エンジンルーム内の塗装部分をキレイにする方法を解説(3)汚れを落として艶を出す【日産 フェアレディZ】

エンジンルーム内の塗装部分をキレイにする!(3)

これまでは、パイプ・ホース、プラスチックのカバー類など黒い色の素材をP8コートを使ってキレイにしてきました。

ここまできたら、エンジンや部品以外の塗装の部分もキレイにすると、エンジンルームの美しさがより一層増します。

仕上げ前の状態をチェックです!

恐らく、この部分は一度もワックス等でお手入れしたことがないはず。

汚れっぷりがすごいね

ひーーー!って感じです

得体の知れない?汚れたっぷり

やり甲斐あるスバラシイ状態ですよねー(^^)

用意するものはこれです。

ピッチレスコートの基本的な道具しか使いません。

ピッチレスコート
汚れ落としとキズ消しにはコレ。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。大小使い分けます。
竹串
エンジンルームのような細かい仕上げのときには必須。

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートが持つ汚れを落とす効果とキズを埋める効果を正しく使えばうまくいくはず。

逆に、余計なことをすると、キレイにならないかもしれませんぞ( ̄ー ̄)

使い方はスポンジで塗って、タオルでふき取る。

ピッチレスコートのボトルをよく振ってから、ボトルの口にスポンジをあてがいボトルとともに1度上下に振ります。

このように適量がスポンジに付きます

たったこれだけですが、適量です。

塗っている最中にスポンジのスベリ方、汚れの落ち方が弱くなってきたなって思ったら、その都度、1回分をスポンジに付けて、作業を続けてください。

一気に3回、4回付けてはダメですよ。

基本は1回!

いつも通り、小さい範囲ごとにキレイにしてきましょう。

試しに一部分タオルで拭きてみると

ちょっとだけ落ちましたが、全然ですねー

早速、スポンジに1回付けて

この指の範囲を

軽く縦横円を描いて擦ってみますと

ピッチレスコートがたっぷり載っかっている状態ですがキレイになる予感

半分だけスポンジ戻りをすると

!!!

残りをスポンジ戻しすれば

ウフフッ(^^)な状態

色艶をしっかりみてくださいねー

続いて、お隣のこの部分

先ほどピッチレスコートを1回付けましたが、そのままで行ってみましょう。

もし足りないと感じたら1回付けましょう

うーん、変わるもんですね-

ここで、

スポンジは汚れがたんまり付いた状態になりました

このままスポンジの同じ部分を使い続けると、スポンジも穴が空いたり痛むし、その部分だけ汚れもピッチレスコートの成分もたっぷりな状態になってしまいます。

こうなったら、スポンジの別の部分を使ったり、別のスポンジを使ったり、付属の軍手を使ってスポンジをクリーニングしながら使ったりしてください。

スポンジを長く使うためにも、同じ箇所をずーっと使い続けることは避けてくださいね。

話がソレました。

今塗った部分にはまだ余分なピッチレスコートが残っているので

ピッチレスコートがあまり染み込んでいないスポンジの裏面、又は、別のスポンジを使って

スポンジ戻しを

していくと

ちょっと写真の角度が違いますが、ジャジャーーーン!です

アップにしたら良くわかりますね

角度を変えてまたアップに

色艶、塗装の肌目、細かいキズの状態など、しっかり見てくださいよ。

どんどん行きましょう。

今度は、凸凹がある部分ですが、やり方は同じです。

この部分です

スポンジで擦ります

そろそろピッチレスコートを1回付けたほうがよさそうです

凹んだ部分は指の腹を使って

長細く凹んだ部分は指全体を使えば

この状態です

まだ余分なピッチレスコートが残ってますので

スジ状にたっぷり残ってますから

スポンジを裏返して

スポンジ戻しすれば

いかがでしょう!

いかがでしょう!!

アップにすると、どうでしょ

どう?

どう?

引いて見ると、違いがスゴイね

角度を変えて見ちゃいます

すみませんね。

思いの外きれいになったのでついつい紹介したくなっちゃったので・・・

こうなると、次々どこまでもやりたくなっちゃいますよね。

だから、次々行きますよ。

・・・付いてこれてますか??

この部分

ピッチレスコートを1回付けて

縦横円を描きながら擦っていくと

スポンジを裏返して

この余ったピッチレスコートを

撫でれば

はーい、この通り

あとはどんどんやっていけばこうなるんです

細かい部分はまだまだですが、じっくりピッチレスコートの基本の使い方を使えば、キレイになりますよ。

まだ手を入れていない左側とは比べ物にならないですねー

ここも、随分な状態なので、やっちゃいます。

やり方は同じ。

今回は、小さいスポンジを使ってやってます。

大きいスポンジと小さいスポンジがあるので、使いやすい方を使ってやっていきましょう。

年季の入った汚れ方ですよ

はい、アップ

ピッチレスコートを1回付けて

ササッと擦っただけで

余裕で汚れが落ちました

ピッチレスコートがあまり付いていない裏面で

スポンジ戻しをすれば

ここまでピッチレスコートを使ってきたので、もう簡単ですよね

ここも

縦横円で擦って

このゴムの部分に

ピッチレスコートが付いても大丈夫

擦り終わったらこの状態

スポンジ戻しをすれば

仕上がり

アップにしてもキレイな状態になってますよ

塗装の状態や擦りキズの状態とかも見てね

ここはプレートを避けて

スポンジで擦ってスポンジ戻しをすれば

ま、これまでと同じようなきれいな状態ですよね

同じ解説しかできなくてすみません。

やり方は変わらないので、ずーっと同じ解説します(・∀・;)

他に言いようがないんです・・・

残りもピッチレスコートを付けたスポンジで擦って

スジ状に余ったピッチレスコートを

スポンジ戻しをしていけば

完成です

角度を変えればこうです

ちょっと曇ってきたので写真が暗いですが、

仕上げた右側と

これから仕上げる左側

違いがハッキリ。

このようにエンジンルーム全体に手を入れると・・・

引き締まったでしょ

先ほど仕上げていなかった左側もこの通り

同じく

今回仕上げた部分の塗装は、ほとんど手を入れていなかったため、逆に磨き傷などが殆ど見られず、非常に深みのある色と艶になりました。

もちろん、細かい洗車キズがあったとしても、ピッチレスコートの効果で目立たなくなっているハズです。

主にスポンジを使って仕上げていますので、ネジ止めされている部分やパーツとの隙間が十分無い場合など、どうしても手の入らない部分まではキレイにすることはできません。

エンジンを下ろしたりしない限りはね。

でも、手の入る部分は確実にキレイになりますので、非常に手間と時間が掛かりますが、やってみる価値はあるのではないでしょうか。

これまでは、ピッチレスコートの基本をしっかり使えばキレイに仕上がる、と書いてきました。

ですが、エンジンルームの塗装面は、ボンネット、ドアなど(ボディ表面といったらいいのでしょうか)と比べて、状態が良くないことが多いので、時には、チョーキング等でスポンジに塗料が付くかもしれません。

また、塗装が薄いこともあるので、強く擦ったりすると、塗装が徐々に落ちてしまうこともあります。

ですから、通常のボディとは状態が少し違うと思って、特に力加減には気をつけて作業してください。

今回のエンジンルームの塗装部分をキレイにする方法を簡単にまとめると、

ピッチレスコートの基本を使えば、初めて使う方でも充分キレイになります。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

たったこれだけですよ。

場所が特殊なので、やり方も特殊だと思いきや、基本の基本だけです。

艶と手触りの感触も体感しましょうね。

いつまでも撫でていたくなるようなツルツルした感覚を味わえます!

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

もう、ボディにはこれが必須かも(^^)

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから