タンクに保護シートを再度貼ってみる。さあどうなるか…

先日、タンクに貼ってあった透明な保護シートを剥がしました。

タンクの保護シートを剥がした後に残る糊の落とし方を解説。古くなった糊でも何とかなる!【ホンダ CBR600F】
タンクの保護シートを剥がした後に残った糊の落とし方を知る! これまでステッカーの剥がし跡の落とし方など、似たような解説をしてきましたが、また、同じような解説です。 ご辛抱ください(^^;) ...

思いの外あっさりと剥がれたのですが、このままだと、せっかく20年以上保護されてきた塗装にガッツリとキズをいれてしまう可能性があります。

たぶん、キズ入れます。

入れる自信あります(^^)

なので、キズ防止用の透明シートを貼ることにしました。

キレイになったタンクに、この透明な保護シートを貼りますよ。

パッケージの「大きな面積に最適!!」の「!!」マークが何故か時代を感じさせるんですけど(^^)

剥がしたシートのサイズを測って

これまでより少し大きめに切りました

こういったシートは角があると、そこから剥がれやすくなってしまうので、角を丸く切っておくことにしました。

この角がクセモノ

といってもハサミやカッターで切ると美しくないので、過去に登場したアレを使います。

かどまるPRO!

使い方はこちらで解説してますのでどうぞ(^^)

角を丸くする文具。ただ角を丸くするだけ。されど…
スマホのバッテリーの減りが恐ろしく早くて、ほとんど使わない日でも1日持たない。 モバイルバッテリーの力を借りないと、とてもじゃないけど外出できません。 年末年始は仕事でも私用でもたくさん使うスマホ。 年...

角っこをパチンパチンと切ると

角丸になりました

あとはしっかり貼るだけです。

位置を決めたら、しっかり貼ります

若干フチに気泡が見えますが気にしません(^_^;)

角もキレイに貼れてます

あとは、貼るときに保護シートやタンクに指の跡が付いたので、しっかりピッチレスコートを掛けてキレイにしておきます。

と、ここまでは普通です。

ただ貼っただけ。

でも、

実は、脱脂してません

ピッチレスコートで仕上げた上からそのまま貼ってます。

油分が含まれているはずのピッチレスコートの上からです。

このような粘着シートを貼る場合は、脱脂してから貼るのが普通、というか常識なんだと思いますが、あえてそのまま貼ってみました。

実験ですね(^^)

というのも、ドアノブをピッチレスコートでキレイにした上から保護シートを貼りたいけどどうなんでしょう?、って質問を時々頂くんですよね。

ピッチレスコートでキレイにした上から貼る前に脱脂すると、ピッチレスコートの成分も除去されてしまって、せっかく埋まっていたキズも復活しちゃう可能性があります。

それなら、できれば何もせずその上から貼りたいと思いますよね。

だから、実際に、ピッチレスコートで仕上げた上から貼ったらどうなるんだろう?ということで試してみました。

これは、すぐには結果が出ないと思いますので、しばらくしてからの報告になりますが、気長にお待ちください。

ま、結果は分かってるんですけどね。

このように、剥がすだけじゃなく、貼る実験もやることにしました。

…もしかしたら、同じような実験を過去の投稿でもやっているかもしれませんが、その時はあらためて、ということで(^^)

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから