無数に付いた洗車傷を目立たなくさせる方法を解説。ここまでの傷だとガッカリだけど何とかなる!【レクサス LS460】

傷だらけのボディにさらに付いた擦り傷を目立たないようにする方法を知る!

今回は、ボディに無数に入った洗車傷と、その上にさらに入った擦り傷を目立たなくさせる方法を、解説していきます。

元の状態が、

どうしてココまでに・・・

ってほど傷だらけのひどい状態ですが、ピッチレスコートを使ってどこまでキレイに隠せるかやってみます。

駐車場の明るさの関係で、写真が白っぽくなっています。

でも傷の状態と仕上がり後の状態が分かればいいので、写真のクオリティには目をつぶって頂けると助かります(^^;)

仕上げ前の状態をチェックです!

とにかく見ていただければ。

言葉もありません…絶句です

さらにこんな傷が追い打ちをかけます…

この写真は水洗い後の様子です。

普段定期的にお手入れしている車とは、次元が違う状態です。

洗車傷の上に付いた引っかき傷、

肉球の跡がハッキリと付いてます

ネコが両手でよじ登った跡ですね。

必死だったのかな??(・∀・)?

走った後のボンネットは暖かいもんね(・∀・)

用意するものはこれです。

ピッチレスコートに付属するスポンジとタオルです。

ピッチレスコート
ボディにはコレですね。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。塗る以外にも使うんですよ。

ピッチレスコートには研磨剤・コンパウンドは一切入ってません。

ですから、無数に入った傷を削り取って目立たなくするのではありません。

傷を埋めて目立たなくさせる!

です。

どうしても、スポンジでゴシゴシ傷を削っているように見えるんですね。でも埋めてるだけ。

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートが持つ傷を埋める効果をしっかり使います。

汚れが載っかっていても、こびり付いていても、同時に落としてくれるので、汚れ落とし効果も使いますよ。

使い方はスポンジで塗りこんで、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

このようにピッチレスコートがスポンジに付きます。

2回も3回も付ける必要はありません。

たった1回です。普段よりちょっと少なかったですが、これでも充分。

滑りが悪くなったり、傷が埋まりにくいと感じたら、追加で1回だけ付けます。

まず、2つの引っかき傷のうち、左側の傷を隠してみますよ。

指先に力をかけずに、縦横円を描いて塗ると、

塗った跡がハッキリ見えますね。

これを力を抜いてスポンジ戻しすると、

スポンジ戻しは「塗ってボディ表面に余ったピッチレスコートをスポンジで吸い取る方法」です。詳しくは コチラの記事 を参考にしてください。

丸く色が濃くなったのが分かりますか?

フラッシュを使うと、傷の反射具合が変わりましたね。

色が濃くなっていることも分かりますね。

これが、ピッチレスコートが傷を埋めた状態です。

続いて、右側の引っかき傷を目立たなくしてみましょう。

なかなかの状態の引っかき傷です。

同じく1回だけ付けて縦横円を描きながら塗っていくと、

塗っただけでも下半分が目立たなくなり、

スポンジ戻しをすれば、仕上がり。

残りを、ピッチレスコートを付け足しせずにそのスポンジのままいくと、

またまた同じく縦横円を描きながら塗れば、

消えましたね。

消えたって表現が合っているのか分かりませんが、ピッチレスコートが傷に入り込んで、目立たなくなったので、消えたような状態になりました。

今回はほぼタオルなしで仕上げました。

最後に質感と仕上がりの確認をしたくらいで、スポンジだけの仕上げです。

スポンジ戻しをうまく使えば、誰でもできます!!(`・ω・´)ゞ

実際の見た目は、見る角度によっては、うっすらと傷が見えていますが、かなり目立たなくなっています。

ただ、写真にはうまく撮れていないので、実際に近い状態をお見せできないのが残念ですが、

ここまで目立たなくなれば、「どうしよう・・・」って落ち込んでいたとしても、少しはホッとできるような気がします。

全体的に仕上げた状態がこれ

目で見える状態に近い写真って、撮るの難しいですね。

でも、この見にくい写真でも、少しは分かって頂けたらありがたいです_(._.)_

今回のキズを目立たなくさせる方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの基本を使えば、難しいことは一切ないです。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

前にも何度も書きましたが、

これが基本の「き」です。

この基本通りできれば、誰がやっても傷は目立たなくなるし、艶も出て色が濃く見えてキレイになるんですよ。

始めて使う方は、ピッチレスコートのスポンジの使い方を解説 でご紹介しているように、スポンジを作りながら力加減やスポンジ戻しを練習してからキズ消しに挑戦してみましょう。

丁寧にやれば、初めてでも誰でもできます!

ただし!このきれいな状態がずっと続くわけじゃない!

ピッチレスコートが傷を埋めて、きれいな状態になりました。

ですが、傷はピッチレスコートで埋まっているだけです。

強力で硬い皮膜を作るガラスコーティングなどとは違い、

柔らかく少しずつ痩せていくワックスの皮膜なので、1回ピッチレスコートでキレイにしたからといって「その後1年は水洗いだけで大丈夫」なんてこと無いです!

だから、初めて使う時は、初めの1ヶ月は毎週。その後は2週間毎など、定期的にお手入れしてくださいね。

1回目は時間がかかりますが、2回目以降は段々と楽になるので、是非、定期的なお手入れをやってみてください。

使い方にも慣れて、楽ちんなのにキレイな状態が維持できるようになりますよ。


各ワックスの紹介ページに、今まで書いてきた使い方をまとめていたら、ピッチレスコートの使い方が圧倒的に多かったです。

見た目の変化が大きいので仕方無いですが、他のワックスの使い方ももっとたくさん紹介してくようにガンバリマス!!!

って言っている先からピッチレスコートの使い方をご紹介しました!(・∀・;)

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから