窓ガラスコートをメガネに使うという発想。結局はガラスやプラスチックだから使えないはずがない。

そういうことです。

メガネのレンズには、ガラスレンズとプラスチックレンズがありますが、どちらも、透明感を出して清潔に保つなら窓ガラスコートです。

メガネを掛けてる人はよーーーく分かるんですが、

1日かけっぱなしだと、何かしら汚れます。

メガネかけながら寝落ちした時なんて、正直、最悪です。

指紋やら掌紋やらホコリやらたくさん汚れが付きます。

あとは、犬を(ネコもそうなのかな??)メガネを掛けながら顔をつけてモフモフすると、毛の脂がレンズにたっぷり付きます。

作り物の汚れじゃないです。

エライコッチャ!!!です。

レンズが汚れてると、視界が悪くてストレスになります。

そして、他人から見ると清潔感が無いです。キタナラシイ。

そんな時は、サササッとクールにレンズをキレイにしてしまいましょう。

メガネなど小さなガラスにも使いやすいミニボトル

これはメガネとかスマホとかに使う用の、携帯ミニボトルです。

今回は中身がよく見えるようにラベルを外してます。

携帯しやすいサイズの点眼ボトルで、約10ml入り。

って、

量が少なすぎる!!

そう思いますね。

80mlや280mlに見慣れている人からすると、確かにね。

でも、

そんなにたくさんいらない!

携帯しにくい!

っていう方もいらっしゃるので、10ml入りをご用意した次第です。

楽に携帯できる大きさなので、外出先でもメガネとかに使いやすいんですね(^^)

使い方の前に商品を。

ボトルとスポンジのセットです。

10ml入りの点眼ボトルに小さなスポンジです。

もう一度ボトルの紹介。
こんなサイズです。でもちょうどいいサイズ(^^)

小さなスポンジがいいのです。
メガネとかスマホとかにはジャストサイズ。

フタを開けるとこんな先っちょ。

一応値段も紹介。

このミニボトルセット(といってもスポンジとのセット)は、

送料込みで1,080円(税込)

高ーーーっ!!

って言わないように!

気を取り直して、メガネで試してみますよ

フレームのあるメガネで窓ガラスコートを試してみます。

普通のプラスチックレンズです。

汚れの状態を見ておきます。

少し触ったと思っても、ガッツリ付いてます。

見難いですね。

脂分なのでティッシュペーパーやタオルで拭くと、汚れが伸びるだけです。

サッサッサッといきます。

その前に、ボトルをよく振ってくださいね。

沈殿物を溶かさないと効果半減以下!

左が振る前、右がよく振った後
左側は分離してますね。

ずっと置いておくと沈殿するので、それをよく振って溶かしてください。

この沈殿物が汚れを落としには欠かせません。

底に溜まってた沈殿物が、

溶けてすっかり混ざりました。

底に沈殿物が残っていない状態にしてください。

スポンジにちょっと付けます。ちょっとじゃないとダメ。

メガネに塗るには、スポンジに窓ガラスコートを付けて塗ります。

が、量が重要です。

実は、このメガネほどの面積なら、

1滴で十分です!

何滴も付けると、ビッチャビチャになって、お手入れに時間も掛かるし、縁のあるメガネだと、縁に溜まって面倒です。

縁の隙間から残った窓ガラスコートが染み出して、なかなかキレイに仕上がらないこともありますよ。

量は注意です。

キャップを開けたら、

ほんの少しだけ容器を押して、

1滴だけ付けます。
新しいスポンジはすぐに染み込まないので、傾けるとサーッと滑り落ちます。

この量で、両方のレンズの両面お手入れできます(^^)v

両面を軽く塗ってしまいます。

あの1滴でレンズの両面いきますよ。

力を抜いて軽く塗るだけです。

普通なら、この1滴で2枚のレンズをやってしまうのですが、左右のレンズの透明感の違いを比べたいので、今回は向かって右側のレンズだけ仕上げます。

指紋が付いてたレンズをやってみます。

窓ガラスコートを1滴付けたスポンジで撫でます。
軽く撫でます。ゴッシゴッシ擦る必要は無いです。

塗った状態。
1滴で2枚のレンズの両面をお手入れできるので、かなり量が多いです。

裏面も。

両面塗り終わった状態。

拡大するとこうです。
これでも塗った量は多いですね。

何度も書きますが、1滴で2枚のレンズの両面に使える量です。

ですから、1枚目のレンズに塗りすぎた窓ガラスコートを、2枚目にも塗り分けてください。

乾くと、茶色くなります。

指で指した部分にも付いてますが、一般的なフレームなら問題ありません。
超高級フレームとか、未知のフレームはちょっと分かりません…

あとは拭き取るだけ。

塗った窓ガラスコートが乾けば、後は拭き取ればお手入れ完了です。

タオルで丁寧に拭き取ります。

タオルが無ければティッシュペーパーでも拭き取れます。
でも、タオルの方が簡単に早く拭き取れます。

軽く軽く拭くだけです。
ピキッ!パキッ!なんて音するほどの力は不要です。

拭き終わると、こうなります。
お手入れしたのは右側ですよ。
レンズの下側に付いているスジはキズです。普段の扱い方が悪いので…

左レンズも塗って、

拭けば、

こうです。どうでしょ?

ただ、よく見ると、レンズとの境目がキレイになっていませんので、そんな時は、

タオルの端や指先を使って拭き取りましょう。

それでも端っこの汚れや窓ガラスコートが落ちない時は、そこだけ窓ガラスコートを付けたスポンジの角を使って撫でて、乾いてから拭き取りましょう。

拭き取り後の写真、撮り忘れてました。詰めが甘いですねー・・・ハハッ(´∀`;)

透明感はどうでしょう?

はじめに紹介した汚れた状態と見比べるとよくわかります。

もういちど紹介しますと、

お手入れ前

右側のみお手入れ後

お手入れ後

まるっきり違いますね。

以前、ワックスを買ってくださったお客さんから、感想のメールを頂いた時に、車のガラスに使ってくれた結果をこんな表現で書いてくださいました。

車に乗っているのに、まるで自転車?に乗っている感覚です❗

メガネもキレイにすれば、もっと透明に見えるでしょう!

はじめに超ミニボトルは量が少ない!って書きましたが

10ml入りと数字からすると少なく感じますが、実際はメガネは1滴で済みます。

スマホやタブレット、携帯電話も1滴で十分です。

じゃあ、超ミニボトル1本で何回使えるのか。ですが、実際に何滴出るのか試しました。

こうやって地道に・・・
動画で撮ろうと思いましたが、ただポチポチ落ちるだけのマニアック動画になるので止めました(^^;)

最後の2~3滴は泡混じりだったので1滴とはカウントしませんが、

全部で239滴落ちました!

200滴はあるって聞いていましたが、けっこう上回ってました。

誤差はあるでしょうが、1日1回お手入れしても、ゆうに200日は持つことになりますね。

いかがでしょうか?

超ミニボトルも侮れませんよ(^^)

そんなわけで、超ミニボトルもよろしくね!

10ml入り。1,080円(税込)

後日、スマホや携帯電話のお手入れ方法も簡単に説明しますね。

塗って乾いたら拭くだけなので手順は同じですが、何度でも説明します!

超ミニボトルを、通常サイズのワックスのようにビニールに入れると、びっくりするほど貧相なので、ちょっと工夫します。

もう他の洗車仲間はやってますが、自分のところでは、これから色々なものを出そうと企んでますので、お楽しみに!

って、まだそんな色々なアイデアは無いんですけどね。

ガンバリマス!!

ではっ!!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから