ピラーの傷を目立たなくさせる方法を解説。定期的にお手入れすること【レクサス LS】

ピラーの磨き傷、擦り傷を目立たなくさせる方法を知る!

キズがたくさん入っているピラーがどこまでキレイになるかやってみます。

新車なのに洗車をしたらピラーにキズが入りました…

中古で買った車のピラーのキズが気になるんです…

といった、ピラーのキズの相談が相次いでいるので、あらためて解説です。

仕上げ前の状態をチェックです!

日陰で見ると分かり難いですが、灯りを当てた途端に、こうです。

光の加減によっては、少し分かりにくい

が、カメラの照明をONにすると浮き上がります

用意するものはこれです。

ピッチレスコートの超基本の仕上げです。

ピッチレスコートと付属品のみです。

スポンジは、使い込んで柔らかくなったものを使いましょう。

もし無ければ、作りましょうね。

ピッチレスコート
汚れ落としとキズ消し、艶出しにはコレ。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。塗る以外にも使うんですよ。

気になる傷があっても目立たなくさせることはできる!

コンパウンド、強力な薬剤は、入っていません。

だから、汚れを落とすことはできても、傷やシミを削り取るように除去することはできません。

でも、汚れを落として、傷を埋めて、ピッチレスコートの成分で表面を覆うことで、艶を出して目立たなくさせることができます。

触ると素敵な質感になっていることが分かりますよ。

早速仕上げる前に、やることがあります。

初めて使う場合、スポンジはまっさらな状態です。

まだ表面にピッチレスコートが馴染んでいないのと、スポンジの角が取れていないのと、スポンジにかける力加減に慣れていないので、一度、ヘッドライトなどを使って、スポンジを作りましょう。

また、スポンジを作りながら、スポンジの押し加減(力加減)を練習しておきましょう。

力を入れすぎて傷を余計に入れてしまことも、逆に、力を入れなさすぎて本来の効果を出せないこともあるので、練習は必須です。

スポンジの作り方、力加減の仕方、スポンジ戻しの仕方を下の記事で説明していますので、お読みくださいね。

ピッチレスコートのスポンジの使い方を解説。新しいスポンジは使い始めが肝心です。
ピッチレスコートのスポンジの使い方、少々特殊ですよ。 今までのワックスとは少し使い方が違います。 特に、スポンジの扱い方が違います。 単純に塗って拭き取るだけではないです。 はい。 ...

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートが持つ、「汚れを落とす効果」「キズを埋める効果」「艶を出す効果」を十分に使います。

使い方はスポンジで塗って、タオルでふき取る。

いつものこれですね

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがったまま1度上下に振ると、適量がスポンジに付きます。

基本は1回。2回も3回も付けないように。

ここでは、使い込んだスポンジを使ってます。

特にキズの入りやすいピラーのような素材は、新しいスポンジを使ってしまうと、キズを入れてしまいますので、しっかりスポンジを作りつつ力加減を練習してから挑んでください。

傷が入ってもいいような車で、たっぷり練習してから挑めば、スポンジもいい状態になり、力の入れ方にも慣れるでしょう。

以前、スポンジを作らずにいきなりプラスチック製のバイクのボックスを仕上げてキズを入れてしまった人がいました。

バイクのタンクにキズを入れた人もいましたね。

事前にスポンジを作らず、力加減を練習せずやった結果、擦ったキズを入れてしまったのです。

気をつけましょうね。

力は軽く押さえるだけで、しっかり塗ります。

まずはピラーの下半分を

軽く撫でるように

縦横円を描きながら丁寧に塗ります

スポンジは押さえつけません

ピラーのすぐ横にはガラスやゴムがありますが、ピッチレスコートが付いても気にせずいっちゃってください。

付いても大丈夫

円を描きながら塗った後は

塗りました!って状態になります

スポンジ戻しがキレイに仕上げるコツ

ここからが、ピッチレスコート特有?な工程です。

使うスポンジの面は、この塗った時の面ではなく

裏面を使います

ピッチレスコートがあまり含まれていないスポンジの面を使って、塗った面に余ったピッチレスコートを吸い取ります。

塗った時よりさらにスポンジを軽く押さえて

何度か撫でれば(って、写真を見ればもう結果は分かりますね)

余ったピッチレスコートが吸い取れました

そして、先ほどまであったキズがだいぶ埋まって目立たなくなりましたね。

照明の反射具合が変わりました

上半分がこの状態ですから、違いが出ました

境目がクッキリです

写真にすると、どうしても実物よりも綺麗に写ってしまうので、できるだけ実物のように見える写真だけ採用しましたが、いかがでしょう?

この流れで残りも仕上げてしまうと、

ここを

ピッチレスコートを追加せずにいってみます

もし、スポンジが引っかかったり重く感じる時は、ピッチレスコートが足りていませんので、1回だけ、軽く付けましょう。

無理は禁物ですよ。

縦横円を描きながら塗って

余ったピッチレスコートを

スポンジの裏面を使って

スポンジ戻しすれば

同じようにキズが目立たなくなりました

ここまでで、右上を残して仕上げが終わりましたが、右上は動画にしてみましたので、そちらを見て頂けるとより分かりやすいかもしれません。

少々スポンジの動かし方が早いので見にくいかもしれませんが、参考にしてみてください。

この結果、

上半分も、このようになりましたなりました

下半分も、こうです

スポンジ戻しだけで十分綺麗に仕上がっていれば、タオルで仕上げ拭きしなくても大丈夫です。

が、スポンジ戻しだけでは、まだピッチレスコートが残っているということであれば、タオルで仕上げ拭きをしておきましょう。

付属のタオルでもスーパークロスでもどちらでもOK

軽く撫でます

これが仕上がりです

窓ガラスに付いたピッチレスコートはどうする?

塗り込んだ時にガラスやゴムにも付いてしまいましたが、タオルで拭き取れば問題ありません。

他に付いたピッチレスコートは

タオルで拭いておきましょう

そして、ガラスについては、ピッチレスコートの成分が油膜のようになって残ることがあるので、その部分を窓ガラスコートで仕上げます。

窓ガラスコートでの仕上げは必須です

夜や雨の日は見にくくなりますので、キレイに拭き取れたとしても、窓ガラスコートで処置しておきましょう。

それが終われば仕上げ完了です。

まだ多少の薄いキズが見えますが、仕上がりました

これは、1週間ほど置いてから、再度ピッチレスコートを使えば、また少し目立たなくなる可能性もあるので、試してみてください。

キズが深い場合は、残念ながらそれ以上目立たなくさせることは難しいかもしれませんが、元の状態よりはいいハズです。

今回の傷消し、艶出し方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの基本を徹底的に使う。です。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

特殊な技や、高度な技は使っていませんが、ピラーの素材が柔らかいので、しっかりスポンジを作って、ちょっとしたコツ(押さえる力加減やスポンジの動かし方)をつかんで、慣れてからチャレンジすれば、同じようにキレイに仕上げられます。

ただし、1回使えば何年もずーっと長持ちするワケではありません。

キズを埋めて表面を覆っていたピッチレスコートも、徐々に痩せていきますので、キズも少しずつ目立ってきます。

キズを削って平滑にしているわけでありませんからね。

だから、キズが浮き上がってこないように、定期的にお手入れしましょう。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

ピッチレスコートは、ピラーやウッドパネルなどの柔らかいキズの入りやすい素材にも使えます。

ですが、何度も言いますが、いきなり新しいスポンジで塗ってはダメですよ!!

しっかりスポンジを作って、力加減を練習してまら使いましょう。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから