2023年1月1日より、各クリーティングコートの付属品はスポンジと竹串のみになりました。タオルや軍手は各自ご用意ください。

本革グローブのメンテナンスをする。バイクのグローブにも有効。

住まいのお手入れ

この記事は約 6 分で読めます

本革のメンテナンスをP8コートでやってみる。

本革のブーツやジャケット、鞄や財布は、お手入れ次第で長いこと持ちます。

あじも出るので大切に扱いたいですよね。

今回は、財布と同じくらいよく使う本革のバイク用グローブのお手入れ方法をご紹介します。

仕上げ前の状態をチェック

今回のグローブは、新品で購入したものを、あえて一度洗濯してます。

理由は以下の投稿を参照ください。

今回P8コートでメンテナンスしてみるということで、あえて、洗濯後にガッツリ乾燥させてます。

本来は、乾燥させすぎると革が硬くなるのでNGのようですが、実験ですw

洗濯して乾かした後の状態がこれです。

…よくわかりません

使い込んで劣化しているわけではないので見た目では分かりませんでした。

ですが、一度(実際は二度)洗っていてだいぶゴワゴワとしてるので、硬くなりつつ革の油分が多少抜けてるハズです。

これを仕上げるにはどうすればいいでしょうかね。

用意するのは「P8コート」

P8コート以外に必要なものは、付属するタオルとスポンジだけです。

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(1個)
  • 竹串(1本)

<BASEの商品ページを見る>

以下のタオルは別途ご用意ください。

  • 拭き取り用タオル
    汚れを軽く拭き取ったり、噴霧後ある程度乾いたP8コートを拭き取るために使います。
    施工時の写真で登場するような一般的なキッチンタオル、それに似た柔らかいタオル、ウエスをご用意ください。

施工手順

P8コートを塗る・時間を置く・拭く

とにかくP8コートを塗っていく

P8コートをスポンジに付けて、塗り残し無くしっかり塗るだけです。

革には不規則なシワ、毛穴、ちょっとしたキズもあるので、スポンジでギュッギュッ押し込むように塗るのではなく、縦横円を描きながらスポンジを押しつぶさずに軽く撫でて塗るのです。

まずは手の甲部分から

手袋は手にはめてお手入れすると、やりやすいです。

利き腕と反対の手で仕上げる必要も出てきますが、急がずゆっくりとやれば仕上がりに違いは出ませんので、利き手は関係ありません。

手にはめて
よく振ったP8コートを
数滴付けます
P8コートは長期間置いておくと分離するのでよく振って混ぜましょう

あとはひたすら縦横円を描きながら塗るだけです。

シワや縫い目など、とにかく塗り残し無く塗っていきましょう。

たった数滴だけを
スポンジを押さえつけず、撫でるようにすりすりすりすり…
指のまたもすりすりと…
で、塗り終わりました。

もともと新品だったので、塗っている最中も塗り終わってからも、大きな違いはありませんでした。

全体的にしっとりして潤った感じがしてるので、問題なく塗れたといっていいでしょう。

見た目は、そう言われてみれば、って程度の違いかな?
塗ったのは左側ですよ

逆に言えば、変なテカテカした艶にはならないということです。

タイヤに塗ってもシートに塗っても、P8コートはいやらしいテカリにはならないことがお分かりいただけたかと思いますが、いかがでしょう?

ちなみにですが、

直接少量を吹きかけてからスポンジで伸ばすのもアリ

直接吹きかけちゃってもOKなので、少量吹きかけたらスポンジで丁寧に塗り拡げていきます。

スポンジで塗り拡げるのは同じですね。

ただし、直接吹きかける際は、付け過ぎにならないように注意が必要です。

このグローブはメッシュ(パンチング加工されてる)で中まで染みやすいので、今回は全部スポンジだけで仕上げてます。

次に手のひら側を仕上げてみる

手のひらをやってみましょう

手のひらでもやり方は同じ。

少量を縦横円を描きながらシワや縫い目の隅々までP8コートを行き渡らせます

縫い目はスポンジの角をうまく使いましょうね。写真はありませんが…

で、手のひら全体を仕上げれば、

んーーー…

や はり、違いは分かりませんでした。

ってことなので、両手やっちゃいましたw

右手も同じように仕上げました!

しばらく放置

塗ったP8コートが馴染む(革が吸う)までそのまま時間を置きます。

手にはめて撮ってみた、の図

早く馴染ませようと、直射日光に当てたり、無理やり温風などで乾かさないようにしてください。

馴染ませ(吸わせ)ているというよりも乾かしてるだけですからね。

タオルで軽く拭く

最後に、乾いたタオルで全体をサササッと拭くだけです。

ゴシゴシと、いつまでも拭く必要はありません。

拭き過ぎると、革が吸ったP8コートを吸い取ってしまうだろうし、表面を傷めてしまう可能性もあるので、軽くです。

軽く撫でるように拭きます
手のひら側も

これで仕上げ完了です。

相変わらずの仕上げ前後の違いの分からなさです
ちょっと色が濃くなったように見えるかな?
近寄っても見ても
元新品ですからきれいになってるのは当然か

やはり、もっと使い込んでからもう一度やってみないといけないですね。

今は、普段このグローブを使っているので、しばらく使ってからまた解説していきましょう。

手のひらに使っても大丈夫なのか?

ココまで来て、気になった人もいるかもしれませんが、手のひら側に使ったら滑って危ないんじゃないかと。

グリップとかペダルなどに塗ったら確実に滑りやすくなるので注意は必要(というより、やってはダメ)なのですが、本来は手袋の場合も同じです。

ですが、グリップやペダルなどと違うのは、本革ということです。

本革はP8コートを吸いますが、合成皮革や人工皮革、合成樹脂は吸いません。

合皮は塗ったP8コートが常に表面に居座るので比較的滑りやすいのですが、本革はある程度吸いますので、合皮のような滑りは無いハズ。

実際に操作してみる

グリップを握ってひねっても
レバーを握っても
2本で握っても
4本で握っても

滑る気配無し。

実は、もっと恐ろしく滑るんじゃないかと思っていたのですが、全くといっていいほど滑らなかったですね。

もともと本革グローブは滑りにくいですもんね…

もちろん、P8コートをジャブジャブ使っていたらアレですが、適量使う分には問題はなさそうでよかったです。

仕事で雨の日も走りましたし、長距離も走りましたが、問題無しでした。

最後に、ちょっといやらしいこと書きますが、何かあっても責任はとれませんのでどうぞよろしくお願いします。

一応書いておかないとねw

今回の方法を簡単にまとめる

  1. P8コート用のスポンジにP8コートを少量付ける
  2. 丁寧に細かく縦横円を描きながら塗る
  3. 乾いたら(馴染んだら)乾いたタオルで拭く

あらためて…今回使ったのは「P8コート」

直ぐに使い始められるスポンジ等が付属します。

  • スポンジ(1個)
  • 竹串(1本)

<BASEの商品ページを見る>

クリーティングコートのお求めはこちらからどうぞ

ご留意ください

各クリーティングコートで全ての素材、汚れをテストしたわけではありません。

場合によっては、汚れが落ちない、素材に跡が残る、なども考えられますので、初めてお使いになるときや、初めてお使いになる素材のときは、一度目立たない部位でお試しいただいて問題が無いことを確認してからお使いください。

住まいのお手入れ
笠井工房をフォローする
笠井工房 仕上げの参考書
タイトルとURLをコピーしました