ピッチレスコートを塗りすぎてしまった時の対処方法は?【クリーティングコート相談室】

(相談)ピッチレスコートを塗り過ぎてスジ状の跡が消えない時はどうしたらいいですか?

お客さまとお話をしているときに「慣れって怖いね」ってお話になりました。

これまでお客さまが別のワックスを使っていたときは、そのワックスの容器を傾けてスポンジに垂らして使われていたそうなんですが、それをピッチレスコートでたまにやってしまうとのことでした。

あ…
これやると大変な目にあいますので(^^;)

このスポンジで塗ったらタップリ塗れてしまって、暗いところでは分からなかったけど明るいところで見たらスジだらけになっていた、ということでした。

たぶん、ピッチレスコートがこんなスジ状に残っていたということのようです。

左下のキズっぽい部分を拡大すると…
右側に見えるスジ、これキズじゃなくピッチレスコートの跡です

スポンジやタオルでなぞった跡がスジ状に残っているというわけですね。

ボディなど施工した部分の状態によりますが、ピッチレスコートを付け過ぎた時は、スジ状の跡が残ることがあります。

このスジ状に残ったピッチレスコートは、時間とともに馴染んで目立たなくなりることもありますが、ピッチレスコートの量が多過ぎた時は残って見えることがあります。

では、こんなスジを無くすにはどうすればいいのか、対処方法を見ていきます。

スポンジで塗り終わったら力を抜いて撫でる

スポンジでタップリ塗ってしまった後は、そのスポンジで力を抜いて撫でてみましょう。

先ほどのタップリピッチレスコートを含んだスポンジでココを
塗りたくったあとに力を抜いて撫でれば
だいぶ減りましたね
それでもまだたっぷり残ってます

もしピッチレスコートをスポンジに適量付けただけなら、力を抜いて撫でるだけでも余分なピッチレスコートの大半をスポンジに吸わせることができますが、今回の量は多すぎますので…

これでダメなら、

スポンジの裏面などピッチレスコートが少ない部分で撫でる

まだピッチレスコートがあまり付いていない面を使って、余ったピッチレスコートを吸わせます。

ピッチレスコートが裏面にもタップリ含んでいるようなら、別のスポンジでも構いません。

今回は、スポンジの裏面を使って
徹底的に力を抜いて撫でます
先ほどよりもさらに減りましたよ
ですが、はじめに紹介した黒いボディに残ったスジくらい残ってます

それでもダメなら、

タオルで撫でる

タオルで撫でてしっかり吸わせます。

「拭く」じゃなくて「撫でる」
丁寧に撫でれば、
スジ、無くなりました
深めのキズは残ってますけどね

タオルを使ってもスジが消えない時は、スポンジと同じくタオルに多くピッチレスコートが含まれていると吸収しにくいので、できればあまりピッチレスコートが含まれていない(まだあまり使っていない)面を使って撫でてみましょう。

これだけでかなり改善するハズですよ。

でもでもでもでも、それでも改善しないときは、最終手段です。

最終手段の水洗いをする

ここまでやっても、でどうしてもスジが残ってしまうときは最後の手段です。

バケツ1杯の水洗いをします。

水洗いによって、スジ状に残ったピッチレスコートが固まるので、それをスポンジやタオルで拭いてしまえば一件落着です。

ピッチレスコートが固まるといってもコチコチにはならず柔らかい状態で集まってくれるので、スポンジやタオルに吸わせることが出来るのですね。

このやり方は、過去記事にありますので、そちらを参考にしてください。

記事の最後の方を見ていただければ、今回とは関係のない解説を省けますので(^^)

雨降り後のボディに頑固にこびりついた汚れ跡を除去する方法を解説。シミになっていなければ何とかなるかも。【レクサス LS460】

ボディにこぼしたピッチレスコートをスポンジで回収したときも同じように付け過ぎになってしまいます。

付け過ぎたピッチレスコートは、虫の跡やシールの剥がし跡に塗るなどしてうまく活用しましょう。もったいないですから。

また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたです!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから