これまでブログに投稿していたクリーティングコートの使い方をこちらの「仕上げの参考書」にまとめました。

凸凹した窓ガラスの汚れ落とし。すりガラスにも応用可能。

住まいのお手入れ

とある元金属加工工場の窓ガラスに付いた油汚れの落とし方をご紹介します。

凸凹素材の汚れ落とし方法を知る!

窓ガラスといっても表面がツルッと平らなものではなく、細かい凸凹がある目隠し用のガラスです。

こんな凸凹があるガラスを窓ガラスコートでお手入れすると、乾いて白くなった窓ガラスコートが細かい凸凹に詰まってしまいます。

「擦りガラス」も同じことになり、非常に厄介です。

ではどのように凸凹したガラスをお手入れするのか、試してみましょう。

仕上げ前の状態をチェック

過去にクリーナーをタオルに付けて汚れを落としたようですが、凹の汚れは残ったままです。

黒ずんだガラス
機械油混じりの汚れ
凹に汚れが詰まってます

用意するクリーティングコートは「P113」

ガラスの汚れでも、窓ガラスコートではなくP113を使って仕上げます。

P113に付属するタオルやスポンジ以外に、いくつか用意したいものがあります。

P113・P113-IIの付属品(本体、タオル、スポンジ、竹串)
紺色ラベルのP113、P113-II
  • P113-II
    今回は、機械油も混じった汚れなので、より強力なP113-IIを使いました。
    P113を使った場合は少し手間が掛かるかもしれませんが、P113でも対応できます。
  • 歯ブラシ
    P113-IIを付けて擦って使います。
    広い面積を仕上げる場合は、歯ブラシでもできないことはないですが非常に大変。
    大きめなブラシの方が良いです。
  • 拭き取り用タオル
    P113-IIを付けて擦ったり、P113-IIが落とした汚れを拭き取る時に使います。
    面積の広いガラスを施工するときは何枚も用意したほうがやりやすいです。
P113とP113-IIの違い

P113とP113-IIはどちらも、内装などの簡単な汚れからエンジンルームのキツめの油汚れまで、様々な汚れ落としをするためのものです。

P113に比べてP113-IIの方が汚れ落としの効果が強力ですが、素材を傷めやすい、変色させやすいといった心配はありません。

施工手順

凸凹した素材はスポンジでも対応できますが、相手は大きく凸凹したガラス。

スポンジでは大きく凹んだ部分に詰まった汚れまで届きにくいので、ブラシを使ってかき出すのが効果的です。

ガラス以外でも、それなりに固い素材であれば、柔らかめなブラシを使えます。

ということで、ブラシで細かく擦っていきますよ。

凸凹したガラスはブラシに付けて擦る

まずは、汚れを含んだP113-IIが垂れることを考えてタオルを敷いておきます
泡立つほどよく振ってから
敷いたタオルの上で直接ブラシに付けて
プッシュタイプなら1~2プッシュ、トリガータイプならゆっくりトリガーを引いて2~3滴

試しに隅っこの小さい範囲を

軽く毛先が大きくたわまないように
いつもの縦横円を描くようにブラッシングすると
泡立ちながら汚れが落ちていき
ブラシも茶色くなりました
(ピントが合わず申し訳ない…)
汚れが落ちて泡が茶色くなってますね

P113が乾く前にタオルで拭き取る

汚れを含んだP113-IIをタオルで
丁寧に
拭けば

こんな小さな範囲でもこれだけの汚れが落ちたいうことで

結果はこの通り違いが出ました

あとは「P113を付けたブラシで擦る→タオルで拭く」の繰り返し

続いて、その隣を
P113-IIを付けたブラシでワッシャワッシャすると
汚れが落ちるので
乾く前にタオルで
丁寧に拭けば
しっかり落ちました
ゴムパッキンに汚れも取れたようですよ
バッチリ汚れが落ちました
同じように施工して左半分の汚れが落ちました
凹に詰まった汚れが取れたことが分かります

ここまで来て何ですが、歯ブラシの小さなブラシだと大変ですよね。

なので、直接吹きかけてから大きなブラシで擦ってみます。

広い面積は直接吹きかけて大きなブラシで擦る

直接吹きかけた時は周りにも飛ぶので、タオルなどでしっかり養生してからやりましょう。

P113-IIが飛び散ると、飛んだその部分だけキレイに汚れが落ちるので、もし壁紙がタバコのヤニなどで汚れていると、その飛んだ部分が点々とキレイになってしまい目立ちます。

そうなると、壁紙全体を施工しないといけなくなるかもしれません。大変ですよ(^^)

だから養生はしっかりとやりましょう。

周りを養生したら、直接吹きかけて
大きめの毛先の柔らかいブラシでワッシャワッシャすれば
一気に汚れが流れ落ちるので
枠までしっかり拭き取れば
うぅ…ってほどの汚れが落ちました
右側のガラス全体が明るくなりました
左側と比べるとだいぶ違いますよね
近くで見ても
さらに近くで見ても透明感が出てますね
実は、右側の窓の後ろには網戸がありました
網戸を左にずらしたら、さらに明るく見えますね

ついでにサッシの部分もやっておく

ここも
タオルに2~3プッシュ(鳥がタイプなら1~2回)して
擦って汚れが落ちたら、P113-IIが付いていない部分で乾拭きします
せっかくなのでサッシ全体をやっておきましょう
で、結果こうなりました

今回の汚れは、油分を含んだ汚れだったので、指で触るとベタベタ。

でも、P113-IIで仕上げた後は、窓ガラスもサッシも手触りがさらっとしますので、仕上げ後に一度触っていただきたいですね。

この窓は江戸川道場にあるものなので、半分だけ仕上げた状態でそのままにしておきます。

もし、左右の窓ガラスの違いや手触りを実際に確認したい時は、江戸川道場に来た時にチェックしてみてください。

今回の汚れ落とし方法を簡単にまとめる

P113の力を使った単純なお手入れです。

  1. P113-IIをブラシに吹きかける
  2. いろいろな方向(縦横円を描くように)から何度も軽く擦る
  3. 乾かないうちにすかさず乾いたタオルで乾拭きする

広い面積の場合は、

  1. P113-IIを直接吹きかける
  2. ブラシでいろいろな方向(縦横円を描くように)から何度も軽く擦る
  3. 乾かないうちにすかさず乾いたタオルで乾拭きする

どちらにしても特殊なことをしていない、いつもと同じ手順です。

凸凹がない窓ガラスなら窓ガラスコートでお手入れしますが、凸凹のある窓ガラスはP113-IIでお手入れしましょう。

ただ、凸凹のない平べったい窓ガラスでも、今回のような油分が混じった汚れやタバコのヤニが大量に付いたものは、窓ガラスコートだけで施工するのは手間がかかります。

そんな時は、はじめにP113-IIでキツイ汚れを落としてから窓ガラスコートを施工するといいですよ。

あらためて…今回使ったクリーティングコートは「P113」

P113・P113-IIの付属品(本体、タオル、スポンジ、竹串)
紺色ラベルのP113、P113-II
特殊ワックス販売 | 笠井工房の各種サービス | 笠井工房
特殊ワックスのご購入方法弊社で出張洗車、窓ガラスクリーティングの際に使用する特殊ワックス(クリーティングコート)は、皆さまにも使っていただきたく、全てのワックスを販売しています。希望されるお支払い方法やポイントなどもあると思いますので、ご希望にあったネットショップ、または、対面販売でお求めください。  専用ネットショッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました