ピッチレスコートを塗り過ぎて拭き取れない…【クリーティングコート相談室】

(相談)ピッチレスコートを塗りすぎてうまく拭き取れません

ピッチレスコートは磨き傷をうまく隠して目立たなくします。

目立ってた磨き傷も

まだ傷は残ってますが、かなり隠してくれました

ここまで隠れたら、さらに塗ればもっと目立たなくなりそうですよね。

でも、そうはいきません。

塗ることが出来る量は決まってます。

何グラム、何ミクロンといった数字は分かりませんが、とにかく決まってます。

実際にたっぷり塗ってみると、

一度ピッチレスコートを付けて

塗ってスポンジ戻しをして

タオルで拭き取る

これを繰り返すと、

傷も目立たなくなって艶も出てます

が、よく見ると、

筋状の何かが残ってます

この筋状のものは、傷じゃなくピッチレスコートです。

余ったピッチレスコートが、タオルやスポンジでも吸い取りきれずに残ってしまったのです。

もっと何度も何度もタオルで拭き取れば少しずつ取り除けますが、そう簡単には取れません。

タオルで拭いてもスポンジ戻しをしても、こんな筋が出るというのは、塗ることが出来る量を超えたという印です。

もうお腹いっぱいってことですね。

解決方法はこの2つ

放置してみる

塗った量にもよりますが、この状態で少し放置してみましょう。

忘れた頃に見ると、無くなっていることがあります。

これは、筋状に盛り上がったピッチレスコートがじんわり馴染んで平たくなるからです。

塗った量が多すぎると、馴染みにくいので、時間が経っても残っていることがあります。

水洗いしてみる

放置してもどうにもならない時は、こちらが確実です。

水洗いタオルで水洗いして

拭き取り用タオルで拭き取る

すると・・・

筋状に残っていた部分の様子が変わりました

これは、水によってあり余っていたピッチレスコートが固まったものです。

あとはこの固まったピッチレスコートをスポンジで除去するだけ。

固まったといってもコチコチになったのではありません。

筋状に残っていたものが除去し易い程度に固まっただけです。

スポンジ戻しの要領で撫でると

きれいになりましたでしょ?

これでOK

少し手間はかかりますが、タオルで何度も何度も苦労するよりは、ね(^^)

ちなみにですが、他の方法として、細かい毛先のマイクロファイバークロスでも余分なピッチレスコートを絡め取ることはできます。

ですが、ピッチレスコートを必要以上に絡め取ることもありますので、使い過ぎに注意です。

ホドホドに使えば大丈夫だとは思いますけど(^^)

使い始めたころは、どうしても使い過ぎてしまい、今回のような症状になることがあります。

参考にしてみてくださいませ。


また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから