とにかく目に見える部分をキレイにする方法を解説(2)汚れ落とし&艶出し【日産 フェアレディZ】

目に見える部分をとにかくキレイにする!(2)

今回は、ピラーに付いたこすり傷を何とか出来るかやってみましょう。

残念なキズですが、諦めずにやりますよ。

仕上げ前の状態をチェックです!

見る角度によっては目立たないけど

バッチリ付いてる…

普段からボディカバーを掛けてますが、長年使われていたカバーが経年劣化で固くなっていました。

今はボディに優しい柔らかいボディカバーに切り替えられたので安心ですが、その古いカバーでこすり傷が付いてしまったんですね。残念。

用意するものはこれです。

ピッチレスコートの基本的な道具しか使いません。

ピッチレスコート
汚れ落としとキズ消しにはコレ。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。大きいスポンジのみ使います。

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートは、汚れを落とす、キズを埋めて隠す、表面を保護する層(保護膜)を作る、艶を出す、こんな効果を持ってます。

だから、この効果をしっかり使うことでいい結果がでるはずです。

使い方を間違えたら、効果半減以下。

それに、作業性も悪くなるので、ぜひ基本通りにやってみましょう。

使い方はスポンジで塗って、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあててボトルを1度上下に振ります。

適量がスポンジに付きます

これが適量。

塗っている最中にスポンジのスベリ方、汚れの落ち方が弱くなってきたなって思ったら、その都度、1回分をスポンジに付けて、作業を続けましょう。

基本は1回。

一気に3回、4回付けると、多すぎて塗りムラが残ったり、スポンジ戻しや拭き取りがしにくくなり、手間がかかります。

特に今回のように小さな範囲の場合は1回のみです。

嫌ーな擦り跡ですね。

白っぽくなってます

先ほどピッチレスコートを付けたスポンジで上半分を

縦横円を描きながら擦ってみると

擦り跡があったのはここ。

まだピッチレスコートが余分に付いた状態なので結果は分かりませんが、

スポンジを裏返して(ピッチレスコートの染み込みが少ない面で)

同じく縦横円を描きながら撫でると

細かいキズが隠れて、色がいい感じになりました

深いキズも上半分は目立たなくなりました

まだ残っている下半分のこのキズも

スポンジで(ピッチレスコートは付け足してません)

縦横円を描きながら擦って

スポンジの裏面で

スポンジ戻しすれば(力を抜いて撫でれば)

左半分スポンジ戻しした状態

白く見えるのが余分に付いているピッチレスコートです。

全部スポンジ戻しすると、こうです

拡大すると、キズがかなり目立たなくなりました!

引きの写真を撮りましたが、よくわかりませんね…

でも、目立たなくなってます(^^)

できれば、このようなキズが入る前に何か対策をしないといけませんが、一度付いてしまったものは仕方ありません。

ボディカバーを掛けないですむ環境であればいいのですが、この車の場合は掛けなければならない環境の駐車場です。

ですが、このようにケアしたことで、保護膜の効果でボディカバーを掛けてもキズは入りにくくなったはずです。

もちろん、定期的なケアをして常に保護膜を維持する必要はありますが。

今回のお手入れ方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの基本を使えば、初めて使う方でも充分キレイになります。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

今回の状態は、汚れも少しは付いていたはずですが、キズがたくさん付いていました。

ですから、キズを隠すように、力を掛けずにピッチレスコートを塗り込みました。

もし、頑固に汚れが付いているような場合は、少しだけスポンジを押さえる力を掛けるように塗るようにします。

けっしてゴッシゴッシ力を掛けて塗ってはいけません。

これが基本です。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

塗装部分の汚れ落とし、キズ消し(キズ隠し)、艶出しにはこれです。

使用前後で違いがハッキリわかるので、初めて使っても効果が分かりやすいですね。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから