革のグローブを洗ってみた。まだ乾いていないけど。

先日買ったバイク用の革グローブ。

革のジャケットに合った(同じメーカーなのだから当然といえば当然)、 シンプルで握りやすいグローブです。

DEGNERさんのプロテクター付きのメッシュグローブ
親指もグリップを握ったときにちょうどいい長さ
たまーに、親指だけ変に長いヤツありますもんね

購入早々、少しでも慣らそうと、ヘルメットと同じく、しばらくはめてグーパーしたり仕事に行くときに使ったりして馴染ませました。

操作性も問題なし。

ただ一つ問題がありました。

これはグローブを外したあとですが、

汚れてる…

新品だからか、手が黒くなるばかりか、小さな破片というかゴミがたくさん付きました。

これではツーリング行って、お店に入って食べたり買い物しようとしても、常に手が黒くなるってのは、ちょっと困ります。

しかも、出るは出るは、いくらでも出てくる。

何も落ちてないいつもの作業台の上で
こいつを軽くトントンしただけで
ゴミがパラパラと…

これでは困りますね。

手に汗をかくこれからの季節、そうでなくても手汗をかきやすいのに、このグローブをはめて出かけたら、手が真っ黒になる予感。

だから、洗うことにしました!

正しい手順を踏めば大丈夫ってあったので、買って間もないですが、やっちゃいました。

革用の洗剤は持ち合わせていないので、水と中性洗剤を用意して、浸け置きしてから、さあ揉み洗いを始めてみたら、想像を遥かに超える真っ黒加減。

写真を撮り忘れるほどの衝撃(^^;)

これまでに、2回だけ本革のグローブを買って使いましたが、ここまで黒くならなかったので、ちょっと焦りましたね。

一応、気を取り直して、水ですすいでから水気をよくとって干しましたが、さてどうなるか、色が抜けてないか心配です。

乾かし中…
少し乾いてきました

少し乾いた状態だと、色は大丈夫そうに見えますね。

ここまでくれば、あとは革用のオイルを塗って保護する…って手順になりますが、市販のオイルは使わず、ここは「P8コート」です(^^)

ですが、ここからP8コートの解説をすると、また長ーい記事になってしまうので、後日、ご紹介しましょう。

今回、参考にしたサイトはこちらです。

今回は、ただ洗ったというだけで終わります(^^)

でも、洗ってる写真が無いと、信憑性に欠けますね。

もう一度洗って写真を撮ろうかな。

やっぱり、そうしよう!

ということになったので、もう一度洗ったらこの投稿に挿し込みます(^^)v

洗ってる写真の追加

気になって仕方なかった写真を撮りましたので、これでホントに洗ったってこと分かってもらえるかな?

しばらく浸け置きして揉み洗い
洗剤で洗い終わったら水ですすいで
水気を拭き取ってから陰干しです

はい。これで水洗い終わりです。

あとはP8コートの出番です。

それは後日に。

以上、追加の写真でした!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから