クリーティングコートの海外発送ってできるのかな?軽く調べてみた。

海外へ発送する予定は今のところ無いですが…

来店された方とお話をしていたときに、クリーティングコートは海外発送できるのかな?って話題になりました。

まだ海外への発送はやったことが無いですが、危険物扱いになるクリーティングコートはどうやって発送するんでしょうかね。

日本国内でも航空便ではNG、陸送+船便になるので、海外も航空便は不可になるんでしょうか。

今後のためにも、今のうちに調べておいたほうが良さそうなので、Webで軽く調べてみます。

普通に送れるんですけどね(^^)

普段利用している日本郵便で海外に送れる?

海外に発送したい BIZPOST - 日本郵便
日本郵便株式会社の公式Webサイトです。海外に広がる郵便・物流ネットワークを活用した、グローバルビジネス向けの配送サービスをご紹介します。国際郵便で最速のサービスや、関税元払いや複数個口扱いへの対応など、世界をフィールドに躍進するビジネスをバックアップします。

どのサービスでも送れるようですが、サイズや重さや料金はいいとして、液体や危険物扱いになるものが送れるのかが一番の問題です。

こちらの「国際郵便では、航空危険物を送ることができません」「お引き受けできないもの」を見てみると…

国際郵便では、航空危険物を送ることができません。 - 日本郵便
航空危険物(郵便物を搭載する航空機等に危険を及ぼす可能性がある爆発物等)がないか、送る前にご確認ください。
お引き受けできないもの - 日本郵便
UGXは、お客さまのビジネスを支援する、確実な国際宅配便サービスです。
  • 引火性液体および固体、可燃性固体
  • 航空危険物と定義されるもの
  • 液体

該当しまくってますので日本郵便では無理みたいですね。

日本郵便以外で海外に送れる?

他社さんについても調べましたが、普通というか一般的な海外へ発送するサービスだと難しいみたいですね。

で、ですね、運送会社別に調べてましたが、単純に「海外 発送 危険物」のキーワードで調べたら、あっさり対応している会社が出てきました。

DHL、FedEx、UPSといった聞き馴染みのある会社や、国内の初めて聞く会社(ただ自分が知らないだけです…)でしっかり危険物にも対応しておりました。

https://www.dhl.co.jp/ja/express/shipping/shipping_advice/dangerous_goods.html
梱包方法と梱包材 | FedEx 日本
FedEx日本が提供する様々な種類の梱包材と、国際貨物を発送する上での梱包方法をご覧ください。
危険品の出荷 | UPS - 日本
Shipping Dangerous Goods Globally
危険品の海外配送、海外物流なら株式会社ノーパット
危険品の海外輸送でお困りの方はノーパットまでお問い合わせください。IATAに準ずる危険物でもピックアップから梱包、海外への配送、デクラレーション書類(危険物にかかわる必要書類)の作成代行含め、すべてバックアップいたします。

国内のサービスも他にもたくさんありましたが、このへんにしておきます。

DHLによると、お取扱禁止品目に書かれているものは「危険廃棄物」と「軍需品」。

英語で作った書類の提出など色々と手続きがあってハードルが高いのと、送れない地域・国もあるようですが、さすがにクリーティングコートが危険廃棄物や軍需品には該当しないので、 できないことはないハズ。

ピッチレスコートを戦闘機のキャノピーに使ったら軍需品になるのかな?w

こんな感じなので、問題なく送れそうです。

その前に、危険物に該当するとさらに運賃が上がって、商品の何倍もの送料がかかってくるのと思うので、よほどの人にしか買ってもらえないでしょう…

もし海外で出張洗車をしたい人や使ってみたい人が現れたら、すぐに全力で調べて対応しますが、ひとまず、Webで簡単に調べられるだけにしておきました。

結論は、「海外にも送れる」です!

追記:安全データシート(MSDS)なるものが必要らしい

どうやら海外に発送する際は、安全データシート(MSDS)なる書類の提出が必要とのことですが、残念ながら、安全データシートはございません!

ということは、送れないのか?

でも航空便でなく船便でなら送ったことがあるという話を聞いたので、今後、そのへんを調べる必要がありそうですよ。

あとは、船便だと1ヶ月単位の時間がかかるそうなので、そのあたりをどうするかですね。

また宿題が増えましたw

だれか詳しい人、教えてくださいっ!

タイトルとURLをコピーしました