スポンジ戻しをするタイミング【クリーティングコート相談室】

(相談)スポンジ戻しをするタイミングが分かりません。

ピッチレスコートをお使いいただく方から、ご相談をいただきました。

まずは、ピッチレスコートは、一般的なワックスと使い方が少しだけ違うので、簡単に手順を説明すると、

  1. ピッチレスコートを1回だけ付けます。
  2. 傷を目立たなくさせたい部分、頑固に汚れが付いている部分を、縦横円を描きながら何度も塗り込みます。
  3. 表面に余ったピッチレスコートをスポンジ戻しをします。
  4. もしまだ汚れが残っているような時は、2,3を繰り返します。
  5. 最後にタオルで撫でるように拭いて終了です。

この中で、スポンジ戻しという変わった工程があります。

このスポンジ戻しというのは、

  • ピッチレスコートを塗った後は、塗った部分にピッチレスコートがたくさん付いていますので、
  • そのたくさん付いている(余った)ピッチレスコートを、ピッチレスコートがあまり付いていないスポンジの面で撫でるように拭くと、
  • たくさん付いていた(余っていた)ピッチレスコートをスポンジで吸い取ることができます。

ピッチレスコートを

塗り終わると、たっぷり残っているので

スポンジの裏面などピッチレスコートがあまり含まれていない面で撫でれば

余ったピッチレスコートが吸い取られてキレイに

タオルで拭くことも無いほどの状態に仕上がります。

過去にもスポンジ戻しのことを書いていますので、参考にしてみてください。

ピッチレスコートのスポンジの使い方。新しいスポンジは使い始めが肝心。
ピッチレスコートは、よくあるワックスとは使い方が少々違います。特に、スポンジの扱い方が違うというか変わっているというか、そんな感じです。単純に塗って拭き取るだけではないです スポンジへの付け方からして変わってます。ですから、ピッチレスコート

 

ここまでで、スポンジ戻しについて、少しお分かり頂けたかと思いますが、

では、スポンジ戻しはいつやればいいのか。

ずばり、

ピッチレスコートを塗った直後です

縦横円を描いて塗った後は、ピッチレスコートがモワモワっと残っている状態になるので、すぐにスポンジ戻しをしてください。

ホイール等についたキツイ汚れを落とすような時は塗って少し時間を置くことがありますが、普通に傷を埋めたり汚れ落としをする時は、5分とか30分とか時間を置かずに「すぐに」スポンジ戻しをしてください。

 

これまで普通にスポンジ戻しの解説をしてきましたが、スポンジ戻しをするタイミングについては、盲点でしたね。

質問いただいたお客さまに、また感謝ですね。

 
 

また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました