透明ビニールの汚れをキレイに落とす方法を解説。

透明ビニールの汚れをキレイに落とす方法を知る!

以前にも、このバイク本体のお手入れはご紹介してきましたが、今回はバイク本体ではなく、バイクに装着してるタンクバックの透明ビニール部分のお手入れ方法を紹介します。

あまりお手入れすることが少なく、お手入れしたとしても、面積も小さいので、メガネ拭きでちょいちょい拭くだけで終わることも。

そんなお手入れの仕方より、少し手間はかかりますが、キレイになれば地図もナビも見やすくなってストレスフリーになるかもしれませんよ(^^)

仕上げ前の状態をチェックです!

タンクバッグを開けるとモニターが出てきます

これだと汚れた感じがハッキリ分かりませんが、

モニターを取り出すと

汚れてることがわかります

指で触ると

指の跡も付きました

用意するものはこれです。

ピッチレスコートの超基本の仕上げには、ピッチレスコートと付属品だけです。

ピッチレスコート
ちょっと特殊な汚れ落としにもコレ。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジです。今回は小さく加工したスポンジを使ってみました。

汚れ以外の気になる細かい傷があっても目立たなくできるかも!

コンパウンドや強力な薬剤は、入っていませんので、柔らかいビニール素材でも溶かしたり深い傷を入れる心配が少ないです。

それに、汚れを落として、傷を埋めて、ピッチレスコートの成分で表面を覆うことで、浅い傷があったとしても目立たなくさせることができるのです。

早速仕上げる前に、やることがあります。

初めて使う場合、スポンジはまっさらな状態です。

まだ表面にピッチレスコートが馴染んでいないのと、スポンジの角が取れていないのと、スポンジにかける力加減に慣れていないので、一度、ヘッドライトなどを使って、スポンジを作りましょう。

また、スポンジを作りながら、スポンジの押し加減(力加減)を練習しておきましょう。

力を入れすぎて傷を余計に入れてしまことも、逆に、力を入れなさすぎて本来の効果を出せないこともあるので、練習は必須です。

スポンジの作り方、力加減の仕方、スポンジ戻しの仕方を下の記事で説明していますので、お読みくださいね。

ピッチレスコートのスポンジの使い方を解説。新しいスポンジは使い始めが肝心です。
ピッチレスコートのスポンジの使い方、少々特殊ですよ。 今までのワックスとは少し使い方が違います。 特に、スポンジの扱い方が違います。 単純に塗って拭き取るだけではないです。 はい。 ...

今回は、仕上げる面積が小さいのと、特に内側は狭いのでスポンジが入りにくいので、ボディ用よりずいぶん小さいスポンジを使いました。

このスポンジは、2つ付属するうちの小さい方のスポンジを薄くスライスしたものです。

新しい買ったの刃を使えば簡単に切れますので、お試しください。

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートが持つ、「汚れを落とす効果」「キズを埋める効果」「艶を出す効果」を十分に使います。

使い方はスポンジで塗って、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

主にボディに使うこのサイズのスポンジは

内側を仕上げるには大きすぎるので

この小さなスポンジに

ピッチレスコートの適量をスポンジに付けます。

一度に付けるのは、基本1回

いつものように、この解説では半分ずつ仕上げますが、半分仕上げるにはこの量は多めです。

が、1度に全面仕上げてしまえば、量は適量ですので、皆さんは半分ずつではなく、これだけ小さな面積なら全面やってしまってくださいね。

強く押さえつけずに軽い力で

全体を縦横円を描きながら塗って

境目ギリギリまでスポンジの角を使って塗ると

全体的にまんべんなく塗れました

ここではまだタオルで拭き取りません。

スポンジ戻しという特殊技を使って、余ったピッチレスコートをスポンジで吸い取ります。

スポンジの裏面で(これ、いちおう裏面です)

塗った時よりさらに軽い力で、

余ったピッチレスコートをスポンジに吸わせる感じで

全体を撫でれば

余ったピッチレスコートがかなり減りました

先に説明したように、塗った量が多かったので、スポンジ戻しだけでは、まだ微妙に残ってます。

こんな時は、ここでタオルの登場です。

これはスーパークロスですが、付属のタオルでOK

指の腹をしっかり使って撫でるように拭くと

筋状に余っていたピッチレスコートが見えなくなりました

角度を変えてもバッチリ…

と言いたいところですが、よく見ると、

モワモワっと残ってますね

おわかりかと思いますが、透明の素材なので、裏面の汚れが目立ってるからなんですね。

透明な素材は、両面仕上げないと効果は半減以下です。

だから、裏面も仕上げてしまいます。

先ほど付けたピッチレスコートがスポンジにたっぷり残っているので、そのまま付け足さずに仕上げていきます。

先ほどと同じく軽い力加減で

全体を縦横円を描きながら塗って

スポンジ戻しをすれば

ほぼ仕上がり

先ほどよりスポンジに残っているピッチレスコートが少ないので、スポンジ戻しだけでも仕上がってますが、最後に念の為タオルで拭いておきます。

タオルで軽く撫でれば

半分完了です

角度を変えて見てもモワモワは見当たりません

試しにモニターを戻してみると、

一目瞭然です

見る角度を変えても一目瞭然

表面も裏面も指先での仕上げになりますので窮屈ですが、焦らず急がず丁寧に仕上げれば、すぐにキレイな状態になりますから。

早く仕上げなきゃって焦らないことです。

残り半分も同じように仕上げてしまいましょう。

同じことの繰り返しになりますが、飽きずにどうぞ(^^)

スポンジに1回だけ付けて(今回はちょっと少なめにしました)

全体的に縦横円を描いて塗ったら

スポンジ戻しをして

タオルで仕上げ拭きをしても

裏面に汚れが残ってるので

裏面もピッチレスコートを塗ってスポンジ戻しして

タオルで仕上げ拭きすれば

バッチリ完成

角度変えても同じくです

モニターを入れてもバッチリ

角度変えてもバッチリ

正面からもバッチリ

ズームしてもバッチリ

モニターが見やすくなるだけで安全運転にもなりますから、汚れていたらぜひともお手入れしちゃってください。

もし、ピッチレスコートでお手入れした後に、表面にピッチレスコートを拭いた筋が残って気になる場合は、窓ガラスコートで仕上げればキレイになりますよ!

今回のお手入れ方法を簡単にまとめると

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

特殊な技や、高度な技は使っていません。

ごく基本を使うだけですが、初めて使う方は、スポンジの使い方をしっかり練習してから仕上げてください。

今回の透明なビニールは、すぐに傷が入るほどではありませんが、キレイに仕上げられるように、また、無用なキズを入れないためにも、練習はしましょう!

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

今回は、タンクバックの透明のビニール部分を仕上げましたが、オープンカーの幌に付いたスクリーンなど似た素材ならお手入れできちゃいますよ。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから