これまでブログに投稿していたクリーティングコートの使い方をこちらの「仕上げの参考書」にまとめました。

手アカで汚れたスイッチの汚れ落とし。直接吹き掛けられなくても何とかなる。

住まいのお手入れ

簡単な汚れ落とし方法を知る!

ほぼ毎日触る照明器具のスイッチは、汚れがよく付きます。

触れる部分は汚れが残りにくいですが、触れることが少ない部分はしっかり残ります。

さぁ、汚れがタップリ付いたスイッチがどう変わるか、試してみましょう。

今回も同じ作業の繰り返しなので、「ゴシゴシ」連発で飽きると思いますが、どうぞご辛抱ください。

仕上げ前の状態をチェック

触るのを躊躇う状態…
指が触れる部分は汚れてないけどそれ以外は黒い

用意するクリーティングコートは「P113」

P113・P113-IIの付属品(本体、タオル、スポンジ、竹串)
紺色ラベルのP113、P113-II
  • P113
    今回は、P113を使いました。
    P113-IIが出るまでもないかなと思いまして。
  • タオル
    P113を付けて擦ったり、P113が落とした汚れを拭き取る時に使います。
P113とP113-IIの違い

P113とP113-IIはどちらも、内装などの簡単な汚れからエンジンルームのキツめの油汚れまで、様々な汚れ落としをするためのものです。

P113に比べてP113-IIの方が汚れ落としの効果が強力ですが、素材を傷めやすい、変色させやすいといった心配はありません。

施工手順

タオルに付けて擦る

このスイッチのような凸凹した部分はブラシでこする方が効果はありますが、照明器具のスイッチなので、もし隙間からP113が染み込んで電気の流れる端子と接触してしまったら大変です。感電です。

なので、タオルに付けて擦るようにしましょう。

中身が泡立つほどよく振って
2~3プッシュ(トリガータイプなら1回引いて)
付いたのが見えるかな?
例の「縦横円を描くように」とにかく擦ります
軽く縦横円をしただけで
この汚れは簡単に落ちちゃいましたね
汚れがしっかり落ちてます
あとは同じように擦っていくと
ゴシゴシ…
ゴシゴシ…
ゴシゴシとしたら
半分汚れが落ちました

P113が乾く前に拭き取る

仕上げに、タオルの綺麗な面で
拭き上げれば
これで半分終わりです
近くで見ても、細かい凸凹の汚れも落ちたことが分かりますね
施工する範囲が広い場合は狭い範囲毎に仕上げる

施工する範囲が今回のように狭ければ一気に仕上げることもできますが、範囲が広いときは小さい範囲(15~20センチ四方ほど)毎に仕上げていきます。

広い範囲を一気にいってしまうと、途中でP113が乾いてしまい汚れを含んで浮いたP113が拭き取りにくくなり、また、汚れが落ちた部分とあまり落ちていない部分の差ができやすく斑に見えてしまうので、狭い範囲毎に仕上げるようにしましょう。

あとは「P113を付けたタオルで擦る→タオルで拭く」の繰り返し

写真の解説も書いてることは変わらないので、写真を追うだけで十分です。

2~3プッシュして
軽く縦横円でゴシゴシ
(この素材なら力を強めにしても問題なしです)
ゴシゴシ…
(あと3回ゴシゴシが続きます)
ゴシゴシ…
ゴシゴシ…
ゴシゴシすれば、もうおわかりでしょう
はい落ちました
最後にタオルのきれいな面で仕上げ拭きをすれば
いい感じ

それに、触り心地もサラサラっとして気持ちよくなっているはずです。

ただし、

ゴシゴシしたところはきれいになりましたが、凹んだ文字には汚れが残ってます
こちらの凹んだ文字もちょっと汚れ気味

スイッチ類の凸凹に詰まった汚れは、タオルでは落ちにくいことがあります。

汚れまでP113もタオルの繊維も届きませんからね。

歯ブラシにP113を付けて汚れを落とせば綺麗になりますが、今回のような照明のスイッチの場合、はじめに書いたように液体のP113が原因で感電など危険なことが起こる可能性がありますので、今回はブラシ類を使わずに仕上げました。

もし上のような細かい凸凹に詰まった汚れが気になるようなら、カバーを取り外してから、ブラシにP113を付けて汚れを落としてください。

スイッチ近くの凹んだ文字も綺麗にはなりますが、諦めた方が安心です。

今回のスイッチの汚れ落とし方法を簡単にまとめる

P113の力を使ったお手入れです。

  1. P113をタオルに吹きかける
  2. いろいろな方向(縦横円を描くように)から何度も軽く擦る
  3. 最後に乾く前にすかさずタオルの綺麗な面で乾拭きする

P113の使い方の中で一番簡単な方法ですね。

あらためて…今回使ったクリーティングコートは「P113」

P113・P113-IIの付属品(本体、タオル、スポンジ、竹串)
紺色ラベルのP113、P113-II
特殊ワックス販売 | 笠井工房の各種サービス | 笠井工房
特殊ワックスのご購入方法弊社で出張洗車、窓ガラスクリーティングの際に使用する特殊ワックス(クリーティングコート)は、皆さまにも使っていただきたく、全てのワックスを販売しています。希望されるお支払い方法やポイントなどもあると思いますので、ご希望にあったネットショップ、または、対面販売でお求めください。  専用ネットショッ...

タイトルとURLをコピーしました