Office365のパスワードの有効期限が短い(怒)設定変えられますんでそんなに怒らないで(笑)

Office365を使っているお客さまからの問い合わせで、Office365を導入してから時々パスワードの変更を求められて困っていると。

複数台のパソコンとスマホで使っているため、その都度パスワードを変更するのは面倒とのことで、ややご立腹でもありました(笑)

たぶん、インストールしてそのまま使い始めたのでしょう。

普通はだいたいそうなんですけどね。

このパスワードの有効期限はOfficeの設定で簡単に変えられるので方法をお教えしました。

これでもうご立腹されることは無いでしょう(笑)

簡単に設定方法をご紹介

2020年4月16日現在の設定画面や設定方法なので、今後、画面も方法も変わる可能性があることを踏まえていただけたらと。

設定画面までたどり着けないこともよくあるので、迷子にならないように道案内もしときます(笑)

office.comへ行って設定をします。

Office 365 ログイン | Microsoft Office
無料のオンライン版の Microsoft Word、PowerPoint、Excel、OneNote で共同作業します。ドキュメント、ワークシート、プレゼンテーションをオンラインの OneDrive に保存します。それらを他のユーザーと共有して、同時に作業します。
まずはoffice.comへ
サインインして
「管理」へ
「すべてを表示」で全てのメニュー表示して
「設定」を選び
さらにその中の「設定」を選んだら
「セキュリティとプライバシー」から
「パスワードの有効期限ポリシー」へ行くと
ようやく設定画面にたどり着きました

Office365のデフォルトの設定だとパスワードの有効期限は90日、通知は14日前に出るようになっています。

有効期限を延ばすなら「90」を「365」とか「730」にすればいいし、無期限がよければ「指定した日数の経過後にユーザーのパスワードの有効期限を設定する」のチェックを外せばOKですね。

これで無期限になりましたが…

無期限にすれば、もうパスワードの期限も無くなるし変更のお知らせも出てきませんが、セキュリティポリシーを決めているならそれに従って設定を変えてください。

自分の場合は有効期限は…教えません(笑)

設定するのは簡単ですが、その画面にたどり着けないことはよくあるんですよね。

だから、自分で忘れないように今回書いておきました。

身の回りの人がデスクワークをはじめると、こんな問い合わせや質問も増えるんです。

今日もパソコン関係の対応でずいぶんLINEをしました。

しかたありません。

さて、土曜日にWebで打ち合わせをするのでその準備をすることにします。

今週はまだ洗車していないですね…(汗)

タイトルとURLをコピーしました