ゴム部分の細部の汚れ落としを解説。力任せに落とすのではなく浮かせて掻き出す!【トヨタ クラウン】

ゴム部分の細部の汚れをキレイに落とす方法を知る!

今回は、トヨタ クラウンの細部に溜まった汚れをP113で落としてみます。

バンパーの塗装面に接した白い(はずの)ゴムとその隙間の汚れは、力を入れてゴシゴシやりがち。

素材が違うので、やり方が分からないってこともあるそうですよ。

接する素材が違っても問題なし。

仕上げ前の状態をチェックです!

この車は、毎日何百キロも走る個人タクシー。頻繁にお手入れしないと汚れますよね。

この部分・・・分からない?

ここです。赤丸で囲った部分を拡大したのが下の写真です。

向かって左側。
ゴムも隙間も汚れてます。

向かって右側。タイヤに近い方ですね。

汚れ落としにはP113 or ピッチレスコート?

今回の汚れ、素材にはどちらを使うか悩みますが、

では、どちらを使うかといいますと…

ピッチレスコートでもP113でも、どちらでもしっかり落ちます。

方法はどちらもだいたい同じなので、お持ちの方のクリーティングコートをお使いください。

用意するものはこれです。

P113に付属するタオルと、普通の歯ブラシです。

P113
色々な汚れにはコレが必須です。
タオル
浮いた汚れを拭き取るために使います。
歯ブラシ
普通の歯ブラシで十分です。硬めより柔らかめの方がいいですけどね。

とにかく汚れを浮かせて擦って掻き出します。

直接P113を吹きかけるか、歯ブラシに付けて、

汚れを浮かして擦って掻き出すのです。

擦る時に力はいらない。いつもの基本です。

いつも通り、よく振ります。

今回は直接吹きかけます。
すぐに下に垂れるので、タオルでキャッチしてくださいね。

タオルを当てながら歯ブラシで軽ーーーく撫でます。

力を入れてるようにも見えますが、ホントに力入れてないんです。

歯ブラシを当てる角度は塗装面に対して水平?ですよ。
ゴムの部分は垂直に当たっても大丈夫ですが、塗装面に垂直に当てればキズが入るかもしれませんからね。

いくら柔らかい歯ブラシを使っても、押し付けてはいけません。ご注意を。

浮いて掻き出された汚れ。

あとはタオルで拭き取ると、

こうです。元の色はこうでした。

タオルにはこれだけの汚れが付きましたよ。

一番汚れが溜まった部分をキレイにする

続いて、一番汚れていた左端にもP113を吹きかけて、

軽~~~く歯ブラシで撫でると、

泡立ちながら汚れが落ちます。

端まで撫でると、

真っ黒な汚れを含んだP113が垂れるので、

下まで垂れないようにすぐタオルで拭くと、

出来上がりです。

歯ブラシが汚れたら

使っているうちに歯ブラシも黒くなるので、時々拭き取りましょう。

真っ黒に汚れた歯ブラシも、

タオルに押し付けると、

かなり落ちます。

まだ黒く汚れが残っている時は、P113を少し吹きかけてタオルに押し付ければ、落ちます。

ピッチレスコートでもやり方は同じ

歯ブラシに付けて撫でれば落ちます。

スポンジに付けて擦っても、落ちますが、隙間に溜まった汚れは、歯ブラシを使った方がいいですね。

右端の汚れをキレイにします。

ピッチレスコートを

使いやすいようにスポンジの端に付けて、

力を少し入れて擦れば、

仕上がります。

仕上げ後の確認をしてみる

しっかり汚れが落ちました。

今回は、暗めな駐車場で撮ったので、外からの光で白く飛んだり微妙な写真が多くてすみません。

今回の素材の違う細部の汚れをキレイに落とす方法を簡単にまとめると、

P113でもピッチレスコートでもどちらでも使えますが、手間がかからず落ちやすい方を選びましょう。

  1. P113を吹きかけて
  2. 軽く歯ブラシで撫でて
  3. タオルで拭き取る。

これだけでいけます。

誰がやってもキレイになります。

この部分には、汚れが溜まりやすいので、時々お手入れしてください。

ここがキレイになっているだけで、「おおっ!」って思われるかも(^^)

ではっ!!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから