擦り跡を目立たなくさせる方法を解説。コンパウンドで削る前に試す!【トヨタ アクア】

擦り跡を目立たなくさせる方法を知る!

今回は、いつもおなじみの、ボディの擦り跡を目立たなくさせる方法を解説していきます。

駐車場のポールに擦った、ガードレールに擦った、電柱に擦った、駐車するときに、よく擦ることがありますね。

深くえぐれた傷なのか、傷が入りつつ何かが付いたものなのか、塗料やゴムが付いただけでキズに見えるものなのか、実際にやらないと分かりません。

ボディの色は水色ですが、たまたま白い跡になってましたので、チャレンジしてみます。

また、別のところにサビも出ていたので、サビがどうなるかもチャレンジしてみます。

仕上げ前の状態をチェックです!

フロントバンパーに、見た目キズのような跡が

近寄ってみても、キズ

このギザギザ具合から、凸凹の白い壁に擦って付いた跡のようにも見えますね。

とにかく、何かが付いてる、えぐれている、のどちらかなので、試してみますよ。

用意するものはこれです。

ピッチレスコートに付属するスポンジとタオルです。

ピッチレスコート
ボディにはコレですね。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。塗る以外にも使うんですよ。

ピッチレスコートには研磨剤・コンパウンドは一切入ってません。

スポンジでゴシゴシ傷を削っているように見えますが、削ってはいないのです。

あくまでも、表面に付いたものを落として、微細なキズを目立たないように埋めているだけ。

早速仕上げる前に、やることがあります。

初めて使う場合、スポンジはまっさらな状態です。

まだ表面にピッチレスコートが馴染んでいないのと、スポンジの角が取れていないのと、スポンジにかける力加減に慣れていないので、一度、車のヘッドライトなどを使って、スポンジを作りましょう。

また、スポンジを作りながら、スポンジの押し加減(力加減)を練習しておきましょう。

力を入れすぎて傷を余計に入れてしまことも、逆に、力を入れなさすぎて本来の効果を出せないこともあるので、練習は必須です。

スポンジの作り方、力加減の仕方、スポンジ戻しの仕方を下の記事で説明していますので、お読みくださいね。

ピッチレスコートのスポンジの使い方を解説。新しいスポンジは使い始めが肝心です。
ピッチレスコートのスポンジの使い方、少々特殊ですよ。 今までのワックスとは少し使い方が違います。 特に、スポンジの扱い方が違います。 単純に塗って拭き取るだけではないです。 はい。 ...

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

使い方はスポンジで擦ってから、タオルで軽く撫でるだけ。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

いつも通り、ピッチレスコートがスポンジに付きます。

1回だけ付けました。
基本は1回だけ。1度に2回以上は付け過ぎですよ。

滑りが悪くなったり、汚れが落ちにくいと感じたら、追加で1回だけ付けます。

では、下半分をやって違いを見てみましょう。

少しだけ力を入れて、キズの入っている横方向に

何度か擦ってみると

少し薄くなりましたね

この力加減で擦れば落ちるということなので、同じ力加減を維持して擦り続けてみます。

同じ方向に擦り続けていくと、落ちにくくなることもありますので、そんな時は、擦る方向を変えてみましょう。

今度はキズと垂直の縦方向に

何度か擦ったら

消えましたね

結局は、表面に擦った相手の色が付いたということだったんですが、それなりに擦って付いたものなので、

光を当てると塗装にも擦った跡が見えます

このキズは残念ながら、コンパウンド等で削らない限りどうにもなりません。

いくらピッチレスコートを使い続けても、ここまで深い傷になると、完全には埋められませんので。

気を取り直して、残りをキレイにしていきましょう。

ピッチレスコートがまだスポンジに残っている(スポンジ表面にしっかりついている)場合は、付けなくてもいけますが、もし、不安な場合は、1回だけ付けましょうね。

少なすぎるより多めにピッチレスコートが付いてる方がまだいいのでね(^^)

先ほどと同じ力加減で、横方向に

ゴシゴシ

続いて、縦方向に

ゴシゴシ

で完成です

同じく、光を当てるとキズは残ってます

この駐車場は日陰のため、残ったキズは光を当てないと分からないというか見えません。

そんな光を当てると見えるキズは残ってますが、ここまで白い色が落ちただけでも、だいぶ違いますよね。

これで十分という方もいますね

サビはどうなる?

別の場所に、何かにぶつけてボディの金属が露出し、サビまで出ている部分がありました。

だいぶ放置されたようなサビが…

ここまでサビが出てしまうと、ピッチレスコートで根気よくやれば、少しは改善するとは思いますが、サビがゼロになる状態にまでするのは難しいかもしれません。

だから、サビの部分は削ったり補修は必要になりますが、サビが雨で流れて塗装表面に付いているものであれは、

比較的簡単に落ちました

ぶつけて塗装が剥がれた部分は、ボディが鉄なら、いずれ錆びてきますので、早めに対処しておきましょうね。

今回も、いつものようにタオルは使わずに仕上げました。

スポンジ戻しだけで仕上がってしまいました。

もし塗りムラがあって、スポンジ戻しだけではキレイにならない時は、タオルを使って最終仕上げをしましょう。

今回の汚れ落とし方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの能力を使えば、こんな汚れなら難しいこと無いです。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. キズと同じ方向、キズと直角の方向、斜め方向など、いろいろな方向から擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

今までもずっと同じでしたが、今回も基本です。

スポンジを押さえる力を掛けて擦ってますが、まずは、軽く押さえて繰り返し擦っても変化がないようなら、に少し力を入れて気味に繰り返し擦って・・・を繰り返していくようにしましょう。

はじめから力を入れて擦ってしまっては、付着物が落ちたとしても、無駄なキズも増やすことになりかねませんからね。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

消えるこすり傷用に1本置いておいてもいいかもしれませんよ。

一応、消費期限も無く、10年後でもしっかり使えますからね。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから