クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

クリーティングコートは一度施工したら長期間持つこともあれば持たないこともある。

アドバイス

この記事は約 3 分で読めます

よくある「持続期間」についてお問い合わせいただきました。

クリーティングコートで施工した後、繰り返し雨の中を走行したときや、青空駐車場で長期間(雨の日含む)放ったらかしたときは、クリーティングコートの成分が徐々に流れてしまうので、他社さんのような「一度施工したら○ヶ月持続」なんて長期間は持ちませんし、謳ってもいません。

雨の当たらない車庫に停めていて、雨の中走らなければ何ヶ月か持ちますが、そんな人はごく少数だと思います。

ですから、クリーティングコートを使われている方は、定期的なお手入れをされています。

言いにくいことではありますが、「持ち」を最優先としている方は、別のワックスやコーティングをお使いになったほうがよろしいかと思いますw

クリーティングコートを使うには、定期的にお手入れすることが求められます。

が、その代わり、細かい洗車キズが隠れて(隠れない洗車キズの場合でも目立たなくはなる)、艶が増すので、美しさが維持できますし、何より、お手入れのしやすい状態になるので、定期的なお手入れが億劫になることは無いと思います。たぶんですけど。

もちろん、定期的と言っても、2ヶ月毎、3ヶ月毎では期間が空きすぎなので、これではお手入れしやすい状態は維持できません。

まあ何もしていない状態よりはいいですが、お手入れしやすいとは…言えません。

クリーティングコートを使っている人は、毎週の人もいれば隔週(2週間毎)、1ヶ月毎の人もいますので、駐車場の環境、乗る回数など、ご自分に合った期間でお手入れしてください。

今日のお電話の方は、「コーティングの上にピッチレスコートを施工したら、さらに艶が増した」と喜んでくださっておりましたが、やはり持続期間が気になったそうです。

持続期間が短いことをデメリットと捉えるか、「定期的に洗車をするきっかけになる」と良い方向に考えるかは、その人次第です。

クリーティングコートを使ってくれる皆さんは、毎週洗車が基本で毎日洗車でも苦にならないような方が多めなので、メリット・デメリットで判断する人は少ないかもしれません。

ただし、住まいの窓ガラスや鏡については、持ちが良すぎて自分たちが一番驚いてますw

2年前に施工した食器棚のガラスは、ちょっとした汚れは付いてますが、今でも抜群な透明感を維持しております。

ぱっと見た感じはキレイ
よく見れば多少は拭いた跡など残ってますが、一度施工してるので楽に落ちるでしょう

※2020年12月7日に笠井工房ブログで書いたものを転載しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました