雨が降った後に残る黒い汚れ除去方法を解説。水洗いだけでは落ちない汚れを落とすにはコレ!【トヨタ クラウン】

雨降り後の汚れの落とし方を知る!

多くの人が気になる汚れの落とし方を解説します。

この質問かなり多いです!

水洗いだけじゃ落ちない、シャンプーでもキレイに落ちない、水アカクリーナーはコンパウンドが入っているし、困りましたね。

もう、このやりかたしかない!ことはないでしょうが、有効な方法なので、お試しくださいね!

仕上げ前の状態をチェックです!

雨降り後に乾いた状態がこれです。

一目瞭然です。

何でしょね?この黒いブツブツ。

手入れしてないなって思われそうで、こういった汚れもイヤですね。

では、どんな感じで落ちるかご覧いただきたいですが、超ーーー簡単に落ちるので、それだけかよ!って思わないでね(^^)。

用意するものはこれです。

ピッチレスコートに付属するスポンジとタオルです。

ピッチレスコート
ボディにはコレですね。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。塗る以外にも使うんですよ。

何度も言います。聞き飽きた?でも言います!

ピッチレスコートには研磨剤・コンパウンドは一切入ってません。

ですから、水アカクリーナーのようにコンパウンドで汚れを削り落としていいません。

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートが持つ汚れを落とす効果をしっかり使います。

キズを埋める効果もね。

聞き飽きますよねー。毎回ですからねー。

でも、他の言い方が見つかるまで同じこと書きますよ!

使い方はスポンジで軽く擦って、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ると、ピッチレスコートがこんな感じでスポンジに付きます。

1回ですね。

逆に2回も3回もつけないでください!(^^)

あとは軽く撫でるだけ。

ピッチレスコートは、

汚れを溶かしながら落とす

ので、力は不要。強く力を入れてはいけません!

撫でます。

下はダメな例。

スポンジを潰しすぎです。
力で掻き取ろうとしてはダメです。

この汚れは、ピッチレスコートで溶かしながら落とせるはず。

スポンジを潰してはダメです。

多少、力を入れたからといって、傷が入ることはまずありませんが、入れないに越したことはありません。

で、結果はというと、

落ちちゃった。
ちょっと擦っただけなのに・・・

もっと慎重に写真を撮ればよかった・・・

後戻りできない・・・

仕方ない・・・

だから進めます!

少しだけ残った汚れを落としちゃうと、

ま、当然こうですよね。

それだけかよ!でしょ?(^^)

あっさりなんです。

こんな隙間は、ドアを開けて内側から攻めればOKです!

で、仕上がりを確認してみると、

角度を変えてみましたが・・・

光の当たり方が微妙・・・

汚れが落ちたのは分かりますが、磨き傷の入り具合など表面の様子が分かりにくいですね。

でも、表面の洗車傷は見えないんですよ。ホントに。

これは言いにくいですが、下の方に汚れが残ってました!Σ(・∀・;)

詰めが甘いですね・・・

汚れの正体は何だろう?

はい、これはグリスです。

雨によってドアのグリスが少し流れ落ちたのです。

今回仕上げた車は、個人タクシー。

ちょうちんタクシー

リアドアは自動ドアに改装されていて、機械部分にはグリスがたっぷり塗ってあります。

このグリスと汚れが流れ落ちたんですね。

触ると少しベタついてました。

ベタベタ・・・

普通の車でも、ドアの内側に錆止めとしてのワックスが注入されていることもあって、僅かだと思いますが水抜きの穴から水と一緒に流れ落ちます。

その汚れも黒いスジになって同じように残るので、これまた同じように対処してくださいね。

あと、ドアノブやミラーの下にも垂れた跡が付きますが、これは汚れを含んだ雨水が流れ落ちて水アカや汚れとして残ります。

こんな感じ

これまた同じように対処すればキレイになりますよ!

今回の汚れ落とし方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの溶かして落とす力をしっかり使う。それだけ。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 撫でるように擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

実際は、今回はタオル拭きしてません。

スポンジ戻ししただけでキレイにムラ無く整ってしまったので、タオルは使いませんでした。

それにしても、楽すぎて、たいした解説にはなりませんでした。

もっと、「これがどうして、ああで、こうなる!」ってカッコよく解説したかった。。。

では!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから