだ無いので、撮れた時にでも。

今回の解説と大して変わりませんが、後日解説します。

今回の汚れ・水アカの除去方法を簡単にまとめると、

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 細かく縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

今回は、スポンジ戻しだけで仕上げましたが、最後にタオルでササッと撫でて、拭き残しと質感のチェックをしておきましょう。

これもいつも通りです。

細かい凸凹部分があるので、いつもより細かい縦横円を使いましたが、基本は変わりません。

また、始めにも書きましたが、仕上げ後、全体がまだらな状態にならないように、小さい範囲、10~15センチ四方ほど毎に、そして、急がず丁寧に仕上げてください。

このクルマの下回りは全てこのような凸凹がありますが、すべて同じように仕上げできますよ。

お試しくださいませ!

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

汚れ・水アカは、一部分キレイにしてしまうと、全体との色の違いがハッキリと出てしまうので、やるならフェンダーだけ、バンパーだけ、といった区切りの良い単位で仕上げましょうね。

以前ソファーの仕上げでやったように、友人の車をシマシマに仕上げる、とかはやめてあげてね(^^)

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから