クリーティングコートの様々な使い方を写真や動画を使ってできるだけ細かく解説します。

色あせた黒色ミラーを何とかする。前回と全く同じ!【ホンダ スペイシー100】

バイクのお手入れ

この記事は約 5 分で読めます

色あせた黒色ミラーを黒々にする方法を知る!

今回も、代車として借りたバイクの白く色あせたプラスチックのミラーをお手入れしてみます。

場所が違うだけです。

素材は似たようなものですから、同じようにキレイにできるはずです。

結果はウスウスお分かりかと思いますが、お付き合いください(^^)

仕上げ前の状態をチェックです!

真っ白です。真っ白です。

左側も真っ白です。

どこも真っ白。

本来は黒々してたと思うんですけど。

用意するものはこれです。

P8コートに付属するスポンジとタオルです。

P8コート
黒色素材にはコレです。
タオル
仕上げ前と仕上げ後の拭き取りに使います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。

P8コートの力をしっかり使うこと。

使い方はP8コートをスポンジで塗って乾いたら、タオルで軽く撫でるだけ。

ホント、簡単なんです。

まずは、簡単な汚れを落とす

P8コートを塗る前に、水洗いで落ちる汚れだけ落とします。

汚れが酷くない時は、P8コート用のタオルで軽く拭くだけでもいいです。

表面に載っかった汚れだけ

ゴシゴシは不要です。

やっても、一時的に白さが消えるだけで、すぐ元に戻ります。

ここから肝心のP8コートを

P8コートを塗って塗って塗りまくる!

とにかく、P8コートをスポンジに付けてムラなくしっかり塗るわけです。

ボトルをよく振ってからスポンジに数滴付けて、

いつも通り、縦横円を描きながら

スポンジに力を入れずに塗っていくだけで

半分仕上がりです。

拡大してみるとどうでしょうか。

社名の凸凹や黒さ加減は。

違いがハッキリしすぎてますね。黒々です。

こうなったら調子に乗ってどんどんいってください。

でも、焦りは禁物。

急いで仕上げたところは、後から見ると残念なことになりますのでね(・∀・;)

ミラーほどの面積なら付け足さずに

塗って

塗って

塗って

細部も塗り残し無く塗っていくと

ミラー部分は完成

もし、こんな感じで塗った跡がスジ状に残っていたら、

途中の写真でアレですが・・・

スポンジを押さえつけずに軽く撫でれば、スジは消えます。

やり方は、こちらでも解説してますからご覧ください。

色あせた黒色プラスチックを何とかする。定期的に表面を保護すべし!【ホンダ スペイシー100】
色あせた黒色プラスチックを黒々にする方法を知る!今回は、代車として借りたバイクの白く色あせたプラスチックのパーツをお手入れしてみます。色あせは、素材自体が変色したもの。何をしようが素材自体が復活することは無いと思いましょう。「シボ」というか

どうしても消えない時は、タオル拭きの時に落としましょう。

続いてステーも仕上げてしまいます。

スポンジをそのまま使って、塗り跡がかすれるようなら、もう一度P8コートを付け足しましょう。

ステーを

半分、縦横円を描きながら塗れば、

こう。

続けて全部塗ってしまうと、

完成です。

ステーの下の部分は凸凹してますが、スポンジを今までより押さえつける必要はありません。

今までの押さえつけ加減で十分仕上がります。

仕上げていない左右を比べると、

違いが分かりますか?

左のミラーも一気に仕上げていくと、

もう1度P8コートを付けて塗って

塗って

塗って

塗って

塗って

塗って

塗れば

まっくろ黒ですよ。

ステーも塗って

塗って

こちらもまっ黒。

もうね、「塗って」しか書くこと無いんです。

塗ってるだけだから(^_^;)

だから、このやり方は、はじめに書いたように、

塗りムラが無いように、塗って塗って塗りまくる

これだけです!

P8コートが乾いたらタオルで拭く!

全体を塗り終わりました。

あとは少しだけ(30分~1時間ほどで十分です)P8コートを乾かします。

乾く間に、さらに汚れを浮き上がらせてくれるので、塗ってすぐに拭くよりも、少し時間を置いてからの方が効果的です。

乾いたタオル(P8コート用のタオル)で軽くササッと拭いていきます。

ミラーも拭いて

ステーも拭けば

完成です。

タオルで拭き取ったのは、あくまでも塗りすぎた余ったP8コートの成分です。

塗った素材にはP8コートの保護膜がしっかり残りますので、汚れが付き難く、素材の劣化防止に役立ちます。

仕上がりを確認

しっとり黒くなりましたねー

左右とも黒々です!

【※重要※】キレイになりましたが…

前回も書きましたが、もう一度。

塗った先から黒々と変わっていきましたが、先にも書いたように、素材自体を復活させたわけではありません。

表面を覆って色艶をキレイに、そして、これ以上の劣化をできるだけしないように(完全に劣化を防ぐことはできません)してくれます。

P8コートを吸収しやすい素材、吸収し難い素材がありますが、この素材は吸収しにくいです。

ですから、表面のP8コートが雨や洗車で流れ落ちたり、時間が経って皮膜が薄くなったら、また元の色が戻ることがあるのです。

1度キレイにしたからといって、ずーーーっとこの状態が保てるということではありません。

この状態で維持したい場合は、面倒がらずに定期的に同じ仕上げをすることです。

一度使えば永久に。なんてことはありませんので、お間違いなく!!

もし、こんな白くなるのは嫌だ!!という方は、

定期的にお手入れしましょう。

素材が白くなるのを防止してくれます!

車・バイクを買われた方、是非、納車されたその日のうちにやってください!

白くなってから後悔しないようにはじめのうちに!!

今回の汚れ落とし方法を簡単にまとめると、

  1. 水洗いやタオルで汚れを粗取りして
  2. P8コートをスポンジで塗って
  3. 乾いたら、タオルで拭き取る。

スポンジやタオルなどでゴシゴシしません。

擦る力で落とすのではなく、P8コートの力を使って落とすのです。
最初に書いたように、

P8コートの力を存分にしっかりと使いましょう。

今回の素材は、塗装などと比べて傷が入りにくいですが、力ずくはダメ。

他のクリーティングコートでも全て同じですよ。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

P8コートです。もしよろしければ…

ゴム、革(濃い色)、プラスチックなど黒色素材に適しているのがP8コートです。タイヤ、ゴムホース、今回のようなプラスチックなどにお使いください。

ただし、バイクのグリップや車のハンドル、ペダル類には絶対に使わないこと!

危険ですからね。ホントに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました