ラバーバンドの腕時計がクリーティングコートでキレイになるか試してみる。

ラバーバンドの腕時計をキレイにする!

今回は、これまで解説することがなかったアクセサリー類、腕時計のお手入れ方法を解説します。

腕時計にも色々とありますが、ラバーバンドの付いた腕時計です。

ただ、この腕時計は腕ではなく、バイクに付けていた腕時計なので、どこまできれいになるかはわかりません(^_^;)

仕上げ前の状態をチェックです!

汚れは溜まりますよね

風防もベゼルも。

付いてる指紋は、たぶん自分のやつかと…

裏にも同じく、汚れと、擦れて付いたと思われる塗装の黒い色

用意するものはこれです。

P113とピッチレスコートの基本の仕上げなので、P113とピッチレスコートとそれぞれの付属品+αです。

P113 or P113-II
こういった素材の汚れ落としにはコレ。
P113-IIの方が汚れ落とし効果が高いので今回はP113-IIを使っていますが、P113でもP113-IIでもどちらでもOK。
タオル
P113が落とした汚れを拭き取る用です。
歯ブラシ
今回は普通の歯ブラシを使っています。毛が硬すぎるとラバーといえど傷めるので、普通の柔らかさか柔らかめを選びましょう。

※P113-IIのように、汚れ落としの効果が強力だからといって、素材を傷めたり、変色させたりする心配はありません。

ピッチレスコート
ちょっと特殊な汚れ落としにもコレ。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジです。今回も、仕上げる面積が非常に小さいので、小さく加工したスポンジを使ってみました。

P113の力をしっかりに使うこと。

歯ブラシ、タオルで力いっぱい擦ったからといって、よく落ちるってことは無いと思ってください。

できるだけ、P113の力を最大限に使うことです。

それに、ゴッシゴッシ力を入れて擦っても疲れるしキズを入れるだけなので、うまくP113の力を使いましょう。

P113でラバーバンドの汚れを落とす

まずは、ラバーバンドの汚れを落としていきましょう。

タオルを敷いて、その上で作業をします。

まずはよく振ってから直接吹きかけて

アワアワになってますね

他の部分にも吹きかけちゃいます

あとは歯ブラシで

軽く丁寧に擦るというかブラッシングしたら

乾かないうちに

タオルで拭き取ります

すると、こうなります

バンドの色が濃いので、仕上げ前後で違いがよく分かりませんが、キレイになっているハズ(^_^;)

同じように裏面に

直接吹きかけて

ブラッシングしてから

拭き取れば

これまた大きな違いが見られませんね…

でも、バンドをすべて仕上げた後のタオルは、

茶色いやつが汚れ

これだけ汚れが落ちたんですね。

白いタオル使えばよかったですが、これでもわかりますよね?

ね(・・?

ここまで汚れは落ちましたが、残念ながら、この黒いヤツは落ちませんでした。

擦れて付いた塗料と擦れたキズかと

でも、この汚れは後ほどピッチレスコートでも試してみます。

どうなりますかねー

ここで1つ。

時計本体が防水仕様ではない場合は要注意です

汗でも気をつけないといけないような時計の場合は、P113がかからないようにするか、バンドを取り外してから仕上げるようにしましょう。

アンティーク腕時計は非防水なことが多いそうなので、ムリはしないことです。

最後に、プラスチック製のベゼルを同じように仕上げてみると、

直接吹きかけて

軽くブラッシングして

タオルで拭き取れば

仕上がりです

先ほども書いたように、

P113を直接吹きかけるので、時計本体が防水仕様ではない場合は故障に原因になります

非防水の腕時計の場合は、注意して作業する、というよりも、止めたほうがいいでしょう。

無理しないように。

ピッチレスコートで時計本体の汚れを落とす

続いて時計本体を。

風防もやってしまいますよ。

スポンジにちょこんと付けます

いつものように1回シッカリつけると付けすぎです。

びちゃびちゃになるので、少しだけ付けます。

指先で軽く細かく縦横円を

こんなに押さえつけなくて大丈夫

ガラスの風防なら大丈夫だとは思います(たぶん)が、プラスチックの風防だとキズを入れる可能性もあるので注意しましょう。

スポンジ戻しをすれば

ツヤツヤ

深く入ったキズはムリですが、汚れ落としと艶出しはバッチリ。

表面にピッチレスコートの膜もできてるので、ツルツルです。

もし、光を反射させたときに、油膜のようなモヤモヤっとしたものが残っているときは、窓ガラスコートを使って仕上げておきましょう。

小さなスポンジに窓ガラスコートを1滴未満(1滴でも多すぎるので)つけて塗って乾いたらタオルで拭くだけです。

スカッと文字盤が見えるようになりますよ!

続いて裏側のメッキ部分も同じように仕上げれば、

裏面を

ピッチレスコートが付いてるスポンジで

小さく縦横円

の後、スポンジ戻しで

仕上がり

無数に入ったキズはムリでも、艶がシッカリ出てます

ここで、重要なことをお伝えします。

裏面を仕上げたら、一度、腕に付けてみましょう

ツルツルというか何というか、肌に触れる質感が気持ちいい

これは実際に身につけないとわからないので、ぜひ、実際に身に付けて感触を確かめてください!

ピッチレスコートでラバーバンドの汚れを落とす

後回しになっていた、ラバーバンドに擦れて付いた塗料をピッチレスコートで落ちるか試してみます。

まずはこの部分から

ピッチレスコートを先ほどより多めにつけて

ひたすら擦り続けると

落ちてきましたね

スポンジには黒い色が

最後にタオルで拭けばこの通りです

ミラーやバンパーに擦って付いた塗料も、時間を掛ければ徐々に落ちます(下記記事参照)ので、このラバーバンドも同じやり方が使えたってことですね。

擦り跡に付いた塗料の除去方法を解説。諦める前にやってみようよ!【レクサス LS460】
ポールなどに擦って残った跡(塗料)の除去方法を知る! 今回は、サイドミラーに付いた擦り跡を取り除く方法を、解説していきます。 パテや塗料で補修する前に試すべし! 擦り方にもよりますが、表面に塗料...
擦り跡を除去する方法を解説。コンパウンドで削る前に試してみる!【トヨタ マークX ZiO】
擦り跡の除去方法を知る! 今回は、ボディの擦り跡の消し方を解説していきます。 よくある擦った跡です。 傷なのか、塗料やゴムが付いただけなのか、傷が入りつつ何かがついているのか、実際にやってみない...

ただ、柔らかいラバーバンドとはいえ、スポンジで擦ったときに力を入れすぎると、その部分だけ摩耗でテカりが出たり変色することもありえるので、力加減はホドホドにしましょう。

落ちないからといって、力強く爪を立てて擦らないように。

続いて、手こずりそうなバンドを止めるやつ(バンドループって言うそうで)についた黒いヤツを仕上げてみましょう。

これ

ピッチレスコートを付けたスポンジで

ゴッシゴッシ、ひたすらゴッシゴッシ

根気よく手間を掛ければここまで落ちます

あとはタオルで拭けば

こうなるのです

残りのここも

ゴッシゴッシゴッシゴッシ・・・

タオルで拭いて

終わりです

スポンジもここまで黒くなりました

バンド全体を見れば、違いは一目瞭然

やってみるもんですねー

ラバーが擦れると、擦れた部分は変にテカりが出てしまいます。

でも、このバンドにも少しだけテカってる部分はありましたが、ほんの一部だけでした。

よかったよかった(^^)

今回の汚れ落とし、方法を簡単にまとめると、

P113とピッチレスコートの力を十分に力を入れずに使えば大丈夫。

ラバーバンドやプラスチックのベゼルは、

  1. P113を直接吹きかけて、
  2. 歯ブラシでいろいろな方向からブラシで軽く擦って
  3. 乾かないうちにタオルで拭き取る

風防や時計本体は、

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 小さく縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

ラバーバンドに擦れて付いた跡は、

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. ホドホドの力加減で擦り続けて
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

P113とピッチレスコートを素材によって使い分ければ、こういったアクセサリー類でも、しっかり仕上がるのですね。

今回は、腕時計でしたが、ちょっと特殊な汚れ方だったので、参考になることは少ないかもしれません。

でも、どこかで応用が出来ると思いますので、もし応用できそうな場面に遭遇したときは、思い出してみてくださいね(^^)

今回使ったクリーティングコートはこちら。

P113です。どうぞよろしく(^^)/

ピッチレスコートです。こちらもどうぞよろしく(^^)v

腕時計の中には、金属のバンドもありますので、いずれ、金属バンドの腕時計のお手入れもご紹介しますね。

金属バンドのお手入れが出来れば、ブレスレットやネックレスのチェーンなどもお手入れできますので、ご紹介までお待ちくださいませ。

身につけた時の気持ちよさも味わえるハズです(^^)

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから