エンジンルーム内の細かい部品をキレイにする方法を解説。汚れを落として艶を出す【日産 フェアレディZ】

エンジンルーム内の細かい部品をキレイにする!

エンジンルーム内にはたくさんの部品が詰まってます。

その中でも、プラスチックやゴムなど黒い色のパーツがたくさんありますので、その黒色パーツをキレイにしてみましょう。

熱の影響で劣化したパーツもあるので、力を掛けたお手入れは厳禁です。

仕上げ前の状態をチェックです!

黒さが褪せてます

ホコリ・汚れも

バッテリー周辺まで

こんな所も汚れは溜まります

あまりエンジンルームをお手入れすることが無いので、仕方ないですね。

用意するものはこれです。

P8コートに付属するスポンジとタオルです。

P8コート
黒色素材にはコレです。
タオル
仕上げ前と仕上げ後の拭き取りに使います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。
竹串
細部や隙間の仕上げには必須です。
歯ブラシ
竹串と同じく細部や隙間の仕上げに必須です。

P8コートの力をしっかり使うこと。

使い方はP8コートを塗って乾いたら、タオルで軽く撫でるだけ。

そして、重要なのは、手や道具の入らない部分を無理して仕上げないこと。

無理に手や道具を突っ込んでパーツを破損させないように、また、手を怪我しないように、無理はしないことです。

また、液剤がかかると問題があるような電気系のコネクタなどは、避けるか養生するかしてから仕上げるようにしましょう。

家電のような車も増えてきています。電気系のトラブルにならないようにくれぐれも気をつけてください。

P8コートを塗る・時間を置く・拭く

とにかくP8コートを塗っていく

P8コートを直接吹き掛けるか、又は、スポンジに付けて、ムラなくしっかり塗るだけです。

塗り残しが無いようにしっかり塗っていきましょう。

縦横円を描きながらスポンジを押しつぶさずに軽く撫でます。

1.まずこのゴムのところから

ボンネットとの境目のゴムを仕上げましょう。

ボトルをよく振ってからスポンジに数滴付けてちょいっと撫でるだけで

はい、いつも通り

このとき、スポンジで塗ったスジ状の跡が付きますが、そのスジが無くなるように、最後は力を抜いてサーッと撫でます。

次々と

塗っていけば

色が変わっていきます

もしスポンジのスベリが悪くなった時、塗っても黒くならない時は、数滴付け足しながら進めましょう。

残りも

全部塗ってしまえば

すぐに完了

丁寧に何度も重複して、時には縦横円を描くようにスポンジで撫でた後、最後にサッ軽ーく撫でるだけです。

これだけで見た目が全然違いますよね

2.ゴム製のパイプ・ホースを

普段お手入れしないことが多い所だらけです。

ゴム製のココ

2~3滴付けて丁寧に撫でるだけで十分

汚れを落としながら艶を出します

こんな隙間は

直接

吹きかけて

スポンジの先端を突っ込んで

撫でるだけで

良い黒さになったでしょ

同じように他のゴム製ホースを仕上げていきましょう。

このホース

同じように2~3滴スポンジに付けて

軽く撫でていけば

色も艶も変わります

このように直接掛けて

スポンジで均しても

とにかく塗り残し無く全体を塗れば美しく仕上がります

仕上げていない左側と比べてどうでしょう

こんな白くなったホースも仕上げ方は同じ。

ここまで白くなっていると寿命が近いだとか、またすぐに白くなるだとか色々あるようですが、ここではお手入れ方法だけを書きます。

真っ白しろ

一部タオルで拭いてみると

少し落ちました

タオルにも白く付いてます

スポンジに数滴付けて

軽く丁寧に

何度も撫でると

半分落ちましたね

残りも同じく撫でれば

白い付着物がほぼ無くなりました

下にもある白くなったホースと比べると一目瞭然

より細かいホース類も。

ただ細かくて手間がかかるだけで、やり方は変わりません。

スポンジにP8コートを付けて撫でれば

こうなるし

こんな色あせてても

撫でる以外にも

挟んでも

こうなるし

直接掛けられる部分は掛けてから

撫でていけば

こうなるし

細かい部分は、難しい、できない、ってことはありません。

地道に仕上げていけば、時間はかかりますけど、このようになるもんです。

P8コートが乾いたらタオルで拭く

ホース類を塗り終わりました。

あとは適当にP8コートを乾かします。

エンジンルームをお手入れする時は、時間がソコソコかかります。

全体的にP8コートを塗り終わるころには、はじめに塗ったP8コートは十分乾いてますので、拭き取りはじめて構いません。

乾く間に、さらに汚れを浮き上がらせてくれるので、塗ってすぐに拭くよりも、少し時間を置いてからの方が効果的です。

乾いたタオル(P8コート用のタオル)で軽く拭きます。

えー、ここまで書いておいてすみませんが、

ホース類をタオルで拭いている写真がほとんどありません!

なので、拭きの解説は、さらっと終わらせます。

すみません・・・

タオルで撫でていくと、拭き始めは少しベトっというかヌメッというか、抵抗があると思います。

そんな抵抗があっても、拭いているうちにすぐにサラッとスベる状態に変わっていきます。

すると、スポンジで塗ったスジ状の跡も無くなって、黒さと艶が出てツルッとした質感になります。

これが終われば完成です。

タオルで拭き取ったのは、塗った時に余ったP8コートの成分です。

塗った素材にはP8コートの保護膜がしっかり残りますので、汚れが付き難く、素材の劣化防止に役立ちます。

【※重要※】キレイになりましたが…

P8コートを使ったお手入れ方法のところで必ず書いてますが、

塗った先から黒々と変わって、表面を覆って色艶をキレイに、そして、これ以上の劣化をできるだけしないように(完全に劣化を防ぐことはできません)してくれます。

ただ、P8コートを吸収しやすい素材も、吸収し難い素材も、時間が経つと、P8コートの効果が少しずつ薄れます。

1度キレイにしても、ずっとこの状態が保てるワケじゃないです。

この状態を維持したいなら、面倒がらずに定期的に仕上げをしましょう。

完全には防げませんが、色あせしてから後悔しないように、はじめのうちから定期仕上げをしていきましょうね。

今回はここまで。

他にもP8コートで仕上げた箇所、ピッチレスコートで仕上げた箇所、があるので、続きは次回以降の記事でご紹介しましょう。

あと何回か続くかと・・・

今回の汚れ落とし方法を簡単にまとめると、

  1. P8コート用のタオルで汚れを粗取りして(今回は粗取りしてませんが)
  2. P8コートを直接吹き掛けたりスポンジで塗って
  3. 乾いたら、タオルで拭き取る。

スポンジやタオルなどでゴシゴシしません。

汚れは、擦る力で落とすのではなく、P8コートの力を使って落とします。

そして、素材の表面に、P8コートの保護膜をしっかり作ることです。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

P8コートです。もしよろしければ…

ゴム、革(黒や紺などの濃い色)、プラスチックなど黒色素材に適しているのがP8コートです。

エンジンルーム以外でも、革靴など日用品にもお試しください。

あ、靴底には使わないでね。滑るので(^^)

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから