バイクのETCは自分のような小心者には必須。でも注意が必要です。

いつもの仕事用バイクにもETCの車載器が付いてます。

メーターフード?の上のインジケーターがソレ

おかげで、料金所でもたつくことがなくて助かってます。

自分の場合は、焦ることが多いので、必須かもしれませんね。

後ろに車の陰が近づいてきただけで焦るし、お釣りの小銭を落としたらパニックです(^_^;)

以前仲間入りしたこのバイクにもETCの車載器が付いてます。

いつみてもキレイ(^^)

が、このバイクに使うETCカードが無かったので新たに作ることにしました。

※仕事用とプライベート用とでETCカードは分けてます。いちおうね。

そのカードがようやく届いたので、しっかりセットして出発!っていきたかったんですが、生憎の台風で、高速道路を使ってツーリングするのは、まだ先になりそうです。

早く走りに行きたいですね。

カードが届いて

セットしてみたのにね

このバイクの場合もETCカードは入れっぱなしにすることはありません。

車載器が丸見えで、カードが抜き取られる可能性が非常に高いですから、その都度抜き差しです。

アンテナ一体型車載器を付けている方は、気をつけないといけないんですよね。

ところで、バイクの場合、ETCのレーンってどこ使ってますか?

バイクに乗られる方も車に乗られる方もご存知だとは思いますが、念のために書いておきましょう。

こんなふうにたくさんゲートがある料金所の場合は、どこにするか考えますが、バイクの場合は基本、左端の方を使いますよね。

料金所手前の看板にも、左側を使うように書かれてます。

左端のレーンを意味してるかは分かりませんけどね(^_^;)

バイクの免許を比較的最近取ったので、教習所でもそのように教わりました。

教官からは「死にたくなかったら左端のレーンを使え」と

走行車線をそのままの流れでETCレーンを通過できれば、減速するだけでいいし、端のレーンを使うよりも、合流も無いし楽ちんです。

でも、これは通過できればの話。

車が数珠つなぎになって走っている時に、目の前の車や数台前の車がETCレーンを通過できなくて急ブレーキを掛けた場合どうなるでしょうね。

自分が止まれたとしても、後ろの車に追突されるかもしれません。

すでにETCレーンに入ってしまった場合は、目の前は車に塞がれているので、避けようがありませんよね。

後ろに車がいた場合は、前の車と後ろの車との間に挟まれて潰される危険があるのです。

怖いですねー

普段から高速道路もバイクで走りますが、車間距離が近すぎる車が多いので、潰される可能性は、非常に高いです。

だから、

前後を車に挟まれて走っているときは、左側の端に近いレーンを通過するようにします

あまり左端のETCレーンを使う人は少ないですからね。

前後を車で挟まれることは減るので、これで車に挟まれて潰される可能性は低くなります。

前に車がいなければ、後ろに車がいても、もし自分がカードの期限切れなどでETCレーンの開閉バーが開かなかったとしても、開閉バーの隙間から逃げられますので、何とか事なきを得られます。

自動車の場合、開閉バーが開かなかった場合は停車するように指示されていますが、バイクの場合は、追突されることも考えて通過してしまいましょうね。

開閉バーには隙間がありますから、しっかりよければバーにぶつかることも無いでしょう。

もちろん、開閉バーが開かないのに通過してしまったら不正通行になるので、すぐに道路を管理する会社に連絡することです。

バイクにお乗りの方は、死なないためにも、左端のレーンを使うことをおすすめします。

あ、ETCレーンが少ない料金所の場合は・・・前後の車に注意して通過してください(^_^;)

なーんて格好つけて言ってみました!(`・ω・´)ゞ

それではまたです。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから