ステッカーの残った糊を綺麗に取る方法を解説。

ステッカーの残った糊の除去方法を知る!

ステッカーを剥がした後に残った糊を除去してみます。

一般的なマーキングフィルムの糊ですね。

パーツクリーナーやシール剥がし剤で落とす人もいますが、落ちにくかったり、成分によっては素材を溶かす可能性もあるので、要注意です。

もし、ピッチレスコートをお持ちなら、試してみましょうね(^^)

仕上げ前の状態をチェックです!

ステッカーを強引に剥がしました。

丁寧に剥がせばもっと糊の残り方は少ないですが、それでは参考になりません。

ステッカーを

勢いよくベリベリッと剥がせば

糊がしっかり残りました・・・見えるかな?

分かりやすいように、汚れたタオルで色を付けました

たっぷり残ってる

さてどうなるでしょうかねー

楽しみ(^^)

用意するものはこれです。

ピッチレスコートの超基本の仕上げには、ピッチレスコートと付属品のみです。

ピッチレスコート
ちょっと特殊な汚れ落としにもコレ。
タオル
ピッチレスコートを拭き取ります。
今回は粘着物を除去するので、使い古しのお手拭きなどで構いません。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジです。

ピッチレスコートの力を正しく使うこと。

ピッチレスコートが持つ汚れを落とす効果を正しく使えばうまくいくはずです。

使い方はスポンジで塗って落ちたら、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

ピッチレスコートの適量がスポンジに付きます。

どんな広範囲を綺麗にする場合でも、一度に付けるのは1回。

ここ。まずはココから。

これをただただ擦るだけ。

4~5回上下に擦ると

糊が落ち始めましたよ

そのまま擦り続ければ

無くなりましたね

こんな糊の固まったものが付くので

柔らかい使い古しのタオルで

軽く拭けば

綺麗さっぱりです

スポンジにも糊が付きます

スポンジに付いた糊も、上でタオルで拭き取った時の糊も、しっかり除去しておきましょう。

このままの状態では使い続けないこと。

スポンジで擦ったりタオルで拭いた時に、糊がキレイになった部分に付いたり、糊が伸びて施工しにくくなりますからね。

幸い、このようなスポンジに付いた状態なら簡単に指で摘んで除去できますよ。

続きを一気に行く前に、ちょっと違う方法で。

この部分を

ピッチレスコートを

指に付けて

軽く

何回か擦るだけで

落ちちゃう(^^)

タオルで拭けば

こんな感じ

指に残ってるピッチレスコートで

ココを

擦れば

楽勝ね

こんな感じで、指につけて擦ってもイケます。

ただ、皮膚の弱い方、過敏症の方は、この方法は避けたほうがいいでしょう。

指先にささくれや怪我をしている方も。

しみて痛いです。

このように、糊の一部を溶かしながら除去していくので、力は最低限のみ。

ゴッシゴッシ力任せに擦る必要は無いということです。

残っている部分も一気にいってしまうと、

ピッチレスコートを付けて

擦っていけば、

キレイに

変化してる様子が

わかりますよね

ストロボをあててもキレイに見えるかな?

照明を当てると表面の状態も分かるでしょう

今回の糊の除去方法を簡単にまとめると

ピッチレスコートの基本を使えば、初めて使う方でも充分キレイになります。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 軽い力で丁寧に繰り返し擦って
  3. タオルで軽く撫でて余ったピッチレスコートと糊の塊を拭き取る。

ピッチレスコートの力を使っただけです。

いつも通りですよ。

指を使って撫でても落ちるくらいです。

過度に押さえて擦る力は不要ということですね。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

糊の中にも、強力で落ちないものもありますが、一度試してみることをオススメします。

よほど強力で落ちないものも、しばらく塗り置きしてから上の行程をやってみれば、落ちるかも。

窓ガラスに付いた糊の跡だっていけますから。

過去にご紹介してますので、ごちらをどうぞ。

シールを剥がすと残るベタベタ糊の除去方法を解説。窓ガラスだったら・・・楽勝♪【トヨタ クラウン】
窓ガラスに残ったシールのベタベタの除去方法を知る! 今回は、窓ガラスに貼っていたシールを剥がした時に残ったベタベタ(糊)を取り除く方法を、解説していきます。 カッターの刃やスクレーパーを使うのは「待っ...

色々試してくださいね。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから