ピッチレスコートで使う軍手。細かい繊維が付いたら除去すればOK【クリーティングコート相談室】

(相談)ピッチレスコートのスポンジに付いた繊維はそのままでいい?

軍手をはめてピッチレスコートを使うと、スポンジに軍手の細かい繊維が付いてしまって、そのままにしていいのか、取ったほうがいいのか分からない、ということでいただいた質問です。

実際に繊維を付けてみる

新しい軍手を使い始めると、しばらくの間、軍手の繊維がスポンジに付きます。

使う前はこんな状態
新品軍手を使って
仕上げをすると…
主に塗り込みに使った面
主にスポンジ戻しに使った面

両面にしっかり繊維が付きました。

といっても、数分使っただけなのでこの程度。

車を丸々1台仕上げたら、もっともっと付きます。

この状態でそのまま使い続けると、繊維とピッチレスコートが混ざって塊になり、スポンジで擦った際にその塊が線状に伸びて、仕上げの邪魔になります。

ですから、スポンジに付いてしまった繊維は、時々除去してください。

スポンジに付いた繊維を取り除く

このスポンジに付いた繊維を除去してみます。

ここで注意するのは、

摘んで取り除こうとしない

摘んで取ろうとすると、スポンジも一緒にむしってしまうこともあるので摘まずに取り除きます。

摘んじゃダメ

使い込んだスポンジだと新品のスポンジに比べて柔らかいので「むしりやすく」なってます。

爪が長い人はなおさらよく「むしれ」ますよ。

むしらずに、指の腹で寄せ集める

実際に寄せ集めてみると、

ココの繊維たちを
素手で持って親指の腹で
軽くサッサッサッと擦るというか撫でると
集まってきますので
それを端まで追い詰めて

最後だけ軽く摘みます(^^)

最後に気を抜くと、むしってしまうので注意です!

きれいに取れましたね
反対面もきれいになってます

寄せ集めるだけなので、難しいことはありません。

とにかく軽く擦って寄せ集めたら捨てるだけです。

擦る時は、撫でるように擦るので、

押しつぶしません!
表面を撫でるように擦るだけ

安めな軍手は、余分なピッチレスコートを吸収しやすいので、スポンジのクリーニングには使いやすいですが、使い始めは繊維が出やすいので、少し厄介というか困るかもしれません。

軍手を一度洗濯してしまっても良さそうなもんですが、この軍手、1度洗濯しただけでは取り切れませんでした。

もう少し値が張る軍手(厚みも程よくて柔らかいもの)を使うと、繊維が付きにくいかもしれませんね。

大きいサイズのピッチレスコートに付属の軍手はかなりリーズナブルなので、柔らかいけど繊維は出やすいです…

質問のお答えとしては…

スポンジに繊維が付いたら、時々除去して使ってください。

ただそれだけです(^^)

また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたです!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから