スクーターのスクリーンのお手入れ方法を解説。試してみる価値はあるかと【ホンダ フォルツァ】

くすんでしまったスクーターのスクリーンをお手入れする方法を知る!

10年近く放置されてくすんだスクーターのスクリーンをお手入れしてみます。

放置といっても、取り外して屋内に保管されていたモノなので、そこまでヒドい状態ではない・・・と思いきや、なかなかの状態。

さあ、どうなるでしょうか。

これは、試してみないと分かりませんね。

仕上げ前の状態をチェックです!

パッと見た感じは、そうでもないですが・・・

キレイに見えますが

細かいキズ?ヒビ?らしきものが確認できますね

ここにも

部分的に無数に

こちらは得体の知れない何でしょね

キズがない部分はそこそこキレイ

部分的に光を当てても思ったよりキレイ

キズなのか、汚れなのか、何なのでしょうかね。

正直、やってみないと、どうなるかが分かりません。

用意するものはこれです。

ピッチレスコートの超基本の仕上げには、ピッチレスコートと付属品のみです。

ピッチレスコート
ちょっと特殊な汚れ落としにもコレ。
タオル
ピッチレスコートを拭き取ります。
「拭き取る」と言うより、「仕上げに軽く拭く」だけ。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジです。

今回のように、少し細かい部分があるパーツには、部分的に小さいスポンジも使ったほうがいいかもしれませんね。

ピッチレスコートの力を正しく使うこと。

初めて試しますが、ピッチレスコートが持つ汚れを落とす効果を正しく使えばうまくいくはずです。

いつもながら、初めて仕上げるものが多いと、「はず」とか「たぶん」とか使っちゃいますね。

初めてだから、仕方ないですよね(^^)

使い方はスポンジで塗って、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

よく振っておきますよ

しっかりボトルの口にあてて1度振れば

ピッチレスコートの適量がスポンジに

ココからはじめますよ。

スポンジを軽く当てて

縦横円を何度も描いて擦れば

落ちたような気がする…

まだ表面にピッチレスコートがたくさん残ってるのでスポンジ戻しをしましょう。

先ほどピッチレスコートを付けた部分がココ

まだピッチレスコートが付いていない部分で

軽く撫でます

残ったピッチレスコートをスポンジで吸い取る感覚で、

スポンジが潰れない押し加減で何度も撫でれば、

これは押し過ぎ。ダメな例ですよ。

どう?

余分なピッチレスコートがスポンジに吸われて、キレイになりましたね。

ヒビが入っていると思っていた部分も、目立たなくなりましたよ。

近くで見るとよくわかりますよねー

光を当ててみると、やはり細かいキズが入っていますね

作業前にもご紹介しましたが、ヒビらしきものがない部分は、比較的キレイな状態でしたがキズは入っていましたので、全体的に入っていたんでしょうね。

ま、元が元ですから、ココまできれいになっただけで良かったかなと(^^)

あとはこれの繰り返しですよ。

こんな状態も

先ほど付けたピッチレスコートで

足りないなと思ったら、付け足しましょう。

無理して少ない量で擦らないことです。

擦って

まだ表面にピッチレスコートは残ってますが

スポンジ戻しをすれば

キズ?が深い部分も目立たなくなりました

キラキラしているところがキズ的なヤツです

一気に、半分まるまるいっちゃいますよ。

ここから左側ね

1回だけ付けて

ココから

サクサク擦って

無数に円を描いた後

縦に

横に擦ってから

スポンジ戻しすると

はい終ーわり

スポット的に光を当てても、細かい傷も少ないでしょ

ついでに

こんな凹んだ部分も

スポンジを突っ込んで仕上げれば

分かり難いですが、こんな感じ

あれだけ目立ってたキズ・ヒビっぽかったものも、

深いものだけ目立ってますが美しくなってます

光の加減で見えるものと見えないものがありますが、

この部分も

近づいて光を当てればこんな状態

深い傷は難しいですね。

目立たなくなるからいいけども。

これで

おもて面の半分が仕上がりました

細かい部分に残っちゃったピッチレスコート忘れてました・・・

こうなったエンブレムの車、よく見かけますね

拭き取り用のタオルで

(今回はスーパークロスですが付属のタオルでも全く同じ)

ササッと軽く

タオルの端を使って細部まで丁寧に拭けば

きれいになりますから…ちょっと残ってたね(^_^;)

引っかかりがある部分は、タオルのパイル(ループ状になった部分)が引っかかってピーーーってなっちゃうから、気をつけてください。

ピーーーって引っ張り出されたパイルは、作業しにくくなるので、切ってしまいましょう。

これで、おもて面の半分が仕上がりました。

続いて、うら面も半分キレイにしてみましょう。

内側から光を当ててみると、

モヤモヤっとした汚れがすけて見えます

両面キレイにしないと、綺麗さも半減以下ですよ。

裏返すとこうです

おもて面は左側をキレイにしたので、

うら面は向かって右側になりますね

ピッチレスコートで線を引いたところまで

やることは全く同じ。

すると、

明らかに変わりましたでしょ?

でもでもでも、よく見ると、

出っ張りのところにはまだ残ってます

こういった細部は、より丁寧に根気よく作業しましょう。

急いでやっちゃうと、勢いでスポンジや爪で深いキズを入れてしまうこともありますからね。

焦らずゆっくりと、です。

そうすれば、

こうなりますから

でも、こんな削れたようなキズはムリ。

何のキズでしょうね

削れちゃったものは仕方ありません。

仕上げ前の部分と比べると、

違いますね

おもて面を手前にして同じように上から光を当ててみると、

透明感が出ましたね

こんなふうに、光を当てないと全然分かりませんが、

越しに景色を見ると、

透明感が明らかですね

もちろん、部分的に光を当てると、細かい傷は残ってますが、かなりマシな状態になってます。

これも何度か繰り返すともう少し目立たなくなることも


このような状態のモノはあまり触ることがありませんが、何とかなりましたね。

ま、仕上げ前に見て触って確認してみたら何とかなりそうだったので、試したんですけど(^^)

これは、半分だけ仕上げた状態で、道場に飾っておこうかな。

江戸川道場に来た方に参考に見てもらえたら、よくわかりますでしょ。

あれれっ??

最初に紹介した、得体の知れないモヤモヤっとしたヤツ。

得体の知れないモヤモヤ

スクリーンの、向かって右側に付いてたヤツなので、今回仕上げてないです。

ま、またいずれですね(・∀・;)

今回の方法を簡単にまとめると

ピッチレスコートの基本を使っただけ。

スポンジをしっかり作って、適量を適度な力で塗ってスポンジ戻しをすれば、初めて使う方でも充分キレイになります。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 細かい部分まで丁寧に擦って
  3. スポンジ戻しをして
  4. 念のため、タオルで軽く撫でて余ったピッチレスコートを拭き取る。

ピッチレスコートの力と、基本を使っただけです。

それに、エンブレムの部分はタオルを使いましたが、それ以外はタオルは一度も使いませんでした。

少し慣れれば、誰でも出来ると思いますよ。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

キズを削っているわけではないので、ピッチレスコートで埋めたキズは、ピッチレスコートの層(保護膜)が減ってくれば、また目立ち始めます。

ですが、ピッチレスコートで定期的にメンテナンスしている限り、ずっと目立たない状態が続きますので、コンパウンドで削るのがコワイ、という方にはオススメかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから