鏡のお手入れ方法を解説。鏡が大きくても小さくても同じ。

窓ガラスコートを使った鏡のお手入れ方法を知る!

窓ガラスコートを使った鏡のお手入れ方法を解説します。

鏡や窓ガラスは窓ガラスコートに任せる!

以前は、ホテルの小さな鏡のお手入れ方法を解説しましたが、今回の鏡は少し大きめ。

でも、方法は変わりませんので。

仕上げ前の状態をチェック…

分かり難いですが、汚れてました。

見えませんが・・・

水滴が飛んだ跡、ホコリが全面についてる状態

点点と汚れもあるのが見えますかな?

汚れ・油膜を落として透明感を出すには窓ガラスコート

用意するものはこれです。

窓ガラスコートに付属するタオルやスポンジのみ。

他は何もいらないです。

窓ガラスコート
ガラス・鏡にはコレ。専用です。
タオル
凸凹タオルは粗拭き用、普通のタオルは仕上げ拭き用。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。
手袋
ゴムのすべり止めが付いた軍手はタオル拭きには必須です。

窓ガラスコートを使う前に。

鏡にたくさん汚れが付いていたら、例のバケツ1杯の水洗いで水洗いしておきましょう。

タオル2枚を使って洗う方法ですね。

水洗い用タオルで水洗いしてから、拭き取り用タオルで水滴を拭きます。

ザッと水で落ちる汚れだけを除去します

水洗い中は、水滴が流れ落ちることもあるので、鏡の下にタオルやマットを敷いておくといいですね。

床がビチャビチャになっちゃうから。

仕上げる前なので、水滴がキレイに拭き取れないのは仕方ありませんし、水滴がキレイに拭き取れなくても、多少の水滴が残っていても大丈夫です。

窓ガラスコートは、水滴が少し残っていても仕上がりには影響しませんので。

窓ガラスコートを乾かす時間が伸びるくらいですかね。

そこまでヒドい汚れでなければ、固く絞ったタオルでザッと拭くだけでも大丈夫です。

写真での見た目だと分かりませんが、落ちてます

窓ガラスコートで汚れを吸着させて落とす。

窓ガラスコートを塗り広げて白く乾いたらタオルで拭き取るだけの基本仕上げです。

これで透明感があって奥行き感も出る鏡になるわけですが、たーっぷり塗れば一気にキレイ!ってことは無いです。

適量を使ってお手入れするのが、キレイにするための近道です!

容器をよーく振って、底に沈殿したブツをよく溶かしておきましょう。

この沈殿物が素敵な働きをしてくれます。

汚れを吸着して固まってくれるので、沈殿物をよく溶かしていないと、効果が減ります。

よく溶かしましょう。

初めて仕上げる鏡なら多めに付けて

ひたすら全面に塗ります

塗りまくりです

鏡でも窓ガラスでも、時々シールが貼ってあることがありますよね。

ここにも、てんとう虫のシールが

このシールは表面が起毛してます。

こういった表面がラミネートされてないシールに塗ると、起毛の場合は窓ガラスコートを吸ってシミになったり、紙の場合は表面がシミになったり剥がれはじめることもあるので、

ラミネートされていないシールには塗らないようにしてください

車でいえば、車検のツルツルしたシールにはOKですが、点検の紙のシールは塗っちゃダメってことですね。

初めて仕上げる鏡、初めて使うスポンジ、より多くの汚れが付いている時は、スポンジが滑りません。

塗り広げにくいです。

そんな時は、少し多めに窓ガラスコートを付けて塗るか、ゆっくりスポンジをすべらせるか、スポンジの端をつまみながら押さえつけるか、してみましょう。

徐々にスポンジ表面が柔らかくなっていくので、しばらく塗り続ければ、塗りやすいスポンジになります。

スポンジの端をつまむ必要もなくなります。

たっぷり塗れてます

全体が塗れてます

あとは乾くまで待ちましょう。

よく乾かすことで、汚れがしっかり吸着するので、焦らず乾くのを待ちます。

塗りすぎた時は時間がかかりますので気長にね。

しっかり乾くと白くなります

多めに付いた部分も乾いてます

全体が白く乾けば、あとは拭き取るだけ。

拭き取る時は滑り止めが付いた手袋をはめましょう。

はじめに凸凹タオルで粗く拭き取って、次に平らなタオルで仕上げ拭きを

すると、

右半分が簡単に拭き取れました

透明感が出たように見えませんか?

透明感が出ると、奥行きが出るように見えるので、立体感が違う感じがするんですよね。

左も拭き取ったら、違うでしょ

下半分を拭き取る前がこんな状態

拭き取るればこうです

これを見ると、拭き取る前後で差があるからキレイになったように見えるだけ、と思われそうですが、それは、

実際に目でご確認ください

写真や動画でも伝わりにくいんです。

是非、実際に目で見て確認してください。

全体を見ればスッキリしてます

これで家の中も明るくなったように見えるから不思議です。

今回の鏡スをキレイにする方法を簡単にまとめると、

  1. 水洗いで大まかに汚れを落として、
  2. 窓ガラスコートをスポンジに付けて
  3. 塗り残し無くしっかり塗って、(縦横円を描いてもいいです。)
  4. 乾いたら、タオルで拭き取る。

以前に住まいの窓ガラスやホテルの鏡で解説したことと、全く同じです。

基本は全く同じ。全然変わりません。

違う解説は書けません・・・

今回使ったクリーティングコートはこちら。

窓ガラスコートです!

今回の鏡は、写真を撮りながらでも10分で仕上がりました。

ダンススタジオやジム、美容院など、鏡がたくさんある場所にもおすすめです。

塗ったり拭いたりするこの作業は、足や腕を伸ばしたり屈んだり体を使うので、ストレッチにもなっちゃいます。

って、ダンスの先生やジムのインストラクターさんには必要なさいですね(^^)

この窓ガラスコート、2回目以降の仕上げは作業時間がもっと短縮するし、使う量も減りますよ。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから