他出品者の商品は「正規品」と書いてあるけど、そちらの商品は正規品ではないの?というご指摘。

お客さまから、他出品者の商品には正規品と書いてあるけど、そちらの商品は(正規品と書いていないから)正規品ではないのですか?というご指摘をいただきました。

結論からいいますと、弊社で扱う商品は全て正規品です。

製造元の師匠から直接仕入れており、師匠自ら直接江戸川道場に届けてくれます。

10日ほど前の連休前にも届けてくれました。

超多忙なのに、いつもありがとうございます!

たまに、急ぎのときはクロネコさんが届けてくれますけどねw

正規品では無いということは、どういうことなんでしょうか。

自分たちが扱っているものと同じものを別の誰かが作ったモノ(コピー商品)ということなのか、それとも正規ルート以外から仕入れたものということなのか、正規販売店から買ってそれを怪しい闇ルートwで仕入れてるのか、そんなところでしょうか。

あるとしたら、正規品を手に入れて安く手に入る溶液で水増しして販売するとかは、考えられなくはないですが、そこまでしてやる人がいるのかは、なんとも微妙です。

ただ、某オークションなど我々の仕事仲間以外で、我々より安い値段で大量に販売している人がいたら要注意です。

どちらにしても、コピー商品を作っている人や正規じゃないルートから仕入れている人を知らないので、我々からしたら正規品以外を手に入れることのほうが難しいです。

そもそも、ネット上で「正規品」と書いてある商品のうち、その商品を作っているメーカーのお店(直営店やAmazonだとブランドのストアとか)以外のお店が扱うもので本当の正規品ってどのくらいあるんでしょうかね。

判断する術が無いので、全くわかりませんw

「正規品」という言葉だけなら誰でも書けちゃうし、偽物でも売れればいいと思っている人ならまっ先に書きそうなので、正規品とは書いていない=偽物と直ぐに判断するのは怖いですね。

自分が何か物を買う側だとしたら、もし正規品とそうじゃないものと判断に迷ったら、それを扱うメーカーなり販売店の情報を見て(ホームページやSNSになりますね)判断します。

でも、結局画面上で判断するだけなので、その販売店が嘘をついていないとも限らない。

そう考えていくと、疑心暗鬼に陥りますw

どうやっても怪しさが払拭できなければ、最終的にメーカーの直営店で買いますね。

真偽を見分けるのはホントに難しいものです。

この投稿のはじめに書いた「弊社で扱う商品は全て正規品です」だって、言葉では書いてあるけど実際は分かりませんものねw

どうしたらいいんでしょ?

念のため、各ネットショップの商品名に「正規品」と書くのは何か面白くないので、商品説明欄にでも書いておきます。

偽物じゃないの?って疑いの目で見られた時のいい方法、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

そう疑われることが減るように、この人から買うものは信用できる、この人に任せておけば安心、な人間関係や繋がりを、今まで以上に作っていくしかありませんね。

その点、出張洗車は信用と人間関係で成り立っているので、そんな疑いの目では見られることがなく助かってますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました