黒色パーツのお手入れ方法をまた解説。同じ解説が続きます…【ホンダ フォルツァ】

黒色パーツのお手入れ方法を知る!

今回を入れてあと2回、同じような解説が続きますが、お付き合いください。

仕上げ前の状態をチェックです!

汚れますよね

同じくですね

足回りは汚れやすいので、時々・・・できれば頻繁にやっておいた方が良さそうです。

用意するものはこれです。

P8コート以外に付属するタオル・スポンジだけです。

P8コート
黒色素材にはコレです。
タオル
仕上げ後の拭き取りに使います。
スポンジ
P8コートを付けて塗り広げたり、噴きかけたP8コートを均します。

使い方は、塗って拭くだけ。

丁寧に塗り絵のように塗る。そして、時間を置いてからタオルで拭く。

他に特殊なことはしません。これだけです。

スポンジで塗る時は、スポンジを潰さず縦横円を描きながら丁寧に塗ります。

同じ部分を何度も重複して塗ると、仕上がりをキレイになりますよ。

P8コートは、適量(スポンジに2~3滴)です。多すぎても少なすぎてもダメ。

ま、スポンジが入らないような細部に吹き掛ける時は、たっぷり多すぎるくらい吹きかけてもらって結構です。

スポンジで塗るときの基本は、適量で重複して仕上げるってことです。

P8コートを塗る

汚れと多少の色あせで白っぽい

スポンジに数滴(2~3滴)付けて塗れば

色変わりましたね

同じようにスプリングも塗って

スポンジが届かないショック部分には吹きかけて

あとはスポンジで

均していけば

塗り完了です

スプリングがあるのでショック部分には手・指が入りにくいですが、スポンジを押し込んだり歯ブラシを使ったりすることで、キレイに塗ることが出来ます。

ショック部分に吹き掛けた時、タイヤやホイールにも飛んでいるので、一緒にキレイにしてしまいます。

汚れやブレーキダストで本来の色がありませんが

スポンジに付いているP8コートだけでまずは塗ってみて

スポークも丁寧に塗って

奥まった指も入らないような細部には直接P8コートを吹きかけてからスポンジで均して

ホイールを少しずつ回転させながら

全体に塗っていきましょう

そして、そのままタイヤまでいきましょう。

軽く直接吹きかけたら

スポンジで

丁寧に撫でて

タイヤを回しながら1周すれば完成

この時、トレッド面(地面に接する部分)にP8コートが付くことがあります。

マンホールや鉄板、ツルツルしたコンクリートやタイルなどの滑りやすい場所や、ゴムが硬くなる寒い時期は、危険なこともありますので、できるだけP8コートがかからないようにした方が安心です。

ですから、万が一のことを考えて、P8コートをあまり付けないようにして、もし付いた時は、P113などでツルツルを拭き取っておきましょう。

続いて足回り付近となると、ここも色あせ・汚れが目立つところです。

色あせたセンタースタンド

いまタイヤを撫でたスポンジにはP8コートがたっぷり付いているので、そのまま使えば

バッチリ色が変わって

全体を塗っていきます

スプリングや細かい部分には直接吹きかけておきましょう。

今回写真はありませんが・・・

塗り終わるとこうなります

最後の仕上げに、力を抜いてスポンジで撫でて塗りムラを消しますが、

どうやっても、このようにスジが残ってしまうことがあります。仕方ありません。

P8コートが乾いたらタオルで拭く

全体を塗り終わりました。

あとは少し(30分~1時間ほどで十分です)時間を置いて、P8コートを乾かします。

乾く間に、さらに汚れを浮き上がらせてくれるので、塗ってすぐに拭くよりも、少し時間を置いてからの方が効果的です。

乾いたP8コート用のタオルで軽く拭いていきます。

前回に引き続き、時間の都合で、1日置きました。

タオルで丁寧に拭いて

スプリングは隙間に指を入れてグリグリと

こんな感じにね

ホイールも

全体を拭けば

完成です

ちなみに、タイヤは拭く必要はありません。

塗ったそのままでOKです!

センタースタンドも、

スジが残った状態でも

タオルで丁寧に軽く拭けば

右半分消えましたね

全体をしっかり拭けば

完成です。

タオルで拭く時は、はじめはネバッとした抵抗がありますが、すぐにツルッとすべる感触に変わりますので、全体がツルッとした状態になったらタオル拭き完了です。

んーーーーー

こうやって後から見ると、細部まで仕上がってませんでしたねー(´・ω・`)

写真撮りながらはキツイな・・・

今回も、途中で終わり。

外装の仕上げもしているので、また次回にご紹介します!

ますます写真が多くなるので、見てて飽きちゃいますもんね・・・

今回の黒色パーツのお手入れ方法を簡単にまとめると、

  1. P8コートをスポンジに少量付ける。
  2. スポンジを押しつぶさずに縦横円を描きながら塗り残し無いように塗る
  3. 時間を置いてから最後にタオルで拭き取る。

急いで塗ってはダメです。

キレイに仕上げるには、焦らず丁寧に同じ箇所を何度も重複して塗って仕上げてください。

また、一度仕上げれば何ヶ月も持ちますよ!ってことは一切ありません。

雨でP8コートが少しずつ流れれば保護膜が徐々に薄くなっていくということなので、同時に艶も減ってきます。

表面のP8コートが落ちれば当然。

だから、定期的にお手入れしましょう。

定期的にお手入れできないなら、愛車をキレイにすることは諦めてください。

厳しいようですが、仕方ありませんね。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

P8コートです。もしよろしければ…

次回もご紹介しますが、表面が凸凹していないサラッとした黒色パーツにも使えます!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから