ドアを開けた内側の汚れ落とし方法を解説。特にタクシー車両はやったほうがいいかも【トヨタ セルシオ】

ドアを開けた内側の汚れをキレイにする方法を知る!

ステップには、乗り降りしたときに靴底を擦って跡がつくことがよくあります。

これはタクシーで時々見かけますが、旅行用の大きなキャリーケースを積み下ろしするときに擦って付くこともあるようですね。

また、ドアのパッキンが接するところにも跡が付きます。

もしドアを開いたときに、こんな跡だらけだったら、ちょっとアレなので、この落とし方を解説しましょう。

楽勝なんですけどねー

仕上げ前の状態をチェックです!

ここ

拡大すると擦った跡がはっきりと

パッキンなどが当たるところも

用意するものはこれです。

ピッチレスコートの超基本の仕上げです。

ピッチレスコートと付属品のみです。

スポンジは、使い込んだものでも新しめなものでも、どちらでもOKです。

ピッチレスコート
汚れ落としとキズ消し、艶出しにはコレ。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。塗る以外にも使うんですよ。

傷やシミが残っていても目立たなくさせることはできる!

コンパウンド、強力な薬剤でゴシゴシ!なんて必要はありません。

ましてや、以前解説した研磨剤と同じ効果のあるメラミンスポンジは絶対にダメですから、注意してください。

早速仕上げる前に、やることがあります。

初めて使う場合、スポンジはまっさらな状態です。

まだ表面にピッチレスコートが馴染んでいないのと、スポンジの角が取れていないのと、スポンジにかける力加減に慣れていないので、一度、ヘッドライトなどを使って、スポンジを作りましょう。

また、スポンジを作りながら、スポンジの押し加減(力加減)を練習しておきましょう。

力を入れすぎて傷を余計に入れてしまことも、逆に、力を入れなさすぎて本来の効果を出せないこともあるので、練習は必須です。

スポンジの作り方、力加減の仕方、スポンジ戻しの仕方を下の記事で説明していますので、お読みくださいね。

ピッチレスコートのスポンジの使い方を解説。新しいスポンジは使い始めが肝心です。
ピッチレスコートのスポンジの使い方、少々特殊ですよ。 今までのワックスとは少し使い方が違います。 特に、スポンジの扱い方が違います。 単純に塗って拭き取るだけではないです。 はい。 ...

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートが持つ汚れを落とす効果とキズを埋める効果と艶を出す効果を使えば、結果は想像できちゃいますね・・・

使い方はスポンジで塗って、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがったまま1度上下に振ると、適量がスポンジに付きます。

しっかりボトルの口に密着させて

1回で十分です

これ以上つけても仕上げにくいだけなので、1回だけ付けて、付け足したほうがいい場合は、あとからもう1回付けましょう。

一番たくさん付いている部分を

半分だけ、小さい縦横円を描きながら擦れば

あっさりです

手順を解説するまでもなく、スポンジが潰れないほどの力加減でも、擦るだけで落ちました。

はじめから、頑固そうな汚れだからといって、力を掛けてはいけません。

スポンジに掛ける力は、始めは軽く、徐々に強めにかけていきましょうね。

今回のように、簡単に落ちることもよくありますからね。

同じように擦れば

楽々です

そのすぐ下にある跡も、

数回だけ

横に

擦っただけで

落ちちゃいましたね

続いて一番下にある跡も、

スポンジで

何度か

擦って・・・

残ってる・・・

全然落ちませんでした!

これは、よく見ても分かりにくいですが、

爪が引っかかるキズでした!

こちらもキズでした!

塗装が削れて下地が出てる状態はお手上げです。

表面に付いた汚れではないので、これはどうしようもありません。

残念ですが、補修してもらうしかありませんね。

でも、全体がキレイになってますので、ヨシとしましょう(^^)

これなら清潔感たっぷり

近くで見ても跡は消えてます

この流れで、パッキンの跡も落としてしまいましょう。

こんな跡なら

ピッチレスコートを付け足すこと無く、ステップを仕上げたそのままのスポンジを使って、

サッ

サッで

消えましたね

そのスグ上のこの跡も

ササッて擦って

終わり

その下も

サッ

サッ

こんなもんですね

ここだって

ササッとすれば

消えました

同じ解説ばかりで飽きてきましたね。

写真のコメントも書くことが無くなっちゃいましたが、あともう少しなのでお付き合いください!

ここも

サッ

サッで

跡も消えてツルッツル

こうやって全体がキレイになると気持ちいいでしょ

今回の状態は、特にパッキンが当たる部分の跡は、かなり薄く残ってるだけなので、楽々でした。

もっとガッツリ、酷いものになると、パッキン自体が張り付いて千切れた状態で付いていることもあります。

これは、たっぷりピッチレスコートを付けて除去しないといけませんが、それでも何とかなるもんです。

そんな車をお手入れする機会があったら、またご紹介しましょう。

あまり遭遇しないんですよね。

今回の汚れ落とし方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの基本を徹底的に使う。です。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

今回も、いつものようにスポンジ戻しのみでタオルは使いませんでした。

スポンジをうまく作っていけば、タオル拭きすることなく仕上げができるようになっていきますよ。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。一家に1本必須かも(^^)/

ドアの内側を、ドア側も車体側も徹底的にお手入れしてみると、すごく気持ちいいので、オススメです!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから